• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大学に行く理由

2014年10月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 数日前、ツイッター上に流れてきた一連の資料が、タイムラインの話題をさらった。
 内容は、このようなものだ。

 この中で、論者は、日本の大学を「Gの世界」(グローバル経済圏)に対応した「G型(グローバル型大学)大学」と、「Lの世界」(ローカル経済圏)に対応した「L型(ローカル型)大学」という二つのコースに分離させるプランを提示しているわけなのだが、特にツイッター上の人々の注目を引いたのは、7ページ目に出てくる図表だ。

 この図表は、「L型大学で学ぶべき内容(例)」として、以下のような実例を挙げている。

※文学・英文学部→「シェイクスピア、文学概論」→ではなく→「観光業で必要となる英語、地元の歴史・文化の名所説明力

※経済・経営学部→「マイケル・ポーター、戦略論」→ではなく→「簿記・会計、弥生会計ソフトの使い方」

※法学部→「憲法、刑法」→ではなく→「道路交通法、大型第二種免許・大型特殊第二免許の取得」

※工学部→「機械力学、流体力学」→ではなく→「TOYOTAで使われている最新鋭の工作機械の使い方」

 いかがだろうか。
 私は、一瞥して、アタマがくらくらした。

 大学に通う人間が、シェイクスピアや、憲法や、物理数学の基礎理論の講義をすっ飛ばして、観光英語の習得にはげみ、会計ソフトの使い方に血道をあげ、工作機械の操作法を身につけねばならないのだとすると、そのキャンパスでは、いったいどんな会話がかわされるものなのだろうか。

「おまえ2限のTOYOTAアセンブリーラインカンバンしぐさ心得、単位とれそうか?」
「てゆーかASAKUSAおもてなしイングリッシュ必須700カンバセーションがキツ過ぎてそれどころじゃない」
「それより、イケてるパワポプレゼンでクライアントもメロメロさ講座が〆切間近だぞ」 

 いや、このお話(L型大学の話)が出てきたのが新橋の居酒屋のカウンターで、熱をこめて語っているのが、そこいらへんの田舎コンサルのオヤジであったのなら、私とて、適当な相槌を打っておくにやぶさかではない。

 事実、

「学問なんてものは学者さんがやればいいことで、オレら市井の男たちには関係ないよな?」

 てなことを主張してる中小企業の管理職はヤマほどいるわけだし、正直な話をすれば、私自身、その彼らの主張にまったく理がないとも思っていない。

コメント108件コメント/レビュー

2014年11月5日の方が>L型とG型に分けているが、これらを優劣の議論として捉えるのではなくて、役割の議論なのだと理解すれば合理的だと思える。との発想を捉えるなら、私が2014年11月1日「私見、科学者と技術者との違いを今昔の学歴構成から観ると。」の感想で取り上げて、二人に一人は大学へ進学しても、大学に進学が出来なかった職業高校から普通進学校へ転向されて大学へ進学できなかった二人に一人が進学から落ちこぼれ高卒を、中高一貫の進学校のように、各高校と大学の専門学部を、G型の職業高校として高大一貫の(戦後当初の職業高校のように)、高大を統合すべきものと考えます。(2014/11/11)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「大学に行く理由」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

2014年11月5日の方が>L型とG型に分けているが、これらを優劣の議論として捉えるのではなくて、役割の議論なのだと理解すれば合理的だと思える。との発想を捉えるなら、私が2014年11月1日「私見、科学者と技術者との違いを今昔の学歴構成から観ると。」の感想で取り上げて、二人に一人は大学へ進学しても、大学に進学が出来なかった職業高校から普通進学校へ転向されて大学へ進学できなかった二人に一人が進学から落ちこぼれ高卒を、中高一貫の進学校のように、各高校と大学の専門学部を、G型の職業高校として高大一貫の(戦後当初の職業高校のように)、高大を統合すべきものと考えます。(2014/11/11)

このPDFですが、5ページ目までは納得が行く。特に、グローバル化、などともてはやされているGの部分が将来的に意外に伸びしろが無い、というのは重要な指摘だと思う。然しその先、GとLの図式を単純に大学教育に当てはめてしまったところが、この冨山という人のセンスの無さなんだな。実際には、Lの世界の課題の解決は高度なプロフェッショナリズムと創造力が要求されると思う。例えば「観光業で必要となる地元の歴史・文化の名所説明」は、本当にやるなら幅広い教養と想像力が必要で、英語なら海外体験や英文学の知識は大いに活かせるはず。ただTOEICの点数が高いだけでできる事では無いでしょう。あまり心配しなくても良いことだと思う。若者は伸びしろのある所を求めるから、今後GからLに人材が流れる可能性は大いにありそう。海外では、もうそういう事が起こっている国もあるし。(2014/11/08)

数年前まで国連機関の職員をしていたものです。「G型、L型」の区分で行くと国連機関職員は最エリートになるはずですが、全くそうはなっていません。役人でも、ベストの人材(将来の次官、「XX選手」と言われるような人達)は、まず霞ヶ関からは出ず(在外公館には出ます)、2、3流が国際機関に来ます。民間出身でも、エリート(大企業だと企画、総務ですね)は、まず、国際機関などには来ませんので、やはり2、3番手でやっています。今後、新たに海外へエリートが行ってくれるのであれば結構ですが、「人に貸すなら悪い方(いい人は自分用に取っておく)」的人事がまかり通っていますので、今後も厳しいのではないかと思います。(2014/11/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

我々は10年先を占うことはできませんが、仮説を立てることはできるはずです。

中埜 和英 ミツカンホールディングス会長