• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「打倒NーBOX!」意地を賭けたそっくりさんとの戦い

第281回 ダイハツ タント【開発者編・その2】

2015年4月23日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。生まれてスミマセン。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 2週連続の掲載遅延をやらかしてしまい、深く反省する日々を過ごしております。

 反省はしているのですが、アクチャルが伴わない所がB型牡牛座の困った所でございまして、今週もまたご覧の通り遅れてしまいました。そうよ私は牡牛座の男。

 こうなればもう月曜掲載はスッパリ諦めて、「不定期連載」とか「希望小売り掲載日」とか表記したほうが良いのでは無いかと思う昨今であります。

 とまれ、最終的には必ず帳尻を合わせ、週イチペースは死守する所存でございます。

 今後とも本欄に変わらぬご支援を頂けますよう、伏してお願い申し上げます。

 今週もいろいろなことがありました。先般お送りした輸入車イッキ乗りの記事、ご記憶でしょうか。別の回のあとがきでADフジノ氏がちらりと触れて居られましたが、今年は日本自動車輸入組合(JAIA)50周年の節目の年であります。JAIAと言われましても、みなさまピンと来ないでしょう。私も“年に1回まとめてガイシャに試乗させてくれる親切な団体”くらいの認識しか有りませんでした。JAROってなんじゃろ、じゃありませんが、JAIAってなんじゃいな、であります。

 で、目出度いJAIA50周年を盛り上げるために、いっちょメデタイ奴でも呼びますか……となったのかどうか、詳しい経緯は分かりませんが、JAIA50周年スペシャルサイトに、不肖フェルがインタビュアーとして登場し、各インポーターの社長を訪ねて回るという大役を仰せ付かることと相成りました。しかしJAIAさん、いい度胸してはりますなぁ。私の記事を読んだことが無いのでしょうか。どうなっても知りまへんでホンマ。

 目出度いJAIA50周年の、メデタイ第1回インタビューはJAIA理事長の庄司茂氏であります。はい、あの独自の「ワークライフバランス論」を展開されたフォルクスワーゲングループ ジャパンのモーレツ社長、庄司さんです。楽しみですね。

JAIA理事長であるフォルクスワーゲングループ ジャパン社長の庄司さん。私が真面目に質問をしているのに、なぜかワハハと大笑いされておられます。

 当日はJAIA理事長としての庄司さんと、VGJ社長としての庄司さんの二本立てでお話を伺いました。どちらも例の「庄司節」が炸裂いたしまして、そりゃもう大変な盛り上がりでありました。話を伺うのは私ですが、記事化するのは安心・安全・安定のADフジノ氏です。なるほど。さすがJAIA、ちゃんと安全弁は設けているのですね。サイトに記事が載るときにはまた改めてお知らせしましょう。

未だエンバーゴ期間中ではありますが、特別にお許しいただいた1枚がこちら。夏に売り出すVWの新車であります。プレス技術の高さを物語る、エンジンフードに切り立った見事なエッジラインをご覧ください。実はこのクルマには「本邦初搭載」の実に興味深いアレが装着されておりまして……。これもぜひ試乗したいなぁ。まあその前に期日通りに記事を書けって話なのですが……。

 マラソンシーズンが終わり、ぼちぼちトライアスロンの準備をしなければいけないのですが、なぜか一向に気合が入りません。弛み切った体に喝を入れるため、久々にALAPAのチーム練に参加して参りました。

オリャーと喝を入れて下さっているのは、何とオリンピアンのロードレーサー宮澤崇史選手です! ありがたや。

 宮澤選手は国内タイトルを総ナメにし、北京オリンピックに出場し、フランス、イタリアでも活躍された我が国が誇る自転車プロロードレーサーです。昨年惜しまれつつ引退され、現在は医療を中心とする講演活動を行っておられます。

 自転車の選手がなぜ医療を? 彼は2001年の現役時代に、お母様に肝臓の一部を生体移植で提供されているのですね。肝臓を提供してトップを張り続けた選手の例は、他のスポーツを含め世界的に見ても極めて稀なことです。いい刺激になりました。

当日はなんと自分のバイクのサドルを忘れるという失態を演じまして、あろうことかオリンピアンのバイクを拝借することと相成りました。最近忘れ物が酷いです。ミョウガばかり食べているからでしょうか……。それにしてもハイエースってデカイですね。何しろロードを横向きに積めるのですから。

 そうそう。久しぶりにホイチョイの馬場康夫さんとご一緒しました。4年ぶりくらいでしょうか。最新の飲食店事情をたっぷりと伺いました。なるほどあそこはアレでしたか……。ご紹介いただいた店は、順次回って行きたいと思います。

右の奥から2番目が馬場さんです。しかしなんとまあ色気のない宴席ですこと。

 名著『新・東京いい店やれる店』はアプリ化され、毎週3店の新しい店を紹介しています。おー! これは良い。IT化の波はエロ業界……ではなくデート業界にも押し寄せております。

 遅れた上にダラダラとヨタを飛ばしやがって! とお怒りの貴兄。
 大変長らくお待たせいたしました。
 いよいよ本編が始まります。タントの開発エンジニアインタビュー続編です。

コメント35

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「打倒NーBOX!」意地を賭けたそっくりさんとの戦い」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手