• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

5年後、ミニバンはみな「オデッセイ」になる?!

第234回 ホンダ オデッセイ 開発者編(後)

2014年4月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 さあ今週もみなさまお待ちかねのヨタ話から参りましょう!

 フライデーの連載「今夜もフライデー」が終わってしまいました。
 トータルで33回だったかな。非常に短命な連載でありました。うーむ、残念無念。
 で、今夜は六本木にあるベラルーシレストラン「ミンクスの食卓」で担当編集栗原くん、週刊現代福山さんと反省会&作戦会議。

ここのウェイトレスさんは超美人であります。彼女はベラルーシ人ではなくロシア人だそうですが。迷わずウォッカを注文する栗原選手。嵐の予感が……

 栗原くんはロシア語を勉強しています。レストランの注文程度なら難なくこなしてしまいます。見かけによらず努力家です。

運ばれてまいりました。「キュッとイッキで行くのがヴォトカの飲み方です」と栗原選手。やめとこうよマジで。

 冷凍庫に入れてキンキンに冷やしているウォッカをキュッとやりました。アルコール度数が40度もあるから、普通の冷凍庫の設定値であるマイナス20度程度じゃ凍らないんですな。冷たい筈なのに喉を通ると熱く感じるから不思議です。

ぶはー、これは効く。食道がが焼けるような感覚です。

 私はヘタレなので2杯だけでリタイアしましたが、二人は競うようにしてグイグイと開けていく。死にますよホントに。

はい栗原選手死亡(笑)。なぜこうなるまで飲むのでしょう……。マジックはお店から借りました。Спасибо!

 今ふと思い出したのですが、その昔ここは「象の食卓」ってお店じゃなかったでしたっけ。80年代中頃に良く来ていたのです。もう四半世紀も前の話ですが。日本交通に買われる前の駐車場が広いニコラスなんかもあって、この辺はとてもいい雰囲気だったんです。

 場面は変わりまして、こちらはグッとシックにクルマ関係の飲み会。三軒茶屋の赤鬼へ行きました。この店は日本酒が充実しています。

左から本職の自動車評論家渡辺敏史氏、スポーツライター金子達仁氏、フォトグラファー望月浩彦氏、私、扶桑社ESSE立石史博氏。

 何しろ金子氏はご自宅に日本酒セラーが有るほどの「通」であります。私はまったく不明なので、すべて彼にセレクトをお願いしたのですが、いや実に旨かった。

シメはやはりラーメンです。名店AFURIが三軒茶屋にあるとは知らなかった。さっぱりした塩味を選べば夜中に食べても大丈夫なはずです。たぶん……。

 だいぶ肩が温まってきたので、ボチボチ本編へと参りましょう。
 ホンダの5代目オデッセイ開発者、本田技術研究所四輪R&DセンターLPL主任研究員、中川真人さんのインタビュー続編です。

コメント7件コメント/レビュー

脚フェチの私としては「ザックス」と聞くと、いてもたってもいられない・・な~んて。確かにザックスは素晴らしいメーカーですが、ショーワだってコストさえ掛ければ同じレベルの物を作れる技術はあるはずでしょうに。国内部品メーカーにはコストカットしか要求してないからなんじゃないでしょうか? 大企業のエンジニアに聞いている限りは、大企業に都合の良い「おちょぼ口」のコメントしか出てこない。せっかくの異端コラムなんですから、次は部品メーカーの本音を引き出すことを強く望みます。(M5)(2014/04/15)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「5年後、ミニバンはみな「オデッセイ」になる?!」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

脚フェチの私としては「ザックス」と聞くと、いてもたってもいられない・・な~んて。確かにザックスは素晴らしいメーカーですが、ショーワだってコストさえ掛ければ同じレベルの物を作れる技術はあるはずでしょうに。国内部品メーカーにはコストカットしか要求してないからなんじゃないでしょうか? 大企業のエンジニアに聞いている限りは、大企業に都合の良い「おちょぼ口」のコメントしか出てこない。せっかくの異端コラムなんですから、次は部品メーカーの本音を引き出すことを強く望みます。(M5)(2014/04/15)

初代に乗っていた者ですが、ミニバンもダウンサイジング、との流れには同意します。初代が出た当時には、乗用車の乗り味のユーティリティービークルは他にほとんどありませんでした。今なら軽からエルグランドクラスまで、どのサイズでも選べます。実際に乗っていると、広さもある程度で十分なことがわかってきます。どのメーカーにもコンパクトなトールワゴンが選り取り見取りなので、ユーザーは分散してしまって、オデッセイクラスでさえ単一のメインストリームで居続けるのは難しいように思います。セレナ、ステップワゴン等が占めていた客層も、もうすでに一時の寡占状態では無いようですし、敢えて言うなら「5年後ミニバンは更にいろんなサイズに分散する。」が正解かと。(2014/04/14)

燃費のくだり、フェルさんのフロントを思い切り倒して~は誤解です。空気抵抗のかなりの部分は、運動物体後方に発生する乱気流で引っ張られることで生じるからです。だから気中を落下する水滴や飛行機の翼は、前はほどほどに丸く、後ろは細く長く伸びているのです。トライアスロンやってるならご存知だと思いますが、バトンホイールの向きもそうなってますよね?今のミニバンの構成だったら、いっそエンジン他を全部後ろにもっていって前はトラックみたいに平らに、後ろを今のノーズみたいになだらかにした方が燃費は上がるかもしれません・・・・衝突安全性とかでNGが出そうですが。でも、これだけボックスタイプが普及してるのだから、実験車くらいは作ってみてほしいかも。(2014/04/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長