• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

クジラの凱歌

2014年4月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月の31日、日本が南極海で実施している調査捕鯨が違法かどうかを日豪が争っていた裁判で、国際司法裁判所(ICJ)が、日本側完敗の判決を言い渡した(こちら)。

 判決を受けて、関係各方面には、静かな衝撃が広がっているという。

 なるほど。
 来るべきものが来た感じだ。

 今回はクジラの話をしようと思っている。

 クジラの話題は、必ず荒れる。

 だから、この問題に触れる時には、論点を整理して、荒れる部分と荒れない部分をきちんと切り分けたうえで、感情論に流されない冷静なディスカッションを心がけるべきだ――といったあたりの心構えが、良い子の前提ではあるのだろう。

 が、建前は建前として、クジラの話を「感情論」抜きで話すのは、簡単なことではない。ほとんど不可能と言っても良い。

 というのも、捕鯨問題の核心である「食文化」や「宗教的伝統」は、そもそも、感情の分野の話題だからだ。これらのポイントを捨象したうえでクジラの話をしても、そんな論争にたいした意味はない。

 つまり、クジラに関する話題を、「感情に流されない」で論じることは、前提からして無理があるわけで、言ってみれば、水に濡れないで泳ぐに等しい。

 もっとも、コラムニストは、時々それをせねばならない。そして、空中水泳は、見破られた時のリスクがとてつもなく大きい。

「どうしたんですか? 町中で水着なんか着て」

 できれば、見て見ぬふりをしてほしい。
 私とて好きで裸体を晒しているわけではない。
 
 話を元に戻す。 

 クジラの問題は、元来、そのかなりの部分が感情の問題だった。ということは、「感情論」であることを攻撃したり、感情に流されていることを反省している限り、話は前に進まないのである。
 
 前提を考え直さなければならない。
 クジラは感情を含んでいる。
 われわれは、クジラに対して、感情的抜きで対峙することができない。

 クジラを食べたいと思うことも、かわいそうだと感じることも、伝統を守りたいと考えることも、調和を大切にしたいと心がけることも、いずれも感情を含んでいる。どの感情が劣っていてどの感情が優れているという話でもない。

コメント63件コメント/レビュー

鯨肉といえば竜田揚げくらいしか記憶になく、決して好んで食べるものではなかったのだが、先日生まれて初めて鯨肉の寿司を食した時の感動はちょっと今までの概念を覆すほどであった。商業捕鯨に切り替えましょう。高級食材としてビジネス化し、好きな人が食べればよいのです。鯨がかわいそうなどと言えるほどには図太くもなく、粗食に徹してもいないので。(2014/04/07)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「クジラの凱歌」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

鯨肉といえば竜田揚げくらいしか記憶になく、決して好んで食べるものではなかったのだが、先日生まれて初めて鯨肉の寿司を食した時の感動はちょっと今までの概念を覆すほどであった。商業捕鯨に切り替えましょう。高級食材としてビジネス化し、好きな人が食べればよいのです。鯨がかわいそうなどと言えるほどには図太くもなく、粗食に徹してもいないので。(2014/04/07)

ナポレオンが言ったとか、トルストイが言ったとか出所は不詳ですが、「愚かな味方は、賢い敵より厄介だ」という出所不明の名言があります。調査捕鯨は、捕鯨派にとっても愚かな味方であったと思います。ご指摘の通り筋が悪すぎた。負けが決まったら、「やっぱり調査捕鯨は無理があった」と後出しジャンケンで意見が出てきます(私もそうかもしれません)。しかしこれが、判決が出る前までは、そんなことを言えない雰囲気が形成されていました。私は、そこに問題があったと思います。そんなことを言った日にゃ、五月蠅い論陣がやってきて拡声器で黙らせに来る。あるいは小田嶋先生が良く言うように、そういう圧力を勝手に面倒臭さがって、最初から関わらないようにしてたのでしょうか。または、そんな敗北主義のような意見は、言ってはいけない風土が、私や社会の中にあるのでしょうか。愚かな味方まで味方だからとかくまうのは、愚かな見方だったのかもしれません。自省を込めて。(2014/04/07)

ある生物の生態を調査するためには、一定数を捕獲して調査せざるを得ないのは当然の事で。問題はクジラが巨大な生物だから、解剖後の死体を廃棄するにも大事になりますし、捕鯨・研究費用調達の為にも売るのは致し方ない事なのではないでしょうか。しかし市場原理の問題で、国内でもあまり売れないから調査捕鯨の捕獲数を制限せざるを得ず、そのため裁判では調査の実態を成していないという理由もあって負けた、という側面があるそうです。しかし食文化は別として、大漁の魚を餌とするクジラという巨大海洋生物の生態を調査しない、というのは文明国として科学を志す者として正しい姿勢なのでしょうか???捕鯨の慣習、ノウハウのある国はそういくつもありません。代わりにノルウェーがやるというならともかく日本の研究機関が気の毒です。魚をあまり食べない国の人達は海の資源はどうでもいいのかもしれませんけれども、今後世界的な食糧難を警告されている時代に本当に良いの?と思います。(2014/04/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員