• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

秋深し、イジっても良しGT-R

日産 GT-R 2014年モデル【開発者インタビュー編 03】

2014年11月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
フェルディナント・ヤマグチでございます。
爽やかな月曜の朝。今日も明るく楽しくヨタから参りましょう。

 先日所用で横浜の日産グローバル本社に出かけたのですが、受付で大変興味深い映像が流れていたのでご紹介。

 当欄でもお馴染みの、田中径子駐ウルグアイ日本国大使を紹介するビデオでして、日産に入社当時の若き田中大使の秘蔵写真が公開されている。「あの頃は大使になることはおろか、海外留学や海外赴任さえ考えていませんでした」と。いや美人じゃないですかマジで。流行ってましたよね、こういう髪型、。当時の私の彼女もこんな感じでした。

初々しい田中大使。しかし大使に主任とか副主任があるとは知りませんでした。ビデオを流す前に誰もチェックはせんのかね。受付でこれはダサいよなぁ。早く直した方が良いスよ、上のテロップ(笑)。
私の経験上、これは間違いなく夜中まで元気に遊んでいた顔ですね(笑)。

 さて、話はガラリと変わりまして乳製品問題。半年以上前に生乳が不足し、チーズやバターの原料費が高騰しているとのニュースを読みましたが、まだ問題は解決されていなかったのですね。しかし。業界では脱脂粉乳のことを「脱粉」って言うんだ。これ「だっぷん」と読むのでしょうか。食べ物ですからね。何か他の呼び方を考えたほうが……。

地元駅に隣接する小田急OXの乳製品売り場。チーズは有りますがバターの在庫ゼロ。これはひどい。しかも説明ナシ。

 私はバターが大好きでして、パンでもイングリッシュマフィンでもカリッとトーストした上に5mm位ベッタリ塗って食べています。ふだんはカルピスのバターをまとめ買いして冷凍保存しているのですが、在庫が切れたので買いに来たらこのありさま。それでは、と隣りのスーパーに来たら、こちらにはこんな張り紙が。

お一人様一点限りと。しかも在庫ゼロ。往年のトイレットペーパー騒動のようです。店員さんに泣きつくと、「冷凍ならありますよ」とカルピスバターの冷凍モノを出してくれた。ありがたや。

 マーガリンはトランス脂肪酸が怖いし、そもそも味が好きではない。とはいえバター薄塗りのトーストなんざ味気なくて食べる気がしない。何でも牛乳の生産が最優先で、保存の効くバターの生産は後回しにされるのだとか。こんな状況でも生乳の買取価格は一向に上がらないらしい。酪農家は減少の一途を辿っています。どうもこの分野は“市場原理”が働かないようで。困ったものです。

 お次はこちら。斯界の重鎮、赤尾マーサ氏が新宿御苑近くに開いた会員制サロン「MANGEKYO」。ご存じの方も多いでしょう。2丁目で名店「ピッコラ・ピアッツア」を経営していた、あのマーサの新しいお店です。

ちょうどフライデー編集部の栗原くんと新宿で会食の約束が有ったので、食事の後、とことこ御苑まで歩いてオープニングレセプションに顔を出してきました。

 遅い時間に行ったのですが、店内は身動きできないほどの大混雑。さすがマーサ。少し落ち着いたらゆっくり食事に出掛けましょう。今度はフレンチと、何故か味噌おでんで勝負するそうです。楽しみ楽しみ。

 さてと。それではボチボチ本編へと参りますか。
新生ニッサンGT-RのCPS(チーフ・プロダクト・スペシャリスト)、田村宏志さんのインタビュー、最終回です。

コメント14件コメント/レビュー

ナニコノデキルムスコは(w 息子△(古いですね)レースゲームはグランツ苦手、ナ◯コ系大好きな私にはとても眩しく、自分の下手さ加減を思い知らされるコラムでした。GT-R(若しくは男の子のクルマ)は弄ってナンボ。そういう時代の末期の世代かもしれません、私。でも、そんなチューンド文化に対して、ある種の筋を通したクルマにしたのが無印GT-Rだと思ってたのですが。その為にあの価格なのだと思っていました。次期GT-Rに色々な意味で期待しておきましょう。(2014/11/20)

オススメ情報

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「秋深し、イジっても良しGT-R」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ナニコノデキルムスコは(w 息子△(古いですね)レースゲームはグランツ苦手、ナ◯コ系大好きな私にはとても眩しく、自分の下手さ加減を思い知らされるコラムでした。GT-R(若しくは男の子のクルマ)は弄ってナンボ。そういう時代の末期の世代かもしれません、私。でも、そんなチューンド文化に対して、ある種の筋を通したクルマにしたのが無印GT-Rだと思ってたのですが。その為にあの価格なのだと思っていました。次期GT-Rに色々な意味で期待しておきましょう。(2014/11/20)

> Yさん…恐れ入りました。まさに「英才教育」。このような「育成」をされたら、免許を取る頃には「マトモ(失礼)なドライバー」になっている事でしょう。自分は北海道在住なので、先日自分と家内の自家用車を冬タイヤへ交換しました。小学5年生の娘が、春の約束どおり「ジャッキ操作+トルクレンチ係」でサンデーメカデビューを果たしました。「タイヤ交換楽しい」らしいので、今後も育成に励もうと思います。お互いに「未来のクルマ文化担い手育成」に頑張りましょう。(2014/11/19)

本文中のマイトさんやフジノさんの「あぁ…このバカ…」のような合いの手や心のうちは、フェルさんが直接書いてくるのか、お二人が後から本当に入れているのかは、さておいて、お二人の「後ネタ」も実に楽しく読んでいます。今回は「後ネタ」の息子さんの「試乗インプレッション」が一番印象的になっちゃいました。将来侮れないライターになるかもです。(2014/11/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

宇宙にゴミを出し続けていては、宇宙産業のビッグバンも、月旅行も、火星移住も実現できない。

新谷 美保子 TMI総合法律事務所弁護士