• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

雨の日のソネット

2014年6月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 雨が降り続いている。
 先週の金曜日以来だから、なんだかんだで6日間連続で降り続けている勘定になる。
 梅雨入りしたとはいえ、これほどの連続降雨は稀有なことだ。

 私の記憶で、雨が多かったといえば、大学に入学した年の夏がそうだった。たぶん1976年のことだ。この年は、梅雨が明けたのか明けなかったのか、とにかくひと夏じゅう、雨模様の天気が続いた。

 おかげで私は体調を崩した。
 体調のみならず、精神の平衡も崩し気味だった。
 結局、梅雨入りから秋口まで、ほとんど家に閉じこもり切りで過ごした。
 苦しい夏休みだった。
 以来、私は、雨を大の苦手とするようになった。

 若い頃は、雨という予報を聞いただけで、気が滅入って行くのをどうすることもできなかった。

 いま、この原稿を書きながら気づいたのは、自分がいつの間にやら、雨嫌いを克服していることだ。

「おお、6日も雨続きなのに、平気だ」

 あらためて振り返ってみるに、40歳を過ぎた頃から、雨に対して特別な反応をすることはなくなった気がする。

 年をとるというのは、ありがたいことだ。
 若い頃にいやで仕方がなかったことの半分ぐらいは、なぜなのか、あまり気にならなくなっている。
 この先、順調に馬齢を重ねて行けば、たぶん死ぬこともそんなにいやなことでなくなるのかもしれない。

 もうひとつ思い出した。

 新卒で入社した会社で、大阪営業部に配属された時、営業部の会報だか組合の印刷物だかに、自己紹介の文章を書いたことだ。例年、新入社員は必ず自己紹介を書くことになっているのだそうで、私のところにも研修の最終日に、原稿依頼(というよりも命令だったわけだが)が届いた。

 言葉の言い回しや細部ははっきり覚えていないのだが、内容としてはおおむね以下のようなことを書いた。

 雨がきらいです。
 傘をさすのはもっときらいです。
 かといって、濡れて歩くのはさらにさらにきらいなので、雨の日は会社を休もうと思うのですが、たぶんそういうのはダメと言われるに決っているから、やっぱり出勤することにします。
 そういうわけなので、雨の日はあんまり話しかけないでください。

 なんと、私は、会社の提出課題にポエムを書いたのだった。

コメント40件コメント/レビュー

梅雨の話かと思ったら5月病?の事でしたか。入社して以来これじゃない感は色々ありましたが、生き残りに必死で病むことも5月病にも掛かりませんでした。しかし常に漠然とした不安には駆られましたね。今にして思えば自信の無さの現れだと分かるのですが、社会人とは学生とはあまりにかけ離れていて色々な意味で着いて行けなかった思い出が蘇ります。適当にやれとは至言ですね。もっともその言葉を当時の自分が受け入れられたかどうかは疑問ですが。それと新入社員の自己紹介で思い出しました。ポエムとは粋ですね。私の場合は入社前、具体的には卒論の締め切り前の忙しい時に会社が自己紹介文を書けと手紙を送って来たのでふざけるな!とばかりに各質問に1言だけ書いて送り返しました。結果新人紹介欄は新入社員の中で一番少ない文字数でした。今も後悔はしていません。(2014/06/13)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「雨の日のソネット」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

梅雨の話かと思ったら5月病?の事でしたか。入社して以来これじゃない感は色々ありましたが、生き残りに必死で病むことも5月病にも掛かりませんでした。しかし常に漠然とした不安には駆られましたね。今にして思えば自信の無さの現れだと分かるのですが、社会人とは学生とはあまりにかけ離れていて色々な意味で着いて行けなかった思い出が蘇ります。適当にやれとは至言ですね。もっともその言葉を当時の自分が受け入れられたかどうかは疑問ですが。それと新入社員の自己紹介で思い出しました。ポエムとは粋ですね。私の場合は入社前、具体的には卒論の締め切り前の忙しい時に会社が自己紹介文を書けと手紙を送って来たのでふざけるな!とばかりに各質問に1言だけ書いて送り返しました。結果新人紹介欄は新入社員の中で一番少ない文字数でした。今も後悔はしていません。(2014/06/13)

そうそう、それで、結局あっぷあっぷで溺れかけながら、何とか藁をつかんで足の届くところにたどり着き、今に至っております。(2014/06/13)

●今回のコラムは秀逸です。笑わせてもらいました。●芝居は就活で終わり、でなく会社に属する限り延々と続くのです。まるで新聞の4コマ漫画のように。会議はトップが聞きたい内容や発言を延々とおじさん特有の言語でおじさん同士が理解し会話を続ける様子は外野にとってはさながら言葉のわからない外国映画のよう。皆が気づいている白々しさは立場が違えど本文に表現された就活の場面と何ら違いはありません。●おそらく会社の本音はダイバーシティなんていらない、自分を持ちあげてくれて、自分の部下として使いやすい奴が欲しいではないでしょうか。エリート街道を走ってきたおじさま達が仲間と幾つになっても出身大学の話題を持ち出していることを見る限り、同じ階層に属さない人間を歓迎するようには思えません。(2014/06/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表