• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

乗ってビックリ玉手箱、遅れてきたフォードの刺客

第277回 2015JAIA試乗会編・その3

2015年3月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 怒涛の週2ペースで入稿しておりますが、ヨタはちゃんと書きます。

 一部で関係悪化が囁かれている担当編集マイトのY氏と私でありますが、まったく根も葉もないデマでございまして、互いを敬い互いを尊重し合い、盤石の信頼関係であります。

 それはもう本当に仲が良くて、よく飲みにも行きますし、どちらかが女性であればデキているのではないかと疑われるくらいの関係です。でももしマイトのYが女だったら……うーむ。やっぱりデキることは無いかな。

日経BP社の某偉い方にお招き頂いての懇親会。業務上差し支えがあるということで、偉い方にもモザイクをかけています。写真を撮る時もケータイでお仕事の指示を出されています。ご多忙中恐縮です。

 無論タダ飯ほど怖いものはございませんで……

① 〆切破るんじゃねぇよ
② あれこれワガママ言うんじゃねぇよ
③ 誤字脱字が多過ぎるんだよバーカ

 とまあ要約すると以上のようなことを優しい大人の言葉でキッチリ諭されました。
 生まれてスミマセン。

 当日はマイトのYから「どこかフェルさんの好きな店を選んどいて下さい」と言われたので、迷わず先日訪れたばかりのデリリウムカフェを予約いたしました。ここのベルギービールは本当にハマります。

「何かオススメを」とお願いすると、次々と魅力的なビールを出してくれます。ここはある程度の人数で訪れたほうが良い。そうすれば、よりたくさんの種類のビールを試せます。

 当日はお小言だけでなく、多くの建設的な話もできました。
 「新しいチャレンジをバンバンやりましょう」と有り難いお話を頂いたので、イベントや、「走りながら」以外の短期連載などをガンガン仕掛けて行く所存であります。乞うご期待! あ、入稿の時間も守ります。守るつもりです。守れたらいいかな……。

 こちらは下北沢で定例の“クルマ関係男飲み”。

左から金子達仁氏、渡辺敏史氏、私、立石史博氏。

 今回は日本酒の美味しい蔵蔵というお店に行きました。ここはとても良かったな。立石さんナイスチョイスでした。

金子氏の2歳になるご長男は、どんなに大泣きしていてもディスカバリーチャンネルのクルマ番組を見せればピタリと泣き止む程のクルマ好きなのだそうです。若者のクルマ離れが叫ばれる昨今、将来有望であります。このまま英才教育を続けて頂きたく存じます。ご自身で乗りたいクルマを、「ボク、あれに乗りたい!」と子供に言わせて買っちゃうのもテかと思います。

 蔵蔵はとてもいい店でしたが、シメになる炭水化物メニューがありません。
 私は最後に何かカーボ系を投入しないと翌朝動けなくなる体質です。
 散々飲み食いした後ですが、シメのラーメンへと向かいました。

シメは高校の頃から通っている「珉亭」へ。久しぶりに来ましたが、まったく変わっていないので安心しました。

 珉亭は「世界で3番目にうまい」を標榜しています。
 1番はオフクロの味、2番はおやじのスネの味。そして3番が珉亭のソバの味、という訳です。

ここへ来たらやはりコレでしょう。名物江戸っ子ラーメンと赤いチャーハン。この後更に餃子とレバニラも追加されました。11時過ぎからコレをやっちゃいかんよなぁ……。

 さて、お腹も一杯になったので、ボチボチ本編へと参りましょう。

 JAIAイッキ乗り第3弾です。

(第1弾はこちら、第2弾はこちら

コメント17件コメント/レビュー

私もこの軽快な、肩に力の入っていない文体がフェルさん本来の持ち味だと思っていますよ。良いじゃないですか。私自身は重度のマツダバカですので、もちろん一連のマツダ地獄連載も楽しみに読ませていただきました。ところで、1回目の連載から欠かさず読んでいるファンの一人としては、「親密交際されている女性」をとっかえひっかえ隣に載せた試乗記も好きだったんだけどなあ(笑)最近お見かけしませんが、またどうですか?賛否両論、諸事情おありのこととは推察しますけども(苦笑)(2015/03/13)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「乗ってビックリ玉手箱、遅れてきたフォードの刺客」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私もこの軽快な、肩に力の入っていない文体がフェルさん本来の持ち味だと思っていますよ。良いじゃないですか。私自身は重度のマツダバカですので、もちろん一連のマツダ地獄連載も楽しみに読ませていただきました。ところで、1回目の連載から欠かさず読んでいるファンの一人としては、「親密交際されている女性」をとっかえひっかえ隣に載せた試乗記も好きだったんだけどなあ(笑)最近お見かけしませんが、またどうですか?賛否両論、諸事情おありのこととは推察しますけども(苦笑)(2015/03/13)

試乗インプレは、直前の試乗車に左右される・・・まさにその通り。読後インプレも直前の記事に影響を受けてるようで、イッキ乗りの内容がつまらないだの、切れが云々、逆に面白いという諸説が飛び交っておりますが、なにしろ料理の素材が違いますからね。それをヨタを飛ばしながら、会社勤めの間に週2で原稿入れてるんですから、誤字や推古不足ぐらい仕方ないんじゃないかなぁ。こっちもタダで暇つぶしさせてもらってるだけだし、のめり込むように読むのか、電車の中で斜め読みするのか、読者も色々だしねぇ。まぁ私も昔から「女の好み」には一貫性はなく、軽い時はいくらでも軽く、重い時にはいくらでも重く「オツキアイ」できましたら、私もかな~りいい加減な読者ではありますね。軽くてちょうどいい記事ですね。ところで、ジャガーのオープンカーってどっかにかかれてました?(2015/03/11)

最近、ヨタ話飛ばしリンクがなくなったのは残念です。すごく便利だったのに・・・。あれ、復活させてください。少ない昼休み時間を活用して読んでいるので、本題に一刻も早くジャンプさせてください。よろしくお願いします。(2015/03/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長