• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ムラの王子、ニューヨークへ行く

2014年1月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年来、動向が注目されていた田中将大投手の移籍先が、ニューヨーク・ヤンキースに決定した。条件は、7年契約で総額1億5500万ドル(約161億円)と伝えられている。

 何と言って良いのやら。
 様々な感慨が錯綜して、うまく言葉が出てこない。

 田中投手個人に対して私が個人の立場で言葉をかけるということなら、話は簡単だ。

「おめでとう」

 と、私は、心からそう言うことができる。

 なにより私は田中投手が、広い世界で自分の力を試したいと思ったその気持ちに共感する。
 アスリートであるということは、挑戦する人間であることを前提としている。
 そういう意味で、田中投手がメジャーリーグの舞台を選んだことは、祝福に値する壮挙だ。

 さてしかし、私は、田中投手のファンであると同時に、日本のプロ野球のファンでもある。
 ファン歴から言ったらこっちの方が長い。

 で、その、かれこれ半世紀近くうちの国の野球を見てきた日本プロ野球の守護者としての感想を求められると、私の言葉は、俄然、歯切れが悪くなるのである。

「さようなら」

 と言った後に、無言の5秒間を書き込まないと正確な感想にならない。

「さようなら……」

 と、なんとも未練たらしい中高年ポエムを謳いあげる始末になる。

 というのも、プロ野球ファンとしてのオダジマは、祝福よりもむしろ惜別の気持ちをより大きく抱いている泣き虫だからだ。もっと言えば、私はそれらに倍する分量の失意に沈んでいたりさえする。

 しかも、この淋しさは、将来への不安につながっている。
 若い人たちが、都会に出て行く流れを止められないことはわかっている。

 が、同時に、過疎の村に取り残されることになる古い世代が、人口の流出を嘆く心の動きもまた、止めて止められるものではない。

 青年にとって、旅立ちは夢の物語であるに違いない。
 が、村に残される年寄りにとって、若者たちの流出は、あまたある喪失のエピソードのひとつであるに過ぎない。

 つまり、この件は、それを観察する立場によって、まるで違って見える出来事だということだ。

コメント37

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「ムラの王子、ニューヨークへ行く」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長