• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

水を選ぶ魚

2014年1月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 やしきたかじんさんが亡くなった。

 私は、追悼のための原稿を書こうとしているのではない。
 追悼をしようにも、私は、やしきたかじんという人について、ほとんど何も知らない。
 おそらく、彼がテレビに出ている姿を見た時間を生涯通算で積算してみても、1時間に満たないと思う。その程度のつながりで、あれこれと追悼の言葉を並べるのは失礼というものだ。

 とはいえ、彼の死がニュースとして配信されて以来のこの二日ほどの間、ツイッターのタイムラインや各種のニュースソースを眺めながら、いささか思うところがなかったわけではない。

 私が抱いたいくばくかの感慨は、直接にたかじんさんについて思ったり感じたりしたところのものではない。
 とはいえ、私個人としては、現在のこの気持ちをそのまま記録として残しておくことに、一定の意味があるように思えるのだ。

 理由は、明示的な言葉で端的に説明できる種類のものではない。
 どうにも漠然としている。

 ただ、一人の芸能人の死が残したインパクトが、東京と大阪とで、これほどはなはだしく異なっているケースは、過去何十年かの芸能史やメディアの歴史を振り返ってみても、例のなかったことであるはずで、私の胸中にある不可思議な感情もまた、この「巨大な地域差」と無縁ではない。

 以下、現在の心境を、なるべく忠実に、記事として残しておく所存だ。

 私が印象深く思うのは、故たかじん氏(どう呼んで良いのかわからないので、ひとまずここでは「たかじん氏」と呼びかけることにする)が、東京のメディアに出ることを、かなり意識的に避けていたように思われることだ。自分の番組を東京圏の放送局に配信することについても、積極的でなかったらしい。

 事実、私が、何回か拝見したのも、東京に配信された数少ない深夜番組の一部と、あとはネットにアップされたいくつかの動画だけだ。

 もっとも、ご本人の姿は、あまり見たことがなくても、噂は、けっこう聞こえてきた。
 というよりも、東京で暮らしている人間にとって、やしきたかじんという名前は、本人の芸やトークや歌よりも、「噂」として伝わってくる部分の方がずっと大きかったわけで、そういったあたりの存在感では、ほかに例の無い人だったのではなかろうか。

 で、私の中では、やしきたかじんの人物像は、本人の姿というより、友人や取り巻きが語るエピソードや武勇伝に肉付けされた伝説上の存在としてだったりする。
 以下、その断片的なキャラクターを列挙してみる。

・相当な大酒飲みらしい。
・毎日のようにキタの新地を飲み歩いているのだそうだ。
・親分肌で豪快。
・そのくせ不思議なところで恥ずかしがり屋でもある。
・歌はどんな歌でも自分のものとして歌いこなすことができた。
・水商売の女性に限らず、女性にはたぶん日本一モテる。

 まあ、そんな話だ。

コメント65

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「水を選ぶ魚」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト