• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

これが日本で一番売れたクルマだ

第279回 ダイハツ タント【試乗編】

2015年4月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 神奈川県のボーダーに近い場所をクルマで走っていたときのこと。
 信号待ちで止まったときに何気なく左を向くと、DVD買取店の看板が目に入りました。
 そこにはデカデカと「WELLCOME」の文字が。
 Lは一個で良いんですね。まさか米米CLUBのDVD専門店という訳でもないでしょうし。

やっちまったかー。WELLCOMEだけでなく、よく見ると他にも間違いがあります。

 さらに下の取扱商品欄を見ると、あらららら。スペルミスやらヘンテコ英語やらがドカンと書かれています。「MAGAGINE」は「MAGAZINE」と書くのが正しい。GではなくZです。大人のオモチャを英語表記したいのであれば「ADULT HOBBY」はおかしい。「ADULT TOYS」か「SEX TOYS」と書くべきです。オーナーさんも看板屋さんも気付かなかったのでしょうか……。しかしたった1枚の看板で3箇所も間違いがあるのには、もしかしたら何か特別なメッセージが込められているのかも知れません。

 こちらはベニヤ板に手書きのお手製看板。連休前には楽天本社も移転してくる、新興山の手マダムの社交場である二子玉川の100円パーキングで見つけたものです。

「告 小便するな ゴミをすてるな!このバカ者!」「この中にペットボトル カン等をおくな!小便 ××をするな! バカ者へ いまにつかまへて、警察に…(以下判読不可)」

 「つかまへて」と旧仮名使いをするあたり、ご年配の方なのでしょうか、地主さんの怒りがヒシヒシと伝わってきます。今でこそシャレオツな街に生まれ変わりましたが、私が中学生のころの二子玉川は結構ヤバい所でした。今で言うレディース系の怖いお姉さんが普通に制服でタバコをふかしながら歩いていたりして、タマタカとのギャップがシュールだなぁと中坊ながらに思ったものです。しかし駐車場で野××を垂れていく人がいるとは……。犬じゃないんですから。

 ところは変わりまして、こちら品川は港南口の極上焼肉。横浜マラソンお疲れ様会であります。

左から私。私の担当からサッサとフケて今や日経BP社の稼ぎ頭、日経トップリーダー編集長の伊藤氏。本職の自動車評論家河口まなぶ氏。そして日産広報の若井未来嬢。

 第1回目の横浜マラソン。4人とも無事に完走して、気持よく乾杯することができました。そうそう。若井嬢は彼氏募集中です。我こそはという方は日産広報までお問い合わせ下さい。優しくて男らしくて自分よりスポーツが出来る人が良いそうです。ゼータク言ってんじゃね……もとい。いい人が見つかると良いですね♥

 そしてこちらは先週三田にオープンしたばかりのイタリア料理屋、Terrattoria effe。リストランテよりも気軽な料理屋を意味するトラットリアは本来「TRATTORIA」と書くのですが、この店は敢えて「Terrattoria」と表記しています。「地球」とか「大地」を表すTERRAとTRATTORIAを掛けたのですな。先の中古DVD店のようなスペルミスではありません。

 店名が表すように、大地の恵みを大切にした、それはそれは素敵なテラットリアでありました。

 オーナーシェフの福田智一氏はホノルルで1番の呼び声も高い伝説のイタリアン、ベルニーニのシェフでした。昨年夏休みに遊びに行った際、(店ではなく個人宅でしたが)彼の焼いた肉を食べて感嘆したものでした。

オーナーシェフの福田智一氏とソムリエの奥様麻美さん。腕利きシェフと目利きのソムリエ夫婦の盤石の布陣。ジャイアント馬場とジャンボ鶴田のような最強タッグであります。
食事も素晴らしいが食後のデザートもまた素晴らしい。手前は葉巻を模したチョコレートの焼き菓子で、先端の灰の部分はフロストシュガーがまぶしてあります。そして左奥のグラスの中には本当の葉巻の煙が封入されていて、薄い皮膜をトントンと叩くと、中から芳しい煙が上がってくる。ははは。これは楽しい。アイデア賞です。

 私はすっかりハマってしまい、帰りがけに次回の予約を入れてきました。
 これだけ凝っていて価格はリーズナブル。ここは流行るでしょう。

 さてさて、それでは本編へと参りましょう。
 大変長らくお待たせいたしました。
 超久しぶりの通常運転。乗用車のインプレッションです。

コメント34

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「これが日本で一番売れたクルマだ」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員