• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

トヨタの“トラック野郎”度胸一番星

第265回 トヨタ ランドクルーザー70【開発者編・その3】

2014年12月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 申し訳ございません。2週連続のディレイ掲載であります。
 いやいや、読者諸兄と火曜日レギュラー陣のみなさまの怒りはごもっとも。
 しかしですね、今回はちょっと事情がありましてですね、単なるサボりやナマケではないのです(ということはつまり前回のディレイは単なるナマケだったということになりますが……)。

 先週は“GT-R水野さん”が台湾のHAITEC社(華創車電技術中心)の上級副社長就任という衝撃のニュースがございまして、不肖フェルが渾身のスクープを投げさせて頂いたのです(こちらこちら)。

 関連記事をイッキに2本も上げたものですから、それはもう私も担当のマイトのY氏も精魂尽き果てグッタリしてしまいまして、とても次の記事を連続して仕上げることが出来なかったのです。デイタイムは普通に会社に行っている訳ですし、夜はこの時期忘年会も多うございまして……。でももう大丈夫。来週以降はキチンと〆切厳守、月曜upを堅持して行く所存であります。

 さて、それでは今回も恒例のヨタから参りましょう。

 まずはこちら。ランズエンドなど複数の外資系企業のトップを歴任された浅香衣世さんが主催する”あさか倶楽部”で、モリモトの柏木二郎氏主催の楽しいお食事会。当日はチーズ騎士を招聘し、価格.com田中実社長が米国出張の際に大人買いして来られたワインを持ち込み、それはそれはゴーカな会となりました。

いやあ楽しゅうございました。マリアージュって言うんですか。ワインとチーズも男女同様に組み合わせが大事でござんすな。

 あさか倶楽部のミッションは、“体脂肪率30%以下、BMI22を目標とし、「10年後のより美しい体」をおとなの女性に提案する”ことだそうです。主宰の浅香衣世さんは、料理教室の経営に留まらず、千葉に畑を持ち、無農薬の野菜作りまでしているカッコだけではない“本気”の方。厳しい外資の世界を渡り歩いてきただけのことはあり、やることが徹底しています。“みつよ”じゃなくて“きぬよ”さんです。その辺お間違えなきよう。

当日はそのまま田中社長行き付けのBARに流れまして、この日は遅くまで大盛り上がりでございました。ういー。飲んだー。

 食の話が続きます。12月の初めは上海蟹がオス・メスの両方を楽しめる時期でありまして今年も食べて参りました。

最近は“偽装上海蟹”も多いらしく、このように個別に厳重に封印されています。まあでもこの封を偽装しちゃえばそれまでなんですけどね。

 しかし蟹でデートはいけません。身をほじくるのに集中してしまい、会話になりません。

 で、こちらは2012年ロンドンオリンピックのボクシング日本代表、須佐勝明選手。

 Tarzanの陸自レンジャー挑戦企画でお世話になって以来、交誼を頂いています。

 彼は東洋大のボクシング部から、自衛隊体育学校に入りオリンピックに出場しました。

こうして見るとごくフツーの優しいお兄さんに見えますが、何しろボクシングのオリンピアンですからね。暴れるとヤバいです。

 取材の時にパンチングミットを受けさせて頂いたのですが、一発一発がミシミシと背骨に響き、なるほど一流のパンチは凄まじいものだと感嘆したものです。饅頭みたいな16オンスのグローブをミットで受けてあれだけの衝撃なのですから、素手で顔を殴られた日には即死です。格闘技ほど素人と玄人の差が出るものは無いと言いますが、本当にそう思います。

 話は引退後のボクシング選手の生活に及びました。野球、サッカー、柔道、とスポーツの世界に共通する問題ですが。ボクシングの世界でもやはり現役引退後の「第2の人生」に迷う選手は多いらしい。須佐さんは自衛隊に入隊して幹部候補生としての道を歩んでいますから、ある意味“安泰”と言えますが、アマチュアだけでなく、プロで結構なランクに行った人でも、引退後に職を転々として定まらないパターンが少なくない。マイナーなスポーツだと、メダルを取った後の生活が儘ならない人も居るくらいです。

 引退後の就業を組織だって支援する仕組みも必要でしょう。

 「選手の強化」は引退後の生活も含めて考えないといけません。

 最後にこちら。作家の岩井志麻子さんから「こんばんおひま?ゴールデン街“1日ママ”をやるから遊びに来てね♥」と連絡を頂いたので顔を出してきました。

ちょうどアウディ広報の小島さん、フォトグラファーの望月名人とプチ忘年会の日だったので、お二人も誘ってゴールデン街へ。グーゼンにもダイヤモンド社の土江さんがいらしていました。この方とは本当にいつも妙な所で会う。

 演劇論を戦わせて殴り合いをするような文化人も今は昔。この辺もすっかり健全になり、カメラを下げた外国人観光客の姿を多く見かけるようになりました。料金安いしヤクザもいないしね。

 さてさて、それでは本編へと参りましょう。

 “地球最後の日”まで残るクルマ、トヨタのランドクルーザー70の開発を担当されているトヨタ自動車製品企画本部 チーフエンジニア小鑓貞嘉(こやり さだよし)さんのインタビュー、最終回です。

コメント22

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「トヨタの“トラック野郎”度胸一番星」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長