• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アレは、世間によくある話

2014年9月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 朝日新聞が池上彰さんの連載コラムを掲載拒否したことを発端に起こった騒ぎは、2日ほどでなんとなく落着した。

 まだ決着はついていないと言う人もいるだろうし、収束させたくない人たちもいると思う。

 収束とか決着とかそういうことではなくて、問題になっているのは朝日新聞の体質なのだからして、この話は朝日新聞を廃刊に追い込むまでは終わらないのだ、とそういうふうに考えている方々もいるはずだ。

 私は、単純に、バカな話だと思っている。

 一見、この出来事は、表現の自由をめぐるやりとりであるかに見える。「言論封殺」に関連した重大事件であるようにも見える。

 まあ、部分的には表現の自由にかかわってもいるのだろうし、言論封殺と言えば言えるかもしれない。
 でも、私は、それ以前の問題だと考えている。

 つまりこれは、ジャーナリズムがどうしたとか、社会の木鐸がハチのアタマだとかいった話題である以上に、組織人の事なかれ主義と縄張り根性がもたらしたドタバタ劇で、つまるところある種の大企業病の一症状が、最もみっともないカタチで表に出てしまった事例だということだ。

 池上さんが担当していたのは、「新聞ななめ読み」というコラムだった。
 実は、私も、この4月から7月まで、毎日新聞紙上で、よく似た趣旨のコラムを連載していた。

 私が担当していたのは、「メディア時評」という100文字足らずの短いコーナーで、連載頻度は、月に一度、内容は、その月の新聞各紙(毎日新聞を含む)ならびに放送メディアについて、気がついたことを書くというものだった。

 執筆にあたって、毎日新聞の担当者からは、「テーマの選び方と内容は自由」「毎日新聞への批判もOK」と言われていた。実際にも、内容について新聞社の側から注文やクレームがついたことは無い。

 もっとも、事実関係や用語の使い方についてはその都度問い合わせや確認があったし、最終的に活字になるまでには、毎回、ゲラを戻したり電話で相談したりのやりとりが何回もあった。

 一般に、新聞社の校閲は、雑誌メディアのそれに比べて、細かいところにアカ(赤字、編集部による修正)を入れてくる。編集部の人間も、表現の細部に関与してくるケースが多い。私は、若い頃に新聞社と付き合うことが多かったので、その点では、ある程度慣れているのだが、新聞社独特のマナーとして、執筆者に対してルビの振り方や、カタカナ用語への注釈、表記基準の統一など、さまざまな点で、「うちのやり方でやってもらいます」的な「作法」を押し付けてくる気味があるのは事実だ。書き手によっては窮屈さを感じるかもしれない。

 とはいえ、新聞社の人間が、外部の執筆者の言論を枠にはめようとすることは、原則的には、あり得ない。

 というのも、そういうこと(他人の言論を制限すること)が、自らのクビを絞める態度である旨を、彼らは、本来は誰よりもよく知っているはずの人々だからだ。

コメント72件コメント/レビュー

何が不思議だと言って池上氏ほどのジャーナリストまでもが世論の尻馬に乗って朝日批判記事を書くのかというところがまったく腑に落ちなかった。他にいくらでも書くことはあるだろうに。朝日の批判はそういうのが大好きな人に任せておけばよかっただろうに。池上氏のイメージと今一つ合わないのだよな。本当に不思議だ。(2014/09/09)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「アレは、世間によくある話」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

何が不思議だと言って池上氏ほどのジャーナリストまでもが世論の尻馬に乗って朝日批判記事を書くのかというところがまったく腑に落ちなかった。他にいくらでも書くことはあるだろうに。朝日の批判はそういうのが大好きな人に任せておけばよかっただろうに。池上氏のイメージと今一つ合わないのだよな。本当に不思議だ。(2014/09/09)

大きな組織で仕事をした経験も少なく、サラリーマンであったことも少ない筆者が、(わかるはずもない)「サラリーマン」を馬鹿にした記事。サラリーマンはサラリーマンであるがゆえに、組織の意思に従って動く。上層部の意思や方針を忖度して動く。だからこそ組織は大きな力を持つということもある。したがって、この事象は、一サラリーマンの意思ではなく、組織の意思と見るべき。視野狭窄も組織としての視野狭窄だ。ツイッターで社を批判した記者は、サラリーマンでなく、もっと高級なジャーナリスト(笑)だということにしたいらしいが、それこそ幻想だ。彼らもサラリーマンに過ぎない。それも仕事としては下賎な部類の。サラリーマンにもプロフェッショナルは居る。下賎な仕事にもその仕事のプロは居るものだ。(2014/09/09)

筆者の分析、「自己保身に走った中間管理職が不掲載の処置を取った」 は、私もその通りであろうと推測しますが、その先の朝日新聞自体の問題に切り込んでいないのは残念です。少なくとも、、「何故、そのような自己保身の人物が不掲載が保身になると判断したのか? 組織の悪しきコンセンサスが基となってるのか?」とか、「何故、そのような自己保身の人物が不掲載の権限を持つポストに配置されたのか? それは組織の悪しき体質なのか?」 ぐらいは突っ込んで欲しかったのですが。(2014/09/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員