• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

さらば、沈黙の俳優

2014年11月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 俳優の高倉健さんが11月10日に亡くなっていたことが発表された。
 死因は悪性リンパ腫。83歳だった。

 私自身は、高倉健さん(以下敬称略)について、特別な思い入れを抱いている人間ではない。
 同世代の男の多くが、この人のかなり熱心なファンであったことを思えば、むしろ冷淡な組だったと言っても良い。

 それでも、40歳を過ぎた頃から、この人の演技(というよりも、演じている役柄に対してかもしれない)に、共感を抱くようになった。
 その「共感」については、あとで詳しく説明する。
 とにかく、ひとことでは説明しにくいタイプの俳優だった。

 映画は私の弱点だ。
 演技も苦手分野だ。
 大学に入って間もない頃、まわりにいた映画通の毒気にあてられて、
「オレは映画なんか見ない」
 と、変な決意を固めて以来、映画とは縁の遠い人生を送って、ここまで来てしまった。

 バカな意地を張ったものだと思う。
 わがことながら、自分のケツメドの小ささにあきれている。後悔もしている。

 なので、これから先の余生は、未見の名作を山ほど持っていることを財産と考えることにして、せいぜいブルーレイなどを集めてみようかと思っている。

 話を戻す。

 若い頃は、正直な話、高倉健という人の存在を、うとましく思っていた。
 もう少し具体的に言うと、高倉健演じるところの「黙って耐える男」の重苦しさが、どうにも苦手だったのだ。

 理由は、私自身が、黙ることや耐えることの大嫌いな若者だったからだ。

 以下に述べることは、バカな若いヤツが昔考えていたことだと思って、ぜひ大目に見ながら聞いてほしいのだが、私は、黙っている男は要するにアタマが悪いのだと思っていた。
 耐える男についても、単に意気地が無いのだろうと考えていた。
 うん。
 実にバカな見方だ。
 でも、仕方がないのだ。

 不当に高い自尊心を抱きながら、その自尊心に見合う確固たる自信を持てずにいる若い男は、その種の偏見で自分を支えるほかに生きて行く術を見い出すことができなかったわけで、あいつもあれで悪気があったわけではないのだ。ゆるしてやってくれ。 

 いつだったか、映画通の知り合いと話をしていて、

「日本の俳優が外国の俳優に比べて演技力の上で見劣りがするのはどうしてだろう」

 という話題が持ち上がったことがある。
 その時に、わたしたちは、二つの暫定的な結論を得た。
 ひとつは

「そもそもわれわれ市井の日本人が、普段から感情表現の希薄な能面人格である以上、俳優さんの演技も《おさえた演技》に着地せざるを得ないのではないか」

 という分析で、もうひとつが

「高倉健のせいだ」

 という臆断だった。

コメント57件コメント/レビュー

安倍首相の祖父が安保改正に猛反対する学生たちを無視している間に、アメリカの束縛と庇護の下で日本は豊かになり、高倉健の映画を見に映画館に行ける、余裕のある庶民が増えました。日本の映画も漫画も、日本語を使う人口が1億そこそこだったにも関わらず日本が映画や音楽の市場として成立し続けられたのは、日本人のほとんどが、普通にご飯が食べられて、残りのお金でコンテンツを買える程度には豊かだったからだと思います。私はそういう日本社会の継続を望むものです。映画や小説や漫画や、小田嶋氏のコラムのない社会など望みません。コンテンツ作る人間がマイノリティーであったり、左翼的であったり、反社会的な側面を持っていたり、ある程度当然の側面だとは思いますが、保守側が簡単に彼らに迎合しない社会だからこそ、私たちの生きる糧があるのです。また、中国・韓国との関係が悪化したのは民主党政権下です。安倍首相は韓国で嫌われていますが、彼が表立ってあの国を批判したことは、少なくとも第2期の政権では一度もありません。アベノミクスはいちおう成功。しかし、消費税増税(同情的に見れば野田元首相と解散の条件として約束させられた事項ではあるが)は失敗。日本の大多数がきちんと豊かになっていくために選ぶべき政党はどこなのか。小田嶋氏のコラムは楽しみながらも、そういったさまざまな事実をきちんと踏まえて、選挙に挑んでほしいと思います。(2014/11/24)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「さらば、沈黙の俳優」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

安倍首相の祖父が安保改正に猛反対する学生たちを無視している間に、アメリカの束縛と庇護の下で日本は豊かになり、高倉健の映画を見に映画館に行ける、余裕のある庶民が増えました。日本の映画も漫画も、日本語を使う人口が1億そこそこだったにも関わらず日本が映画や音楽の市場として成立し続けられたのは、日本人のほとんどが、普通にご飯が食べられて、残りのお金でコンテンツを買える程度には豊かだったからだと思います。私はそういう日本社会の継続を望むものです。映画や小説や漫画や、小田嶋氏のコラムのない社会など望みません。コンテンツ作る人間がマイノリティーであったり、左翼的であったり、反社会的な側面を持っていたり、ある程度当然の側面だとは思いますが、保守側が簡単に彼らに迎合しない社会だからこそ、私たちの生きる糧があるのです。また、中国・韓国との関係が悪化したのは民主党政権下です。安倍首相は韓国で嫌われていますが、彼が表立ってあの国を批判したことは、少なくとも第2期の政権では一度もありません。アベノミクスはいちおう成功。しかし、消費税増税(同情的に見れば野田元首相と解散の条件として約束させられた事項ではあるが)は失敗。日本の大多数がきちんと豊かになっていくために選ぶべき政党はどこなのか。小田嶋氏のコラムは楽しみながらも、そういったさまざまな事実をきちんと踏まえて、選挙に挑んでほしいと思います。(2014/11/24)

小田嶋さん。耐えるサムライのダンディズムが嫌いだって、言ってませんでしたか?(2014/11/24)

はじめの2~3ページを読む間、ずっと高倉健に関する記述から、逆説としての安部晋三をも頭の中で想起し、二つの映像を比べながら読み進めていた。何と、4ページ目に入ると、モロに安部晋三との対比表が出てくるではありませんか。珍しく、著者と100%波長が重なった実感を得ました。それにしてもあの安部声の聞きづらさ!平成高ピッチ軽薄調と名付けたい。(2014/11/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長