• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「正直、ここまで売れるとは…(汗)」快調、ハイブリッドXV

第211回 スバル XV(開発者編)

2013年10月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 今回のヨタは、9月29日に新潟県は村上市で開催された村上・笹川流れ国際トライアスロン大会のリポートをお送りいたします。

 リポートと言いましても、6月にヘシ折った鎖骨の状態は未だ安定せず、競技に参加することは出来ない状態が続いています。チームのサポーターとして参加した、所謂“観戦記”であります。実は今まで“応援だけの参加”はしたことが無かったのですが、これがまた実に楽しい。競技に参加することこそがスポーツだと思っていたのですが、応援もまた立派なスポーツであるということがよく分かりました。

スタート直前の選手諸君。みなさま笑顔ですがやはり緊張は隠し切れない。そりゃそうでしょう。何しろこれから長距離を泳いで漕いで走るんですから。応援だけの私は気楽なもんです。

 この大会は「国際」のタイトルからも分かるように、国際トライアスロン連合(ITU)の公認大会です。主催は村上市・(公社)日本トライアスロン連合・日刊スポーツ新聞社。そして後援は新潟県に村上市教育委員会、関川村に粟島浦村と実に賑々しい。そうそう、選手として出場している稲本健一氏が経営するアロハテーブルも巨額の協賛をしています。

バルスの高島さんとイナケンことゼットンの稲本健一氏。イナケンには昨日所用があり電話をかけたら、二人お揃いでロスで会食中でした。何とまあ忙しい。

 国際大会ですからバイクのパートには白バイの先導が2台着きます。エリートクラスにはオリンピック選手も出場しているので、そのスピードはハンパではない。マラソンのように一定速度ではなく、バイクは選手同士の仕掛けやコースの傾斜によって速度が刻々と変わるので先導が難しい。だからかなりの腕利きでないと務まらないと聞いたことがあります。出動前にエンジンまわりのチェックをされていた精悍なお二人をパチリ。

「何かに載るんですかー?」と。はい、こちらに載りました。

 しかし大会当日は本当に暑かった。去年は熱中症になった選手も何人か出たので今年は少し遅目の開催となったのですが、それでもやはり暑い。

9月も末だというのに村上は真夏のような暑さでありました。激走する本田直之選手。ガンバレ!

 大会は多くのボランティアの方々に支えられています。地元の方々の協力なくして大会は成り立ちません。村上の大会は特にホスピタリティが優れています。私は出場もしていないのに「え?東京からわざわざ応援に来たの?いいから食べなさい。カレー美味しいから」とゴール後に配られる極上コロッケカレーをご馳走になりました。美味しゅうございました。

 そして……

「あれ、あれ?古田さんじゃないの!野球の!」と古田氏を目敏く見付けたボランティアの方。シャツの背中にサインを書いてもらっています。
「私はエプロンにお願いします!」と駆け寄ったお姉さま。ウットリ恍惚の表情であります。サインペンひとつでここまで女性をメロメロにするのですから、さすがは古田選手。相当なテクニシャン(笑)。

 大会に何度も出ていると、徐々に顔見知りになる選手も出来てきます。「あれ?今回は出なかったの?」「うん。鎖骨を折っちゃってさ」「鎖骨なら俺だって折ってるよ、ほら」「ああ、それなら俺も」と集まってきたので、鎖骨骨折組でパチリ。

鎖骨骨折組のみなさん。何の自慢にもなりませんが、現役でプレートが入っているのは私だけです。

 という訳で今回も楽しゅうございました。しかし大会に出る予定が無いとトレーニングしなくなるよなぁ….もう3カ月まるまるサボり通しです。東京マラソン目指して、ゆっくりジョグから初めますか。

Team ALAPAの面々。新しくテントも出来て超盛り上がりました。

 さてさて、たっぷりヨタを飛ばしたところで本編へと参りましょう。

 一回飛びになってしまいましたが、今回は番外編から通常編に戻してスバルXVの開発者インタビューをお届けします。

 あれ、でもそうすると磯崎氏とのオープンカー対談は2週間も開いてしまうことになりますね。頑張って書いてイレギュラーで週の真ん中に突っ込んでもらいましょう。

 この週末に首尾よく書ききることが出来れば、の話ですが…。

コメント19

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「正直、ここまで売れるとは…(汗)」快調、ハイブリッドXV」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長