• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ネタ動画」は全てを越える

2014年7月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 憲法解釈を変更する閣議決定が為された翌日の7月2日、ツイッター上に奇妙な動画がアップされた。

 そのおどろくべき映像は、瞬く間に話題を独占した。
 元ネタはテレビのニュースだった。
 当初、私は

「泣き乱しながら潔白主張」

 と題されたその動画のタイトルに違和感を覚えた。

「『泣き乱す』って、そんな日本語あったっけか?」

 と思ったからだ。

 あるいは、そういう日本語があったのかもしれない。調べれば、辞書にも載っているのかもしれない。でも、少なくとも、この国で五十数年暮らしてきた人間である私は、その言い回しを聞いたことがない。とすれば、「泣き乱す」は、ニュース画面のテロップに使う用語としてはいささか不適切なのではなかろうか……などと考えながら当該の動画を見て、私の違和感は吹っ飛んだ。

「誰がね、誰に投票してもぉおお、同じや、同じや思てぇ……わぁあああはあ、この日本んぁぁあああ……」

 といった調子の、ほとんど日本語として意味を為さない号泣と絶叫の混交物に、あえてタイトルを付けるのだとしたら、確かに「泣き乱す」ぐらいな造語が必要であったのかもしれない。

 「泣き崩れる」では弱すぎるし、「泣きじゃくる」でも実態に届かない。「泣き喚く」や「むせび泣く」を持ってきてさえ、あの号泣っぷりを十分に描写し尽くしているとは言いがたい。

 とすれば、「泣き乱しながら」という前例の無い言い回しを使ってみたくなったデスクの気持ちも理解できる。個人的には「泣きぶっ壊れる」「泣き砕け散りながら潔白主張ぉぉおおおお!」ぐらいなテロップをカマしても良かったのではなかろうかと思っている。

 が、大切なポイントはそこではない。
 考えてみてほしい。

 当件は、一地方議員の、経費流用疑惑にすぎない。
 それも、問われているのは、交通費の過大請求だ。

 ニュースバリューとしては、地元ローカル局の枠組みから外に出るはずのない事案だ。
 それが、SNSの世界では、他を寄せ付けないトップニュースになっている。
 バランスを欠いた事態であると申し上げねばならない。

コメント42

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「ネタ動画」は全てを越える」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック