• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

水野氏、台湾「LUXGEN」の開発責任者に

【番外編】水野和敏氏インタビュー・後編

2014年12月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 何しろ緊急速報でございます。本日upの2本ばかりはヨタ無しでお送りします。
 全国のヨタ話ファンのみなさま。誠に申し訳ありません。

 さてさて、4時になりenbargoも開けましたので、水野さんの“台湾の就職先”詳細をお知らせしましょう。

 水野さんが新しく入る会社は、「HAITEC」という技術開発の会社です。

 HAITECはHua-chuang Automobile Information Technical Centerの略で、漢字で書くと「華創車電技術中心」となります。

 複数の自動車メーカーを傘下に持つ「裕隆企業集団」の一員で、設立されたのは2005年。比較的新しい会社です。ちなみに裕隆は日本語風に発音すると「ユーロン」となります。

水野氏、副社長に就任

 この裕隆企業集団は、裕隆汽車、中国自動車、東風裕隆汽車、広州風神モーターなど複数のメーカーを抱えています。この中の裕隆汽車は日産のパートナー企業で、日産のクルマのノックダウン生産を行っています。

 裕隆の源流は繊維産業で、自動車を作り始めたのは1953年のことです。「繊維からクルマ」という点では、トヨタと同じです。それから徐々に事業領域を拡大し、現在は繊維やクルマだけに留まらず、建設からハイテク、更には金融業と、実に131もの企業を抱える一大コングロマリットを形成しています。

 クルマの製造に関しては、長らく日産や三菱のノックダウン生産を続けていたのですが、2008年から独自ブランドを展開しています。それがLUXGEN(ラクスジェン)です。

 HAITECは、このLUXGENブランドの開発を専門に行うエンジニアリング会社です。

 開発、と言ってもその範囲は非常に広く、エンジン、車体、足回りの開発、設計から、車両の実験まで、およそクルマ作りに関わる全ての業務を担っています。水野さんはそのHAITECの上級副社長に就任されたのです。いえ日本ブランチではなく、本体の副社長。

 日本には「華創日本株式会社」という現地法人を立ち上げていますが、水野さんはこちらの代表取締役にも同時に就任しています。

 先に「台湾の就職先」と書きましたが、その立場は台湾メーカーの開発会社の上級副社長、そして日本法人の代表取締役です。就職と言えば就職なのですが、半導体メーカーの人がパクった図面を土産に台湾企業に“就職”するのとはワケが違います。そういえばこの前も某T社のエンジニアの方が逮捕されましたね。国を売るような真似は大概にしてもらいたいものです。図面をパクった結果、手前がパクられたのでは洒落にもなりません。

 さて、このLUXGENですが、実は水野さんが入る前から結構イケてるクルマを作っておりまして、高級SUVの LUXGEN U7 Turbo なんて実にカッコ良い。これからこれらのクルマは、水野さんの精神注入棒でバシバシ鍛え上げられていくわけです。どのようなクルマに育っていくのか、とても楽しみです。水野さんはこれから日台両方の会社の面倒を見る必要がありますから、当面は両方の国を激しく往復する生活になりそうです。お疲れ様です。

 さてさて、それでは前編でお話しできなかったキモの部分をお伝えしましょう。

 水野劇場・ワールドプレミアの後編をお楽しみ下さい。

(前編はこちら

水野和敏(みずの・かずとし)

1952年1月長野県生まれ。1972年国立長野工業高等専門学校卒業後、日産自動車入社。シャシー設計部配属。サニー、シルビア等を開発。1976年 4月から名古屋市日産サニー愛知に販売出向。日産復帰後、高級車向けターボエンジンなどの開発、ブルーバード、サニーFF化の新規プラットフォーム計画と開発、さらにP10(初代プリメーラ)、R32スカイライン等の新規車両パッケージの提案と開発に携わる。1989年12月よりNISMOに出向、R90CP~R92CP、NP35等のグループCレースでチーム監督兼開発責任者兼レーストラックチーフエンジニアとして活動。国内耐久メーカー選手権3年連続チャンピオン獲得、92年デイトナ24時間レース総合優勝獲得(92年は参戦全レース全勝)、90年ル・マン24時間レース5位入賞と日産自動車のレース活動に黄金期をもたらす。93年1月より日産に復帰、V35型スカイライン、Z33型フェアレディZ 、ステージア、FX35&45等の車両開発責任者(CVE)を歴任後、日産ゴーン社長の特命を受けR35GT-Rを世に送り出す。2013年3月末、日産自動車を退社。近著に『バカになれ! カリスマ・エンジニア「ゼロからの発想術」』。

コメント14件コメント/レビュー

冒頭"enbargo"と書かれていますが、"embargo"です。Yさん、頑張って下さい♪(2014/12/17)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「水野氏、台湾「LUXGEN」の開発責任者に」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

冒頭"enbargo"と書かれていますが、"embargo"です。Yさん、頑張って下さい♪(2014/12/17)

いまどき、まだカンバン方式の信奉者がいるんですなあ……。ナゴヤ方面のかたでしょうか?(2014/12/17)

クルマ業界のことは良く分かりませんが、エレクトロニクス分野と違って経験やノウハウの厚みがモノを言う世界、だからこそ中国でも市場拡大にもかかわらず中国メーカーが低迷する状況ではないかと思います。移籍先が水野氏の力量を発揮できる企業足りうるのか、また、事業を統括する立場も失礼ながら名プレーヤー必ずしも名監督ならずとならないか、結果に注目したいと思います。(2014/12/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長