• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

もはや失われた時を求めて

千早町編・その3

2015年1月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

次々と蘇る連載初期の話題。もはや7年間の総括? の様相を呈してきた千早町編。岡さんのどん底時代から大企業管理職までを過ごしてきたこの町で見えてきたのは、「二度と返らない」ものたちとの対話でした。

前回、岡さんが幼少時代から大学を経て就職をした後まで過ごした千早町は、なんと通った高校・大学がある小石川と早稲田につながっていた、ということが発見されました。

小田嶋:その千早町の中で、岡の人生はめまぐるしく変わっていったでしょう。引っ越しだらけで。

東京の都心部は激しく変貌していますが、周縁部は意外と昔のままです。

ここで時間軸を整理したいのですが、幼少期にご両親に連れられて千早町に住み、前回でたずねた本屋さんの裏の路地で過ごしたのが、何歳までですか?

:あそこには小3までいて、そこから中2までは府中に住むんです。で、中2でまた千早町に戻ってきて、その時は「T島マンション」という、千早中学の裏にあったマンションに住みました。その後、マンションから結構大きな家に引っ越して、親父も一旗揚げたか、と思っていたら、大学1年の時に破産したんですね。

人生の起伏が千早町エリアの中で展開して。

:倒産した直後は、千川通りの裏にある、4畳半もいかないほどの、3畳ほどの部屋に1人で転がり込んだ。あれ、今、思えば、人が住める状況にはなかったですね。

それが、この対談シリーズでもたびたび登場する第二天神荘ですか。

あまりにかわいそうだから

:それは、「共に栄える」と書く共栄荘。天井をネズミが走る抜けるような部屋で、まさにネズミと共に栄える荘だったんだけど、倒産した時に住んでいた家の真向かいに、T島さんという天神荘の大家さんがいて、僕の窮状を見かねて、「そんなところにいるんだったらうちの天神荘においで。家賃は孫を見てくれたらいらないよ。お米は食えるだけ食っていいよ」と、声をかけてくれたんですね。

漫画みたい。

小田嶋:そうか、第二天神荘にはそういうストーリーがあったんだ。

:あったのよ。共栄荘は小田嶋も来てないでしょう? 

小田嶋:共栄荘は知らなかったね。『ラット・イン・マイ・キッチン』という有名なブルースがあって、「俺の気持ちを分かってくれるのは、俺と一緒に住んでいるキッチンのネズミさ」みたいな歌詞なんだけど、その世界だね。

:これは人にも言えないような暮らしだった。

コメント1

「人生の諸問題」のバックナンバー

一覧

「もはや失われた時を求めて」の著者

岡 康道

岡 康道(おか・やすみち)

クリエイティブ・ディレクター

1956年生まれ。佐賀県嬉野市出身。80年早稲田大学法学部卒。同年、電通に営業として入社。85年にクリエーティブ局へ異動。99年7月クリエーティブエージェンシー「TUGBOAT」を設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

清野 由美

清野 由美(きよの・ゆみ)

ジャーナリスト

1960年生まれ。82年東京女子大学卒業後、草思社編集部勤務、英国留学を経て、トレンド情報誌創刊に参加。「世界を股にかけた地を這う取材」の経験を積み、91年にフリーランスに転じる。2017年、慶應義塾大学SDM研究科修士課程修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員