• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

脱力ネーミングは脱法ドラッグを潰せるか

2014年7月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「脱法ハーブ」と呼びならわされていたブツに、新しい名前がついた。
 「危険ドラッグ」というのがそれだ。
 詳細は以下の通り。

《幻覚作用をもたらすことのある脱法ハーブを含む「脱法ドラッグ」について、警察庁と厚生労働省は7月22日、呼称を「危険ドラッグ」に改めると発表した。今後、啓発活動や統計などで新名称を使用し、普及を図るという。(※ソースはこちら)》

「きけんどらっぐ?」
「なんだそれ。危険なドラッグって改めて言うことか?」
「同語反復っぽいな」
「麺類ラーメンみたいな?」
「走行自動車とか?」
「むしろ足用ソックス的な過剰説明の響きを感じる」
「ハシゴ外され感ハンパねえな」
「どちらかといえばヒザカックン感だろ」
「犯人は拘束手錠で逮捕拘束されるのかな」
「で、警察用パトカーで乗車運搬されて裁判所コートで刑罰罰則審判を言い渡されるわけだ」
「警察庁ポリスの感覚センスって最高マキシムに絶頂トップだな」

 「脱法ハーブ」という俗称に問題があったことは、以前から指摘されていた。

「『脱法』という言い方が、『事実上は合法』ということを言外に匂わせてるあたりが実になんとも致命的だよな」
「字面的に『解脱』っぽいし」
「なんか、悟りが開けそうなありがたさが漂っちゃってるよな」
「密教的ミスティフィケーションだな」
「『ハーブ』も良くない」
「良くないっていうより、カラダに良さそう」
「だな。オーガニックな感じするし」
「おしゃれでさえある」
「ロハスだよロハス。『脱法』っていう言葉つきがヒッピーカルチャー由来のドロップアウト志向をくすぐるし、『ハーブ』にしたって現実逃避気味の腐れインテリがド田舎に引っ込む弁解として持ち出すエコライフ演出にはドンピシャの小道具じゃないか」
「してみると、『脱法ハーブ』は、定年でそば打ち始める感じの反骨団塊オヤジから、就活逃避組の自傷傾向ニートまで、あらゆる半端者の心根をゆさぶる素晴らしいネーミングってなことになるな」

 実際、「脱法ハーブ」は、捜査側にとっても、頭の痛い名称だったと思う。
 なにより、「脱法」が、自分たちの側の弱点(つまり法整備の抜け穴)を宣伝する形になってしまっている。

コメント25

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「脱力ネーミングは脱法ドラッグを潰せるか」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官