• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

女性にとっての母親元型

夢をみる(21)

2014年12月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

男性と女性にとって母親の位置

 さて前回は男性にとってのアニマの役割を考えながら、とくにアニマのうちの母親元型の重要性について考えてきました。この母親元型というものは、すべての人間にとって重要な意味をもつものです。ほとんどすべての人が母親から生まれ、ほとんどすべての人が母親に育てられてきたからです。

 ですから母親元型が重要であるのは、男性だけにとってではありません。女性にとっても重要な意味をもつのは当然です。しかし男性と女性では、母親の位置が異なるのは明らかです。フロイトのエディプス・コンプレックスの理論から考えるならば、男性にとって母親はまず、愛する女性であるのですが、女性にとって母親は、愛する女性であると同時に、愛する父親の愛する人物として、憎むべき女性でもあるからです。

 男性はエディプス・コンプレックスを克服することで、母親でない女性を愛することを学び、父親になる可能性を手にするのですが、女性はエディプス・コンプレックスを克服することで、父親でない男性を愛することを学び、母親になる可能性を手にするのです。ただし問題なのは、男性にとっては母親はかつて愛した女性であるたけですが、女性にとっては母親は、かつて愛し、あるいは憎んだ女性であるだけではなく、自分がそうである女性あるいはそうなる女性でもあるということです。女性は母親コンプレックスを克服する課題を負うと同時に、やがて母親になることを学ばねばならないのです。

女性の夢の実例

 この女性にとっての母親のもつ両義的な地位を示す興味深い夢を調べてみましょう。ある分析者のところを訪れた二八歳の女性の夢です。彼女は大学を卒業して就職しましたが、これは自分のやるべき仕事ではないと思いつづけていたそうです。そのうちに同郷の男性と出会い、結婚し、会社も辞めて家事に専念していました。子供も生まれ、どこか違和感を感じながら育児に追われていました。

 子供が二歳になったころから鬱状態になり、苦しみながら心理学の書物などを調べて、精神分析に興味をもったそうです。その女性が分析を依頼して分析者を訪問してきた頃に見た初回夢に相当する短い夢が、次のような夢でした。

 「私は冷蔵庫の中のものをどんどん捨てている。そばに夫が立っていて、いいのかと聞く。私はいいんだといって、なおも捨てていく。そばに子ども(三歳の長女)が大声を出して泣いている」[1]

コメント0

「中山元の哲学カフェ」のバックナンバー

一覧

「女性にとっての母親元型」の著者

中山 元

中山 元(なかやま・げん)

哲学者、翻訳家。

1949年生まれ。東京大学教養学部教養学科中退。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手