• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「乗るクルマの指図まで会社にされたくない!」

日産 GT-R 2014年モデル【開発者インタビュー編 02】

2014年11月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 頚椎のズレから来ているという上腕神経痛が酷く、いつまでたっても良くなりません。左の肩甲骨から腕にかけてピリピリと激しい痛みと痺れが出ます。夜に飛び起きてしまうほど激痛が走るときもある。医者から出されたリリカという神経痛の薬と消炎鎮痛剤の両方を、薬嫌いの私としては珍しく真面目に朝晩服用しているのですが、ハッキリ言って効果ゼロ。

しかし「神経痛」って響きはイヤですねぇ……

 ならばと鍼灸やら整体やらカイロやら、良いと言われている民間療法を片端から試しているのですが、こちらも「効いた」感じは一向にしない。気がつけば発症から2カ月が経過してしまいました。この間トレーニングは疎か、散歩すらしていません。一方で飲み食いは変わらぬペースで続けていますから、さぞかしデブになっていることでしょう。9月の頭には9.2%だった体脂肪率ですが、いったい今はどれくらいの数値になっているのか……。恐ろしくてとても測ることができません。何か良い治療法が有ればぜひお知らせ下さい。除霊とかソッチ系ではない方向でお願いします。

 2カ月も走っていないとさすがに身体がムズムズ痒くなって来る。
 まだとても走ることは出来ませんが、気持ちが萎えないよう、道具だけでもチェックしておきましょう。ミズノが原宿にNOHARAなるアンテナショップを開いたというので、見物がてら買い物に出かけてきました。

表参道を見下ろす瀟洒なマンションの2階にあります。

 ミズノの「NO」に、原宿の「HARA」でNOHARAと言うのだそうで、なんか身も蓋もないネーミングですが、最新のシューズやウェアが揃ったショップはもちろんのこと、軽食が取れるカフェがあり、シャワー完備のランステがあり、ヨガやティラピスが出来るスタジオまで併設されている。内容は非常に充実しています。朝7時から夜10時まで開いているから、代々木公園で走るときには最高でしょう。早速メンバー登録をしてきました。

 で、ここが凄いのはシューズのフィッティングです。専門のスタッフがジックリと話を聞いてくれて、歩き方や膝の屈伸を観察し、足型を測定し、正確なサイズを測って最適なシューズを選んで下さいます。今まではトレーニングと本番を同じシューズで走っていたのですが、それぞれ使い分けたほうが宜しいようで、今回はトレーニング用にクッション性に優れたシューズを選んで頂きました。

コンピューターによる画像診断。ひどい偏平足と自覚していたのですが、「いえいえ、ちゃんと土踏まずがありますよ」とのことでした。
サイズはやはりアナログで計測したほうが良いそうで。足が臭くて申し訳ないです。

 買い物を済ませ、NOHARAのカフェで食事をとり(ここのカレーはとても美味しい)、てくてくとNHKの前を抜けて渋谷へ移動しました。CAKESでお馴染みの◯◯氏が経営するBAR BOSSAで一杯。マスターのお人柄でしょうか、ここはいつも混んでいる。

 で、その帰り道。そういえば今日はハロウィンでした。

ミニスカポリスに囚人軍団。「写真良いですか」と聞くと、「撮って撮って!イェーイ」と。みなさま非常にオープンであります。

 昨今は何かしらイベントあると、ともかく渋谷に集まって乱痴気騒ぎをするのが流行りのようでありまして、センター街へ行くと文字通り身動きできぬほどの人混みです。

なんかもうメチャクチャです。しかしこれだけ若い衆が集まっているのに、喧嘩や揉め事などは一切見当たらず、宴は平和裏に進んでいます。昔は酔ったお調子ものが暴れて乱闘になったものです。
とはいえ渋谷駅前のスクランブル交差点は「平和」とは言い難い状態で、信号無視の歩行者集団にDQN車が突っ込んだりして、イイ感じに盛り上がっております。

 たくさんの警官が出て交通整理に当たりますが、こちらも昔のように「早くしろ、オラ!」とは決して言わず、「危ないですよー、早く渡ってくださぁい」とソフトムード。昔のお巡りさんはすぐに殴りましたからね。私は学生の頃地元で3人の警官に袋叩きにされてヒーコラ泣きを入れたことがあります。あの時は「一生警官には逆らわない」と心に決めたものです。平和な時代でした。今なら大問題になるよなぁ。

 で、こちらは別の日に開かれた、堀江貴文氏主催のぐっと平和なハロウィンBBQ。
 事務所の許可が得られず、モザイクだらけで申し分けありません。

 さてさて、長々とヨタを飛ばした所で本編へと参りましょう。
 新生GT-RのCPS(チーフ・プロダクト・スペシャリスト)、田村宏志さんのインタビュー続編です。

コメント9

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「乗るクルマの指図まで会社にされたくない!」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長