• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なぜボトルキャップでなければならないのか

2015年4月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界の子どもにワクチンを届ける目的でペットボトルのキャップを集めている団体があるのだそうだ。名前を「エコキャップ推進協会」という。で、その横浜市に本拠を置くNPO法人が、キャップの売却益を、2013年以降、ワクチンとの交換でなく、別の使途に充てていたことが発覚して、ちょっとした騒ぎになっている。

 寄付目的で集めていた善意(あるいは労力)の結晶を、掲げていた看板とは違う目的のために流用していたわけだから、これは「裏切り」と言えば「裏切り」ではある。
 大勢の人の小さな善意が裏切られたわけだから、怒る人がいるのは当然だ。

 が、最初に個人的な見解を述べておくと、私は、大勢の人々の小さな善意や、それを眺めている人間の憤りには興味がない。
 どうでも良いと思っている。

 ニュースを知って、私が興味を持ったのは、「そもそもどうしてペットボトルのキャップなんかを集めようとしたのか」という点についてだ。

 だって、あまりにも不可解ではないか。
 雲をつかむような話だ。

 この話(大勢の人間が、ペットボトルのキャップを集めることで善意を表現しようとしていたこと)のもたらす薄気味の悪さは、震災以来、私がどうしても拭えずにいる「絆」という流行語のきもちの悪さと、深いところでつながっている。

 今回は、この話をする。
 私たちはどうして瑣末なものを集めて善意の城壁を築こうとするのだろうか。

 慈善なら慈善で、もっと効率の良い方法があったはずだ。
 単純な話、お金を集めるのが一番手っ取り早い。
 現金は、多様な経路を通じて簡単に集めることができる最も優秀な慈善ツールだ。配送にも集積にも一切手間がかからない。なにより、すべてが明朗になる。

 出資元も寄付先も明瞭なら、その金額や集金の経路についても一点の曇りなく透明化できる。
 しかも、寄付を送る者と、受け取る者の間に、余計な人員が要らない。

 引き比べて、ブツを媒介した寄付では、あらゆる段階でいちいち個別的な作業が発生する。
 まして相手はペットボトルのキャップだ。
 すなわち基本は「ゴミ」だ。
 当然のことながら、カサ(物理量)のわりに経済価値が低い。
 ということはつまり、それを扱う作業は、賽の河原の石積みに似た過程に帰着する。

 たとえばの話、100平米の倉庫に山積みにしたペットボトルのキャップが最終的に何十万円かになるのだとして、価格がどうであれ、カサのあるものは積んでおくだけで倉庫代がかさむことになっている。たぶん半年も経たずに、ブツの価値より高い倉庫代を支払うことになる。

 運べば輸送費がかかるし、選別や集積にもいちいち労力が要る。
 これが現金の100万円だったら、どこに積んでおいても倉庫負担はゼロだし、配送にも集計にもまったくコストが発生しない。

 なのにどうしてわざわざキャップなんかを集めるのだろうか。
 答えを考える前に、よく似た事例を検討してみよう。

コメント106件コメント/レビュー

切れ味の良い記事に釣られたコメントが大漁ですな。
気の利いたコメントの数も多いので世の中捨てたもんじゃない。
ペットボトルはキャップを緩めて収集コンテナに出しています。
ベルマークはたまに切り取って収集の時に「少しだけですみません」と言える程度にとどめています。(2016/04/18 12:12)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「なぜボトルキャップでなければならないのか」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

切れ味の良い記事に釣られたコメントが大漁ですな。
気の利いたコメントの数も多いので世の中捨てたもんじゃない。
ペットボトルはキャップを緩めて収集コンテナに出しています。
ベルマークはたまに切り取って収集の時に「少しだけですみません」と言える程度にとどめています。(2016/04/18 12:12)

この手の善意が基になった活動は批判しにくいです。だって不特定多数の人々の善意だからね。それを敢て真正面から切って捨てる小田嶋さんのやり方が気に入っています。同じようなこと感じててもなかなか言い出せないって人、多いでしょ。全てに賛同する訳ではないが、私は今回のコラムを読んでスッキリした部分があります。(2015/04/21)

米国の著名な博物館のエントランスに平べったいじょうご状の円盤があり、コインを転がすと長時間回転してやがて下のガラス張りの箱に落ちる。施設を維持するための寄付行為になっている。膨大な量のコインに混じって札も入っている。小さな穴をものともせず寄付をする人もいる。インチキNPOや倉庫業者を儲けさせない知恵だ。(2015/04/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授