• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

カネを上手に回すのが政治家の仕事だ

2014年10月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 古い話を蒸し返そうと思っている。
 小渕優子氏の経済産業相辞任についてだ。

 更迭に異議を唱えようとしているのではない。
 辞任は当然だ。

 これまでにも、よく似た経緯で職を追われた閣僚はたくさんいたわけだし、そのことを思えば、小渕さんだけが特別扱いにされるべきいわれはない。

 個人的な考えを述べるなら、この種の「脇の甘さ」(政治資金の処理や選挙の手法が杜撰だったりすることや、答弁での言葉の使い方が稚拙なこと)を理由に大臣のクビを獲りに行くタイプの報道や議会戦術が慣例化していることは、わが国の政治にとって、あまりプラスになっていないと思う。

 が、それは、今回の問題を考える上では、別の次元の話として、脇によけておかなければならない話題だ。
 ルールが設定されている以上、あるラインを超えた者が処分されるのは仕方のないことだ。

 ただ、「うちわ」にしても「ネギ」にしても、このたびの出来事の一連の経緯の、流れ作業じみたいきさつには、定例処理につきものの腐敗と思考停止が感じられる。

 ネギの代金をめぐる帳簿の不整合が、「政治とカネ」という常套句に回収される流れは、どうにもくだらないなりゆきだった。
 芝居のチケットを発端にはじまった疑惑が、「政治とカネ」というキーワードで告発され、問題視され、追及され、報道され、説明されたことについても同様だ。

 今回のケースで使われ、記録され、ごまかされ、あるいは無視された「カネ」のどの部分がどんな意味で辞任に値するスキャンダルであったのかについて詳しく解説する以前の段階で、本件は、「政治とカネ」というタグが付けられた瞬間に、自動的に事実上の「辞任事案」として扱われた。これが思考停止でなくてなんだというのだ?

 「政治とカネ」という言葉が使われる場所では、「政治」が悪でなくても、「カネ」が悪でなくても、その二つが同じ空間に併存すると「悪」が生成されることが前提になっている。まるで、「政治とカネ」という二つの言葉のセットが「カレーライスと便器」のような、あってはならない組み合わせであるといった調子で、だ。

 でもって、「政治とカネ」という言葉を使う人々は、まるで政治家がカネにかかわること自体が悪徳であるみたいな前提で議論を進めている。

 実際には、カネの回収と、カネの使い場所と、カネの分配が政治であり、カネに伴う人々の感情を調整し、カネによって事業を動かし、カネを通じて利害を調整し、カネの通り道を円滑にすることで国庫の運営を健全たらしめることが、政治家に課せられた最も大切な仕事であるにもかかわらず、だ。

コメント50件コメント/レビュー

なんというか…感化されやすい一般の人も多いのか、過激で短絡的な決めつけをする人が目立つ様になりましたよね。。一部の紋切り型の思考を再生産しているのは、テレビもネットもどっちもどっちな気がします。ということは、情報の受け手側の国民レベルが問題なのか。(2014/10/27)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「カネを上手に回すのが政治家の仕事だ」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なんというか…感化されやすい一般の人も多いのか、過激で短絡的な決めつけをする人が目立つ様になりましたよね。。一部の紋切り型の思考を再生産しているのは、テレビもネットもどっちもどっちな気がします。ということは、情報の受け手側の国民レベルが問題なのか。(2014/10/27)

「どうせネットではタダで提供しているしネットで読む人はメディアに金なんか払わない。ならば扇情的な見出しで釣って広告をクリックさせよう」というのがメディア側の真意ではないでしょうか。ビジネスモデルが変わると見出しも変わるのでしょう。「タダで提供」と言えば、爺婆受けしか考えなくなり老化が進む一方のテレビも大概なものですが。(2014/10/27)

もうね、Y中さんの巻末コメントがサイコー過ぎて…。政治とカネの問題に関してはまさにその通り。「政治家は国民の食いぶちをつくるのが仕事」とは“軍人”故 梶山静六の言葉。短期で国の財政を赤字にしても、研究や経済振興を促して長期的には税収の増加を図る事を企図してカネを回して欲しいもの(翻って“凡人”故 小渕恵三も「政治家は背骨を持て」‐共に日経日曜版『政治とことば』からの引用‐を心構えとして大切にしていたとのこと。その教えもあったのだろうか、発覚の最初から自責に帰す姿勢を見せたことは同時に辞めたもう一人の女性閣僚とは比較がなされ評価のわかれるところでしょう。まあ尤もそれも、狭い政界に限定した話でしょうが)。閣僚になる前のいわゆる『身体検査』以前に周囲や先輩議員(自民党で言えば派閥)の指南により政治とカネの問題に対する防衛策が発達しそうなものなのに、千年一日同じ事を繰り返しては本来の仕事が停滞しているように見える。それどころか先輩議員によるありがたい指南の賜物が野々村“フナッシー”のような議員ばかりなのだから恐れ入る。かくなる上は少なくとも国会議員の公設(第一第二)秘書には政治資金規制法や公職選挙法の知識を前提した資格を義務づけたような制度をつくる以外にはないような気がします。そしたら、ほら、名義借りで実態のない秘書が散見される状態よりは、仕事が増えるかもしれませんよ。(2014/10/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授