• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ユーモアの大半はクズである

2015年1月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あけましておめでとうございます。
 新年第1回目の更新分は、インフルエンザのためお休みをいただきました。

 無理のきかない年齢になってまいりました。いろいろなことがあります。
 待ち焦がれた読者を想定して休載を詫びてみせるのも、かえって傲慢な感じがいたしますので、なんとなくぬるーっとはじめることにいたしましょう。

 フランスでこの7日から連続して起きたテロ事件は、17人の死者を出す惨事になった。
 1週間を経てあらためて振り返ってみると、この事件が、これまでにない多様な問題を投げかける出来事だったことがわかる。
 表現の自由と宗教の尊厳の問題、宗教への冒涜とヘイトスピーチの関係、テロ警備と市民生活、多文化主義と移民の問題など、数え上げればきりがない。

 どれもこれも簡単に結論の出せる問題ではない。
 それ以前に、半端な知識や安易な態度で踏み込んではいけない話題なのかもしれない。
 なので、事件の核心部分については意気地無く黙ることにする。

 ここでは、「ユーモア」の話をする。
 あえてユーモアを主題に持ってきたのは、14日の朝日新聞に載った

《「犯人はユーモア失っていた」 仏紙風刺漫画家が会見》こちら

 という記事にとても考えさせられたからだ。

 会見の中で、風刺漫画家のラウド・ルジエさん(43)は、ユーモアについて以下のように語っている。

《最後に、報道陣から「この絵を描いたことで心配はないか」と質問が出ると、「ユーモアの知性を信じている。犯人はユーモアを失っていただけだ」と言い切った。》

 正直な話をすると、私は、ルジエ氏が何を言いたいのか、何を言っているのか、まったく了解できない。

 犯人がシャルリ・エブドのユーモアを理解しなかった点については、ルジエ氏が指摘している通りなのだと思う。

 でも、だとしても、ユーモアについての理解の有無とテロリズムは別の次元の話だ。
 新聞出版に携わっている人間であれば、どうしてこの程度のことがわからないのだろうか。

コメント117

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「ユーモアの大半はクズである」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者