• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「命の教育」はQC活動じゃない

2014年8月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 佐世保市の県立高校1年生が殺害され、同級生の少女が殺人容疑で逮捕された事件は、日々拡大しつつある。

 第一報が届いた時点では曖昧模糊としていた犯行の詳細が、翌日になってから、少しずつ明らかになる。続き物のドラマみたいな展開だ。

 あわせて、容疑者の少女に関する周辺情報が、様々な方向から漏れ出してくる。

 画面のこちら側から見ていると、まるで、犯罪ドラマの演出に精通した人間が、事件に関する情報の出し入れを、クライマックスに向けてコントロールしているようにさえ思える。
 それほど、小出しにされてくる情報のいちいちが扇情的にデザインされている。

 そんなわけで、事件が起きて以来のこの数日、報道の量は、むしろ増加している。
 特に地上波テレビの情報番組は、スタジオごと佐世保に移転したみたいな勢いで、関係者のプライバシーを掘り起こしにかかっている。

 スタジオで画面に登場する人たちは、異口同音に

「衝撃を受けた」
「ショックだ」
「理解できない」

 といったあたりの言葉を繰り返すわけなのだが、その前置きを言い終えると、容疑者の少女の内心を憶測し、被害者との関係について自分なりの推理を並べはじめる。でもって、コメントの行間に現代社会批評をにおわせつつ、最終的には自分が心を痛めている旨を申し述べて最初の前提に戻る。そういうシナリオになっている。

 いや、コメンテーターの先生方が残酷だとか不誠実だとか、そういう意味のことを申し上げているのではない。

 彼らは、視聴者の気分を代弁している。
 優秀なコメンテーターは、自分の考えを述べない。

 コメンテーターは、スタジオの中に「空気」として反射してくる視聴者の反応を、わかりやすい言葉に翻訳するタスクを担っている。そういう意味で、あの人たちは、正しい仕事をこなしている。

 「ショックを受けた」こと自体もウソではない。
 というよりも、視聴者やコメンテーターがショックを受けているからこそ、番組のテーブルは、興味本位に流れざるを得ないのだ。

 自分一人の頭では処理しきれない出来事に直面した時、私たちは、その話題について、誰かと意見交換をしたり、嘆き合ったり、驚きを共有したりして、とにかく自分の中の感情を整理しようとする。

 テレビの情報番組は、そういうことをするための場所だ。

コメント72件コメント/レビュー

QCでは「異常原因によるバラつきについては固有の原因を特定して対処する」「偶然原因によるバラつきについては固有の原因の特定は行わずシステム自体を改良してバラつきを抑える」という方針で臨みます。

この事件の場合、犯情の極端さからして「異常原因によるバラつき」(普通の子供でもやらかしそうな逸脱とはとてもいえない特異な事件)と言ってよいと思いますが、そういう場合QCではこの事件に特有の原因(異常原因)を求めてピンポイントで対策を打とうとします。(これはおそらくはコラムニスト氏の主張と同じだと思われます。)

対して「命の教育」は教育システムと考えられ、今回の異常なる不幸な事件を惹起した原因と考えるのはQC的に不合理です。したがってQCを理解している人間は、そこに原因を求めることはしない。読売新聞をはじめとするメディアは、つまりQCをよく知らない人のありがちな発想をしてしまい、世論をミスリードしたという解釈になります。(コラムニスト氏の指摘するとおり教育システムである「命の教育」の効果は偶然原因によるバラつきが低下したか否かで測られるもので、異常原因によるバラつきの突発を防げたかどうかで測ってはならない、というのが統計的な考え方になります。)

何が言いたいかと申しますと、日科技連のQCサークル指導士としては、コラムニスト氏の指摘は正しくQC的であり、「QC活動じゃない」という宣言はおそらくQCを誤解されているものから呼び起こされたものだろうと。

ということでその部分を除いて大筋のご主張には大変賛同するものです。
命の教育を見直すのではなく、犯行固有の原因を特定して再発防止をするのが正しいはずです。(2017/01/27 16:15)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「命の教育」はQC活動じゃない」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

QCでは「異常原因によるバラつきについては固有の原因を特定して対処する」「偶然原因によるバラつきについては固有の原因の特定は行わずシステム自体を改良してバラつきを抑える」という方針で臨みます。

この事件の場合、犯情の極端さからして「異常原因によるバラつき」(普通の子供でもやらかしそうな逸脱とはとてもいえない特異な事件)と言ってよいと思いますが、そういう場合QCではこの事件に特有の原因(異常原因)を求めてピンポイントで対策を打とうとします。(これはおそらくはコラムニスト氏の主張と同じだと思われます。)

対して「命の教育」は教育システムと考えられ、今回の異常なる不幸な事件を惹起した原因と考えるのはQC的に不合理です。したがってQCを理解している人間は、そこに原因を求めることはしない。読売新聞をはじめとするメディアは、つまりQCをよく知らない人のありがちな発想をしてしまい、世論をミスリードしたという解釈になります。(コラムニスト氏の指摘するとおり教育システムである「命の教育」の効果は偶然原因によるバラつきが低下したか否かで測られるもので、異常原因によるバラつきの突発を防げたかどうかで測ってはならない、というのが統計的な考え方になります。)

何が言いたいかと申しますと、日科技連のQCサークル指導士としては、コラムニスト氏の指摘は正しくQC的であり、「QC活動じゃない」という宣言はおそらくQCを誤解されているものから呼び起こされたものだろうと。

ということでその部分を除いて大筋のご主張には大変賛同するものです。
命の教育を見直すのではなく、犯行固有の原因を特定して再発防止をするのが正しいはずです。(2017/01/27 16:15)

けっこうネトウヨみたいなのにも読まれてるんだな(笑)オダジマに文句言っても分かり合えないぜ、おとなしくタモガミでも読んでなさいってこった。(2014/08/07)

今回、ほとんど全面的に同意と「なるほど!」で、あと、最後の一文の言い回しジョークにウケて吹き出してしまいました。信念っぽいことの後にジョークで締めて、オトナ!と思ったんですが、他の方のコメントを見るとウケるどころか怒っている方もいて、人の読み方というのは本当に様々なんだなあ…難しい…と思いました。それから、担当の方の一言も、今回また良いですね。ご苦労様です。お気持ち少し分かります。小田島さんも担当さんも、お体に気をつけてください。(2014/08/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長