• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ガイシャと国産行ったり来たり。アナウンサーは寝られないとダメ?

第231回 フォルクスワーゲン ゴルフ(ユーザー編)

2014年3月24日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 沖縄県は久米島に来ております。
 来年から正式開催される、「日本でもっとも早い大会」を標榜する、“久米島チャンプルトライアスロンプレ大会”に出場するためです。

久米島には初めて来たのですが、いやノンビリしていて実にいい所ですね。
ここまで来てしまったらともかく頑張るしかありません。Team ALAPAと、兄弟チームMITの面々。スタート前に。

 昨年6月の転倒骨折事故以来、初めてのレース、復帰第一戦です。東京マラソンを目指し、走ってはいたのですが、スイムとバイクは完全に練習ゼロ。水に入るのも自転車に跨るのも、冗談抜きで9ヶ月ぶりのことです。でもまあ短いオリンピックディスタンスですからね。何とかなるでしょう。

 結果はまさかの2時間50分38秒……。さすがにこのタイムは無いでしょう……。Qちゃんを育てた小出監督が、「オリンピック選手だって、練習しなけりゃただの人」と仰っていましたが、けだし名言。オリンピアンだってそうなのですから、パンピーの私としてはコツコツ練習していくしか無い訳で。これから心を入れ替えて練習します。でもこの季節、週末にはスキーがあるしなぁ。

ランのパートでずっと一緒に並んで走ってくれた米海軍所属のTito Medellin氏。人と話しながら走るとランの苦痛は半減しますね。彼は現在沖縄の海軍基地で陸上勤務をしているのですが、半年前までは潜水艦に乗っていたのだそうです。

 そうそう。3月27日(木)発売のTarzanでは、自衛隊体操の特集記事を組んでいます。 不肖フェルがロンドンオリンピックにも出場したボクシングの強豪須佐勝明2等陸尉にフィジカルエリート育成機関の自衛隊体育学校でシゴキ抜かれるという趣旨のもの。

なんとカラー4ページの大特集。須佐さん、自衛隊体育学校のみなさん、陸幕広報のみなさん、そしてTarzan編集部のみなさん。大変お世話になりました。
こちらは自衛隊体操の撮影風景。手前は昔を思い出して思わず体が動く陸幕広報山崎二佐。

 あ、それからTBSの柳内敬司氏が本を出されたのでご紹介。『「ご指名社員」の仕事術』です。社内外から仕事の度に”ご指名”がかかる社員になるにはどうしたら良いのか、そのノウハウが余すこと無く書かれています。

柳内氏は東大卒のエリートであります。「小さなことをコツコツと」という意外なニュアンスの事がたくさん書いてありました。顔と肩の比率が変なのはカメラのせいだと思います。多分。

 で、話は脈略無く銀座へと飛びます。日経BP社広告部諸公と一杯やりました。いろいろと突っ込んだ話が出来て楽しかった。書店売りしない雑誌が多い日経BP社。広告部の戦略も、自ずとよその出版社とは違ってきます。

マイトのYが五月蠅いので書けないけれど、興味深い話をたくさん聞くことが出来ました。楽しゅうございました。

 さてさて、今回も長いヨタを飛ばしたところでいよいよ本編へと参りましょう。

 フォルクス・ワーゲン ゴルフⅦのユーザーインタビューであります。

コメント14件コメント/レビュー

<国産車では絶対に味わえない~~> こういう記述って試乗位でも分かることなのに、なぜそうしないんだろうと、いつも思うのですが。マツダのヨーロッパ仕様車(足回りのチューニングが違うんですよね?)<足回りとブレーキの効きとハンドルの重さが気になりますね・・・マツダは最初に乗ったメーカーなので頑張って欲しいな(2014/03/26)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「ガイシャと国産行ったり来たり。アナウンサーは寝られないとダメ?」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

<国産車では絶対に味わえない~~> こういう記述って試乗位でも分かることなのに、なぜそうしないんだろうと、いつも思うのですが。マツダのヨーロッパ仕様車(足回りのチューニングが違うんですよね?)<足回りとブレーキの効きとハンドルの重さが気になりますね・・・マツダは最初に乗ったメーカーなので頑張って欲しいな(2014/03/26)

ついにCセグメント特集も終了ですね。昨年の夏(くらいでしたっけ?)から続けていただいたこのシリーズ、とても楽しく読ませて頂き、また、参考になる情報を沢山、頂きまして有難うございましたm(_ _)m現在、ワゴン車から買い替えを検討していたので記事にしていただいた車種はほぼ試乗してきました(笑)全長の長いワゴンより取り回しの良いハッチバックを検討していたのですがハッチバックだと狭く感じてしまい(実寸は狭くないのですが)やはり次もワゴンが良いとなりGolf Variantに決めました。フジノさんの記事に影響されたとは思っていません(;^_^A(2014/03/26)

M5です。追記します。「日本にはアウトバーンがないので・・(安物で十分)」もよく言われますが、超高速域だけでなく低速域でも走りの品質感の違いはよくわかります。Yさんの『動き出した瞬間に「げっ」』は私も経験ありますよ。日本のガラパゴス化は「こんなもんで十分じゃない」という日本人の物わかり易さにも起因するかと。(2014/03/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長