• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

恐れ入谷の鬼子母神 ゴルフの出来にダンマリのフェル

第227回 フォルクスワーゲン ゴルフ(試乗編)

2014年2月24日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 2週連続の大雪であります。今回は「都心の積雪は10センチ程度」、と気象庁も大甘の予報を出していたものですから堪りません。心の準備が出来ていなかった首都東京は、またしても大変なことになってしまいました。

深雪で歩道を歩くことが出来ず、車道の轍を行進する歩行者のみなさま。まさかここでクラクションを鳴らして追い払うわけにもいきません……。都内では随所でこのような光景が見られました。

 予報では今後も何回か降雪の可能性があるとのこと。地球温暖化とかどうなっているのでしょう。温暖化のせいで北極の寒気が押し下げられ、結果として寒くなる……という温暖化寒冷説なんていう話も聞きましたが、実際の所はどうなのですかゴアさん。

 雪で何かと大変ですがそこはそれ。キチンと酒は飲んでおります。
 今年は年初から人と飲む機会がやたらと多くありまして、連日連夜で酒を食らっております。

まずはこちら。当欄を影で支えるマイトのYこと担当編集Y氏。

 彼は私だけでなくものすごくたくさんの著者さんの連載を担当しています。それだけでなく記者として自分の記事も書かなくてはなりません。編集に執筆にインタビューに、とたくさんの仕事がある中で、なぜだか私の担当が「一番のストレス」であるそうです。私の担当なんて日経BP社の中で一番ラクな、一種のレジャーのような仕事だと思うのですが、なぜか当人は「とても辛い」「胃がイタイ」と。

 確かに見るとストレスフルな顔をしています。あまり追い詰めてまた入院なんかされたら困るので、「たまにはメシでも喰ってウサを晴らそうよ」と誘い出しました。ですが結果としていろいろ話していくうちに、「あれもやりたい(クルマ以外の)これにも乗りたい」と構想がどんどん広がって行きまして、余計に彼のウサが溜まってしまう事となりました。
 読者諸兄により楽しんで頂くために、Y氏はこうして血を流し、身を削ってがんばっているのです。読者諸兄。温かい拍手を彼に!
 Yさん。死なない程度に頑張って下さい!

 お次はこちら。世界最強の10式戦車の取材でお世話になって以来交誼を頂いている陸幕広報の担当諸官。この日は某局の記者さんも交えて新宿2丁目のゲイバーで飲みました。

左から陸幕広報山崎さん、店でたまたま隣り合わせたガチのお客さん、某放送局社会部X氏、フェル、陸幕広報野沢さん。

 観光地化が進み、純粋にハッテン場として二丁目を愛していたガチの方々は上野とか渋谷とかオリンピックのカヌー会場候補地とかに離散しておられるようですが、どっこい二丁目はまだまだエキサイティングです。たまに来てこうした淫靡な空気を吸うのも良いものです。

 そしてこちらは西麻布の隠れ家系お好み焼き屋さん。
 関西から東京へ進出して大成功しているお店ですが、なにしろこちらのウリが「隠れ家」であることで。ご紹介したいのはヤマヤマなんですが、お客さんがワッと押し寄せて有名になってしまうと、隠れ家も何もなくなってしまいますので、(最近は大阪市で訴訟沙汰にまで発展した事案もありましたからね)お店の場所は秘密にしておきます。「西麻布の交差点から徒歩2分圏内」とだけ書いておきましょう。

横浜新都市脳神経外科病院院長で、トライアスロン仲間の森本選手、美人さん2名と。後ろの方は当店の経営者。お店はヒミツですが大将の顔出しはOKを頂いております。

 またしてもヨタが長くなりましたが、そろそろ本編へと参りましょう。
 世界中のCセグメント車のベンチマークとされる、フォルクスワーゲン、ゴルフⅦの登場であります。

コメント20

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「恐れ入谷の鬼子母神 ゴルフの出来にダンマリのフェル」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官