• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

いい大人が実名社名付きで、大喧嘩していたあの頃

津田大介×小田嶋隆、東京・北区ブンカ人対談・前編

2014年1月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 長きに渡り連載を続け、単行本3冊を刊行するまでに至った「人生の諸問題」。この辺で少しリフレッシュ、いつもの小田嶋×岡コンビをいったんバラしまして、個別対談編をお送りしましょう。先攻は小田嶋さん。津田大介さんと語ります。
津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。大阪経済大学客員教授。J-WAVE「JAM THE WORLD」ナビゲーター。 NHKラジオ第1「すっぴん!」パーソナリティー。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『Twitter社会論』(洋泉社新書)、ほか。2011年9月より週刊有料メールマガジン「メディアの現場」を配信中(公式サイトはこちらから)。(写真:大槻純一、以下同)

「人生の諸問題」の小田嶋さんスピンアウト編は、ゲストに津田大介さんをお迎えしました。津田さんと小田嶋さんは、もうすでに面識も交流もおありなので、どうぞお好きなようにお話してください。

小田嶋:いきなり見捨てられた感がありますが……確かに私は津田さんとは、もう何だかんだで、ちょこちょこと会っていて。

津田:そうですね。

小田嶋:ただ、津田さんとはいつも、比較的、実のない話しかしてないので。

津田:以前から「今度、パソコンとかネットとかの黎明期の思い出話をしたいですね」みたいな話をしていたんですよね。

小田嶋:そうそう。わりと近い時期に、同じようなところで、かなり似た仕事をしていたはずなんです。津田さんとは17歳の年齢差がありますから、私の方が古いのは間違いないんですけど。

津田:僕が業界にかかわるようになったのは、1997年からですね。1993年に大学に入学して、その後にインターネットの波が来て、大学時代は24時間365日、出入り自由なコンピュータールームに入り浸っていた、という感じで。

小田嶋:WindowsNT3.51とかの?

津田:そうです。3.51だから、インターフェースはWindows3.1と同じなんです。95っぽくないNT3.51。

小田嶋:95以前のやつね。

津田:そこにNetscape Navigator1.1が入っていて、みたいな。

小田嶋:じゃあ、卒業と同時に業界にかかわっていた感じですか。

津田:在学中からですね。

小田嶋:就職はしなかったんですか。

津田:就職は、できなかったんですよ。

小田嶋:できなかった?

絵に描いたとおりの「早稲田のダメなヤツ」

津田:僕は大学生のときは本当に典型的な、怠惰な早稲田の文系のだめ学生で(笑)。

 もともと高校のときに新聞部に入って、音楽もやっていたんですね。そのころは「別冊宝島」を読んで、ルポライターとかになりたいと思ったので、それで将来、音楽と物書き、どっちに行こうかな、なんて思っていて。

 大学では打ち込み音楽を作ったりしていて、4年のときに、自分の音楽ユニットでインディーズ・デビュー直前みたいなところまで行ったんです。でも、最終審査のオーディションライブで落ちて、自分としてはもう満足した、と。それよりかはたぶん、自分は物を書く方に才能があるんじゃないかと思い、じゃあ、やっぱりルポライターだろう、と。

小田嶋:それ、早稲田のだめなやつの典型ですね(笑)。

津田:そうなんですよね。あまりにもひねりがない。駆け出しライターのころ、日経BPの記者の人からお酒の席で「早稲田で音楽やってて、その後ライターなんてお前はなんてひねりがないヤツなんだ。反省しろ!」と怒られたことがあります(笑)。その人は東大だったな……。

小田嶋:ちゃんとした就職はしてないんですか?

コメント7

「人生の諸問題」のバックナンバー

一覧

「いい大人が実名社名付きで、大喧嘩していたあの頃」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

清野 由美

清野 由美(きよの・ゆみ)

ジャーナリスト

1960年生まれ。82年東京女子大学卒業後、草思社編集部勤務、英国留学を経て、トレンド情報誌創刊に参加。「世界を股にかけた地を這う取材」の経験を積み、91年にフリーランスに転じる。2017年、慶應義塾大学SDM研究科修士課程修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長