• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「クルマの存在意義? そりゃ笑顔でしょう(笑)」

第222回 マツダ アクセラ(開発者編・最終回)

2014年1月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 新年早々事故現場の写真を載せるのは如何なものかとも思うのですが……

 注意喚起の意味も込め、思い切って掲載することにします。
 自爆して自分が勝手に怪我をするのであればまだ良いですが、他人様を巻き添えにしてしまったら、人の人生も自分の人生もガタガタになってしまいます。安全運転を心がけましょう。

4重追突事故発生直後の写真。場所は環八内回り上用賀6丁目。Yanase BMW世田谷支店の目の前で起きました。

 一番後ろのトラックは、私が砧二丁目の「M2」跡地(現葬儀場)とダイハツ東京の間の道から環八を右折しようと頭を出しかけていた青信号の交差点を、左方向から盛大に信号無視して猛スピードで走り抜けていきました。「危ねぇなぁ」と独り言ちながら交差点を右折し、世田谷通りを跨ぐ三本杉陸橋を超えると、僅か数十秒前の信号無視トラックが煙を上げながら止まっていました。

 やはり……という感じです。
 写真は一番前にいたタクシーの運転手さんが首を擦りながら後部座席の乗客を気遣って降りてきたところ。まさしく事故直後の写真です。

 どんなに気を付けていても、交通事故は一定の確率で起きるものです。どちらが良いとか悪いとかでは無く、ともかく怪我をして得をすることなど何一つありません。安全運転を心がけましょう。また、道を走っていれば避けようの無い「もらい」の事故に巻き込まれることもある。やはり衝突安全性に優れたクルマを選ぶべきでしょう。

 こちらはマイトのYこと当「走りながら考える」の担当編集者山中氏とのプチ忘年会。

新宿の居酒屋で、野郎二人のプチ忘年会。右奥の席では、ビール好きで知られる大作家先生が飲んで居られました。

 当「走りながら考える」はご存知の通り、
 1:試乗インプレッション
 2:開発者(本音)インタビュー
 3:ユーザー突撃インタビュー
 以上の3部構成で成り立っています。

 先週お送りした整備場見学記や、一連の自衛隊ネタは、あくまでも「番外編」としてお送りしてきました。今年はこの手の番外編に更に注力し、クルマだけに留まらず「走る」に関連付けられれば、もう何でも片端から首を突っ込んでいこうという話になりました(Y:え、そうだっけ?)。

 また、文字をお届けするだけではなく、読者諸兄に更にお楽しみ頂ける様々な「関連事業」も展開していく所存でございます。その第一弾は、早ければ月内にもお知らせできるかと(ええっ?)。

 どうぞご期待下さい。

 こちらはトライアスロン仲間が集まっての忘年会。

いやーよく飲みました。

 この日はつながりやすさ日本一を標榜する、某柔らか通信会社に勤務するお嬢さんの米国栄転をお祝いする会も兼ねていました。某通信、本気でアメリカに重心を移すんですなぁ。

 そしてこちらもトライアスロン系忘年会。けやき坂を見下ろす豪華絢爛なヒルズのお部屋で楽しく飲みかつ語らいました。

楽しゅうございました。今年も一緒にやりましょう!

 トライアスロンはあくまで個人競技ですが、仲間同士で助け合い高め合っていければ、楽しさは100倍にも1000倍にも膨れ上がります。今年も仲間とスクラムを組んで楽しみながら取り組んで行こうと思います。

 さてと。新年も相変わらずのヨタを飛ばしたところで、いよいよ本編へと参りましょう。

 年を跨いでの掲載となってしまったアクセラ猿渡さんの超ロングインタビュー。いよいよ、ついに、本当に今回が最終回であります。

(写真:大槻純一、以下同)

(第1回「ハナから大脱線、アクセラの話じゃないんですか?」はこちら
(第2回「 F:『あ、ハイブリッドはパスするわ』Y:『はぁ?』 」はこちら
(第3回「見よ、これがマツダの生き様だ!」はこちら
(第4回「『崖っぷちギリギリを走れ!』アクセラ開発者かく語りき」はこちら

コメント14

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「クルマの存在意義? そりゃ笑顔でしょう(笑)」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長