• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

緊急速報!GT-R水野和敏氏が台湾自動車メーカーに!

【番外編】水野和敏氏インタビュー・前編

2014年12月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本日14時より、あの日産GT-Rを世に送り出した水野和敏氏が、新会社発足の記者会見を行います。

 今回、当「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」では、特別に、本当に特別に、会見開始前にその背景をお伝えいたします。これはどこかの新聞が始終カマしている所謂“トバシ”ではなく、ご本人に直接インタビューした正真正銘のスクープ記事であります。

 とはいえ、ここで全てをお伝えできる訳では有りません。

 今のタイミングでお話しできるのは、「水野さんが台湾の自動車メーカーに行く」ということと、そして「その会社が日本に開発拠点を設け、水野さんがトップに就任する」ということだけです。残念ながら、今のタイミングで具体的な社名をお伝えすることは出来ません。

 そりゃそうですよね。この件は本日午後2時~4時で記者発表が予定されており、素人の私がスクープを飛ばした日には、本職の記者の方々の面目は丸潰……いやまあともかくですね、朝の段階で、全てをお話しすることは出来ないのです。

午後4時に続編をアップいたします

 ですから今回の緊急速報は変則二段構えでお送りします。いま現在みなさまがご覧になっているこの稿では、水野さんがどのような思いで台湾メーカーに入り指揮を執られるか、その発想の背景を。そして記者会見が終わった本日午後4時以降では、具体的な社名とそこで水野さんが何をやるかをお知らせします。4時以降で、もう一本新しい原稿が上がることになります。

 そちらの方もどうかお楽しみに。

 しかし何とも予想外の展開となりました。

 水野さんはいつも人の期待を思わぬ形で裏切る方なのですが、今回もそうでした。

 それでは早速参りましょう。水野さんのオッカケを自認する不肖フェルディナント、渾身のスクープです。

 とくとご覧あれ!

*   *   *

水野和敏(みずの・かずとし)1952年1月長野県生まれ。1972年国立長野工業高等専門学校卒業後、日産自動車入社。シャシー設計部配属。サニー、シルビア等を開発。1976年 4月から名古屋市日産サニー愛知に販売出向。日産復帰後、高級車向けターボエンジンなどの開発、ブルーバード、サニーFF化の新規プラットフォーム計画と開発、さらにP10(初代プリメーラ)、R32スカイライン等の新規車両パッケージの提案と開発に携わる。1989年12月よりNISMOに出向、R90CP~R92CP、NP35等のグループCレースでチーム監督兼開発責任者兼レーストラックチーフエンジニアとして活動。国内耐久メーカー選手権3年連続チャンピオン獲得、92年デイトナ24時間レース総合優勝獲得(92年は参戦全レース全勝)、90年ル・マン24時間レース5位入賞と日産自動車のレース活動に黄金期をもたらす。93年1月より日産に復帰、V35型スカイライン、Z33型フェアレディZ 、ステージア、FX35&45等の車両開発責任者(CVE)を歴任後、日産ゴーン社長の特命を受けR35GT-Rを世に送り出す。2013年3月末、日産自動車を退社。近著に『バカになれ! カリスマ・エンジニア「ゼロからの発想術」』(←リンク先公開は12日午前7:30より)。

F:しかし本当に驚きました。まさか水野さんが台湾の会社に入られるとは。勉強不足で申し訳ありませんが、そもそも台湾にオリジナルの自動車メーカーが有ったことさえ知りませんでした。ノックダウン生産の会社くらいは有るのかと思っていましたが。

:頼むよ。それくらい知っていてよ。もちろんノックダウンの会社もあるけれど、台湾には年間7万台生産のオリジナルのメーカーだってちゃんと有る。俺はそこの開発の最高責任者になる訳。実はここだけの話…正直な話俺も今回の話で初めて知ったのだけど…(笑)。

F:これはつまり、日本にもその会社の開発部隊ができて、そこのトップになる、ということですね。

:違う違う。何でそんな小さいことを言うの。全部です、これから俺が、その会社全部の開発を見るの。

F:ええっ…。先行研究だけじゃなくて、ラインナップ全てを見るわけですか!

コメント26

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「緊急速報!GT-R水野和敏氏が台湾自動車メーカーに!」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長