• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

安心していると安全に生きられない

2014年9月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 痛ましい事件が起きた。

 はじめにお断りしておくが、当欄では「神戸で小学校1年生の女の子が殺害された」という以上の細かい内容については触れない。

 私は、この種の事件について、踏み込んだり、分け入ったり、えぐり出したり、警鐘を鳴らしたり、再発の防止を訴えたり、「あなたのすぐそばにもほら」とか言って注意を促すタイプの報道を好まない。ついでに申せば、殺害の手法や、凶器の使い方や、遺体処理の手順や、遺棄に至る事情や、運搬方法や梱包のディテールについて、いちいちCGやら図面を使って、迫真の再現描写を展開する必要があるのかどうかについても、強い疑問を抱いている。

 もちろん、真相を究明することは大切なことだ。
 報道にたずさわる人間にとっては、犯行の詳細を知ることが、すべてに優先するミッションでもあるのだろう。

 とはいえ、取材して、究明して、真相を知ることと、その知り得た事実を読者なり視聴者なりに伝えることは別の次元の話で、後者については、もっと慎重であっても良いのではなかろうか。

 私は、この種の猟奇的な事件に対して、その衝撃に見合うエモーショナルな原稿を書くことがジャーナリズムの使命だとは思わないし、少なくとも、自分のやるべき仕事であるとはまるで考えない。

 というよりも、私は、このテの出来事が苦手なのだ。
 見出しの文字面を見ただけで胸が悪くなる。
 であるならば、目をそらしたい現実からは目をそむけるのがまともな人間だと考える考え方があっても良いはずだ。

 実際の話、捜査当局の関係者でもなければジャーナリズムの戦士でもない人間が、どうして、「真相」に迫り、「現実」に直面し、「リアル」な現場の空気に触れる必要があるというのだ? 寝覚めが悪くなるだけではないか。 

 佐世保の事件(15歳の少女が同級生を殺害した事件)の折り、「再発を防ぐために」という言葉が、それこそ合い言葉のように繰り返されていたことは、いまだ記憶に新しい。

 今回の事件についても、例によって、再発の防止、動機の解明、心の闇のなんたらといったお話が連呼されている。

 思うに、事件について報道している人たちが、外形的な事実を伝えたあとに、その種の建前を開陳したくなるのは、おそらく、彼ら自身が、自分たちの伝えている事件のむごたらしさに辟易しているからだ。
 ひどいニュースを伝えたあとには、せめて前向きな話でコーナーを締めくくりたくなる、と、そういうことなのだと思う。

 あるいは、もう少し意地の悪い見方をするなら、彼らは、自分たちの伝えている事件報道が、興味本位のパパラッチ暴露であり、数字狙いの出歯亀サイコホラーレポートであることを自覚しているわけで、だからこそ、記事の末尾に視聴者の覚醒を促す実践知識や、ハイブローな文明批評を付け加えてバランスを取りに行っているということなのかもしれない。

 容疑者が逮捕された翌日、朝日新聞は、『子ども連れ去り、昨年94件 狙われる下校時間帯』という記事を掲載した。

コメント55件コメント/レビュー

数年前、グーグルが中国の検索サーバーを香港に移転した際に、日本のマスコミは、グーグルが中国から撤退したという報道をした。しかしながら、未だに中国のサイトにはグーグルによる広告が多く表示されるし、何と言っても、中国でもスマホが普及し、その多くはアンドロイドだ。たまに規制されるが、Gメールだって使える。単に検索サービスだけが香港に移転しただけで、グーグルはしっかり中国で商売を続けている。しかしながら、日本のメディアはそういう視点での報道はしない。グーグルが中国から撤退している方が、グローバルスタンダードの中での中国の異常さや閉鎖性を伝えやすいからだろう。何か極端な言い回しの報道には、別の側面があると疑った方がいいだろう。(2014/09/28)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「安心していると安全に生きられない」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

数年前、グーグルが中国の検索サーバーを香港に移転した際に、日本のマスコミは、グーグルが中国から撤退したという報道をした。しかしながら、未だに中国のサイトにはグーグルによる広告が多く表示されるし、何と言っても、中国でもスマホが普及し、その多くはアンドロイドだ。たまに規制されるが、Gメールだって使える。単に検索サービスだけが香港に移転しただけで、グーグルはしっかり中国で商売を続けている。しかしながら、日本のメディアはそういう視点での報道はしない。グーグルが中国から撤退している方が、グローバルスタンダードの中での中国の異常さや閉鎖性を伝えやすいからだろう。何か極端な言い回しの報道には、別の側面があると疑った方がいいだろう。(2014/09/28)

欧州某国の首都中心部に住んでおります。日本からの観光と思しき方も多く見かけます。団体さんは言わずもがな、個人旅行と思われる方々も、一目でそれと分かります。大雑把な言い方ですが「緊張感がない」のです。良からぬことを考える連中からすると、そりゃターゲットにされちまうでしょう。在住者である私も、既に2度は携帯電話を盗まれ、2度は路上で引ったくられそうになったことがあります。「安心」と「油断」は別物です。緊張感の無さとはつまり油断に他なりません。油断出来ない環境のQOLは、もちろん低いと言わざるを得ませんが、緊張感さえあれば、犯罪の被害者にならずに済むとしたら、緊張感を装備することはムダではないと考えます。日本は安全なので、安心と油断の境界があいまいになっているところもあるかと思います。「一旦外に出れば7人の敵」という歴史的な言い回しもあるように、緊張感を携えて往来に出ることは、特段現代に限った箴言でもないと思われます。今般の事件が象徴する怖いところは、子どもという圧倒的な弱者に有無を言わさぬ凶悪犯罪が向かっていることでしょう。猟奇事件の発生率は、恐らく欧州の方が高いと思います。だからここいらでは、親による登下校の送り迎えが当たり前なのです。まだ、日本は平和で安全だと思います。そんなに悲観しなくて良いけど、日本人全般の緊張感の装備は、大人も含め、もしかしたらもっと意識されるべきかも知れません。(2014/09/28)

小田嶋氏のコラムは、そこそこの受け狙いがお上手なので、毎回最終ページしか読まない。そんなことよりも圧倒的なレコメントの質の低下がひどすぎる。レコメントは200字以内に制限してほしい。「一言」で表現できない稚拙なコメントは掲載しないでほしい。(2014/09/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長