• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

罪には罪で罰し合おうよ

2014年5月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今週のはじめに発覚した、さる大物歌手の薬物事件は、久しぶりにワイドショーのQシートを席巻している。

 各局とも、「狂奔」と描写してさしつかえのない大がかりな取材体制で関連先を追いかけまわしている。

 この種の事件が表沙汰になるたびに、いつも不思議に思うのだが、禁止薬物を摂取するに至った芸能人の生活ぶりや動機に、テレビ視聴者のうちの何割が、マトモな関心を抱いているのだろうか。

 いや、興味を持っている人もいることはいるのだろう。
 でも、報道する側の異様なばかりの注力ぶりに見合うだけの需要が、視聴者の側にあるのかと言うと、私は、そんなものは無いと思うのである。

「ふーん、ASKAねえ。まあ、そんな気はしてたけどな」
「港区の知人女性宅でシャブとMDMAとか、テンプレにしてもあんまり安っぽくないか?」

 と、第一報を聞いて納得したら、ふつうはそれでおしまいだ。
 それ以上の続報を期待する視聴者は、よほどのファンか、よほどのアンチで、どっちにしても大した数ではない。大多数の視聴者は、この鬱陶しいニュースがはやく終わって、天気予報のおねえさんが出てくることを心待ちにしている。

 要するに、取材陣の熱狂ぶりは、視聴者の需要に応えた結果というよりは、現場の空気から余儀なく導き出されたハイエナの習性に近いものだということだ。

 普段からお世話になっている警察に協力して、この機会に、麻薬&覚醒剤追放キャンペーンを展開してみせようという意味があるのかもしれない。
 あるいは、テレビにとって、薬物関連のスキャンダルは、昭和仕様の報道リンチを大っぴらに貫徹できる最後の黄金郷であるという可能性も考えられるだろう。

 どっちにしてもバカな話だ。

 テレビ視聴者の心中には、有名な人間を血祭りにあげたい願望が潜在している。
 であるから、われわれは、誰もが顔を知っている誰かが、おあつらえ向きの不祥事を携えて画面の中に現れる機会を待望していたりする。

 とはいえ、昭和の時代みたいに、個人のプライバシーに属する恋愛事件をネタに騒ぎ立てるのは気がひける。
 いくらなんでも自分は、他人の色恋沙汰によだれを流すほど下衆な人間ではない、と、そういう自覚を現代のテレビ視聴者は抱いている。

 ということになると、テレビ人民裁判は、滅多に開廷できなくなる。
 その点、クスリでパクられた人間は、どんなに無慈悲に叩いても良いことになっている。

 しかも、この場合、薬物に手を出した著名人を非難することは、「正義」に分類されるしぐさになる。
 思う存分に叩くことで、若い世代に警告を与えることができる。世の中を良くすることができる。素晴らしいじゃないか。

コメント57件コメント/レビュー

芸能人、薬物、不倫、とワイドショーの好きなネタが揃いましたよね。理研の話題にもそろそろ飽きがきていたし、憲法問題は堅すぎるし、というところなんでしょうか?チャゲアス全盛期の曲を久しぶりに聞いて懐かしい気持ちになりました。ただ、ナレーションのバックで流すのは雰囲気がおかしなことになるのでやめたほうがいいと思いました。深刻な中毒だとしたら、まずはそこから立ち直ることが大変ですよね・・・。病院に担ぎ込まれる前に逮捕されて、良かったのかもしれませんね。(2014/05/28)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「罪には罪で罰し合おうよ」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

芸能人、薬物、不倫、とワイドショーの好きなネタが揃いましたよね。理研の話題にもそろそろ飽きがきていたし、憲法問題は堅すぎるし、というところなんでしょうか?チャゲアス全盛期の曲を久しぶりに聞いて懐かしい気持ちになりました。ただ、ナレーションのバックで流すのは雰囲気がおかしなことになるのでやめたほうがいいと思いました。深刻な中毒だとしたら、まずはそこから立ち直ることが大変ですよね・・・。病院に担ぎ込まれる前に逮捕されて、良かったのかもしれませんね。(2014/05/28)

連帯責任というのは権力者に都合のよいものだと思う。そのいい加減さには本当にへきへきする。今回の例で言えばコンプライアンスを言うなら薬物中毒の輩の曲を売って儲けていた会社やその関係者は当然責任をとって職を辞すべきだ。でもCDの出荷停止は言うけど社長は辞めないよね。ほんと、自分勝手なんだから、結局権力を持ったものが自分の都合のよいように罰則者を決めるのが連帯責任というやつだ。(2014/05/28)

他人のコメントを中傷だけして中身のない短文コメントをなぜ掲載するのでしょうか? もっとしっかりコントロールして頂かないと。(2014/05/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長