• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

選挙事務所の向こうに甲子園が見える

2014年12月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 総選挙は与党の圧勝に終わった……という、選挙後に全マスコミが異口同音に繰り返しているこの言い方に、私は、この数日来、釈然としない気持ちを抱いている。

 たしかに、自民党と公明党の議席数を合算すれば、衆議院の総議席数の3分の2を上回るわけだから、これは「圧勝」と呼ぶほかにどうしようもないのかもしれない。

 が、別の見方をすれば、自民党の議席は291と、改選前から4つ減っている。
 ということは、「現状維持」だったというものの言い方も成立するはずなのだ。

 結局のところ、そもそも「圧勝」の状態から仕切り直しをした選挙戦が、戦う前と同じ「圧勝」の状態を維持する結果に落着したわけで、そういう意味では、「圧勝」も「現状維持」も、ともに表現として間違いではないといったあたりが、とりあえず、穏当な落とし所なのかもしれない。

 ただ、各メディアが今回の選挙結果を「圧勝」と評価し、安倍政権が「信任を得た」と報じている背景には、選挙前に安倍首相ご本人が、

「自公で過半数を割り込んだら辞任する」

 という言い方を通じて設定した「過半数」という不当に低い勝敗ラインを、報道各社が、事実上、丸呑みにしてしまったという事情がある。

 なんというのか、私の目には、大手メディアならびに有識者の皆さんが

「過半数が勝敗ラインなら、3分の2は圧勝だよね」

 という心理的詐術に、自らひっかかりに行っているように見えるのだ。

 つまり、有識者ならびにメディアはバカだ、と?
 まあ、そう申し上げてもかまわないのだが、ここでは別の見方をしておく。

 私が思うのは、メディア企業の社員や、テレビや新聞を通じて自分の見解を述べるコメンテーターや評論家には、誇り高い人物が多いということだ。

 彼らは、みっともないものの言い方をすることを嫌う。
 なんというのか、自分の考えていることを思っている通りに語るよりも、カッコ悪いものの言い方をしないことを重視しているように見えるのだ。

 3分の2の議席を確保した与党の圧勝に水を差す言説は、視聴者の側から観察していると、負け惜しみに聞こえる。あるいは、言いがかりをつけているように見える。

 専門家であればあるほど、そういう子供っぽいものの言い方は避けようとする。だから、彼らは、「圧勝」という言葉を使うことで、結果に対して素直な潔い自分を演出しにかかる……と、この言い方自体がひどく負け惜しみっぽく響いていることが否定しがたい事実であることはともかく、私はそう思っている。

 選挙前に「大義なき解散」という言い方で安倍さんの決断を批判していた人たちも、与党圧勝の結果をつきつけられると、意気地なく黙ってしまっている。

 どうして黙っているのだろうか。
 実際には、戦後最低の投票率に終わった今回の選挙戦の低調さは、彼らの言う「大義なき解散」という主張を裏付ける結果だったわけで、そう思えば、選挙後にもう一度、選挙前の話を蒸し返して、解散の是非を問う声をあげても良かったはずだ。

コメント50件コメント/レビュー

「日本」って書いたら共産党票に集計って、どんなブラックジョークだよ?同日投票の県知事選の投票率より、国政選挙の投票率のほうが低いなんておかしいだろ?史上最低の投票率、一番胡散臭いのはそれだ!(2014/12/19)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「選挙事務所の向こうに甲子園が見える」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「日本」って書いたら共産党票に集計って、どんなブラックジョークだよ?同日投票の県知事選の投票率より、国政選挙の投票率のほうが低いなんておかしいだろ?史上最低の投票率、一番胡散臭いのはそれだ!(2014/12/19)

お説ごもっとも。私も日本の政治が先進諸国並みになるためには選挙が変わらなければと考えるものの一人です。その時の一番の課題は、選挙活動の自由化ということです。日本の公職選挙法は、選挙民を愚民と決めつけた形で、最小限の選挙活動しか認めていません。今どきの先進諸国で戸別訪問を選挙違反としている国はありません。候補者の政治姿勢を最も確実に伝える方法を禁じているわけです。その一方で何の効果もない文書違反に血道になっている。ネット選挙についても、及び腰で、まったくばかげています。もう一つ提案したいのは、選挙が成立する最低投票率を設定すべきということです。どんな社会集団の意思決定、議決においてもその成立のためには、過半数の意思表示がなければ成立しません。にもかかわらず、地方選挙においては、投票率30%台でも成立させています、これを改め50%以上の投票率を選挙の成立要件とすれば、それが選挙管理委員会の責任となり改善が図れるのではないかと考えています。(2014/12/19)

一々激しく同意です。ただし選挙運動は大嫌いでも投票は嫌いではありません。強いて言えば投票期間を投票券配布から30日とし、期日前投票に行くのに一々理由を記載しないという条件でですが。ついでに投票を棄権した場合の重い罰則(例えば住民税を次の選挙まで3倍にするとか)もあるとなお良い。今回の選挙程バカバカしい選挙は見たことがない。ぶっちゃけ安倍が任期をあと4年伸ばしたい、消費税増やアベノミクス以外の事(集団的自衛権等など)をさも信任されたかのように扱いたいだけだと思っています。最高裁判所裁判官の国民審査があるのだから総理大臣の国民審査も同時に行えば良い。◯か☓かで過半数割れしたら失職でよい。勿論選挙後の公約を前もって全て公表することが必要だが。今回の姑息な選挙で信任を得た、選挙に来なかった人間は自公に入れたと見なす等の愚行があれば徹底的に弾劾すべきだろう。何故なら最初に書かれた様に経済や増税延期を選挙の争点にしたようなフリをして実際は任期の延長を狙っただけの選挙なのだから姑息と言うしか無い。これが集団的自衛権の容認、海外派兵の容認の様な争点だったら恐らく過半数割れしていただろう。せめて沖縄の辺野古基地を争点にしてくれれば興味深い結果になったかも知れない。選挙運動は昭和の悪習を引きずっていて嫌いだ。せめて選挙カーは禁止はしてほしい。代わりにネットでの政見放送や演説、政党間の論戦などをどんどんやって欲しい。無意味なネット縛りは全て開放でお願いしたい。有権者たる我々が候補者が何を主張したいのか候補者の口から聞く機会が無いのだ。しかも生で見ることすら大変だからだ。もっとスマートにできないものか。甲子園になぞらえるのも分かる。選挙も甲子園だけ時間が停まっている様な錯覚を覚えるのと一緒かも知れない。(2014/12/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長