• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

温和な談話で緩和はいかが

2015年4月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この夏に発表されることになっている「戦後70年談話」(または「安倍談話」)について、はやくも様々な方面から、その内容に関する憶測がささやかれている。

 この騒ぎは、安倍晋三首相が、今週はじめに出演した民放の番組の中で、戦後50年の「村山談話」などにある「植民地支配と侵略」「心からのおわび」などの文言を使うかどうかを尋ねられて、「同じことを入れるのであれば談話を出す必要はない」と答えたことを受けたものだ(ソースはこちら)。

 番組を見ていたわけではないのだが、記事を一読して、驚愕した。
「同じことを入れるのであれば談話を出す必要はない」
 という首相の回答は、別の言い方で言い直すと、

「談話を出すのは、これまでとは違うメッセージを発信するためだ」

 という意思を表明したものだ。
 これは、どうにも物騒な宣言に聞こえる。
 もっとも首相の言葉を、ただちに

「歴史を書き換える決意」

 と断ずるのは、早計だろう。
 前提として、安倍さんは、「村山談話」「小泉談話」を継承すると言っている。
 とすれば、全体としての談話の主旨が、歴史修正主義に着地するようなことは起こらないはずだ。
 
 とはいえ、

「植民地支配と侵略への反省とそれらへの謝罪の意思を、全体として引き継ぐと言っている以上、あえて《心からのおわび》や《植民地支配と侵略への反省》を、具体的な言葉として談話の中に盛り込む必要はない」

 という意思表明は、外交に関わる人間のマナーとして、異様ではある。

 もう一度記事を引用する。
 安倍さんは、

《前略―― 村山談話や戦後60年の「小泉談話」について、「(同じものを出すなら)名前だけ書き換えればいいだけの話になる」とした上で、「(村山、小泉両談話の)基本的な考え方を継いでいくということはもう申し上げている」と言及。「引き継いでいくと言っている以上、これをもう一度書く必要はないだろうと思う」と強調した。――後略》

 としている。
 これはいったい何を言いたいのだろうか。
 正直な話、私には、皆目見当がつかない。

コメント85件コメント/レビュー

先日の村上春樹氏もそうですが、日本が中国や韓国に謝罪し続けるべきと主張する人って、何故自分が率先して実行しないのですかね。いつも「日本政府は」とか「首相は」となるんですよね。一部のサヨクさん達は態々韓国まで言って、日本政府は謝罪しろとかアピールしてますが、まず自分が土下座して泣いて詫びるのが先でしょう。結局自分を高みに置いて政権批判しているだけだから発言に全く当事者意識が感じられないし、政府に文句が言えれば第2次大戦でも原発でも何でもいいのでしょう。いくら意見の違う人たちをネトウヨとかレッテル貼りしても、もう国民の共感はよぶことは無いでしょう。(2015/04/26)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「温和な談話で緩和はいかが」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

先日の村上春樹氏もそうですが、日本が中国や韓国に謝罪し続けるべきと主張する人って、何故自分が率先して実行しないのですかね。いつも「日本政府は」とか「首相は」となるんですよね。一部のサヨクさん達は態々韓国まで言って、日本政府は謝罪しろとかアピールしてますが、まず自分が土下座して泣いて詫びるのが先でしょう。結局自分を高みに置いて政権批判しているだけだから発言に全く当事者意識が感じられないし、政府に文句が言えれば第2次大戦でも原発でも何でもいいのでしょう。いくら意見の違う人たちをネトウヨとかレッテル貼りしても、もう国民の共感はよぶことは無いでしょう。(2015/04/26)

あの戦争に負けたことが悔しくてしょうがない少年兵=安倍が、解釈改憲のようなせこいことをせずに、本音を談話で述べて、世界に恥をさらしたほうがよいでしょう。でないとまたアメリカのポチといわれますね。(2015/04/25)

「戦後70年の間に一般的になっている歴史認識」とは、多くの国民の意に反してマスコミが勝手に一般化した、過度に自虐的な歴史認識です。日本が中国や東南アジア諸国を侵略したのは事実なので、謝る必要はありますが、既に何度も謝ってきました。多くの東南アジア諸国は、「そのことを日本が忘れない限り、いつまでも謝ってもうらう必要はないよ」と言ってくれているのではないでしょうか。一方で、独裁政権の歴史的正統性を維持したいがために、あるいは、華夷秩序の下で日本人よりも優れているはずだという民族意識を満足させたいがために、日本人は未来永劫(少なくとも1000年間は?)謝罪し続けろと言うお隣の国々に対して簡単に乗せられてきた国内の風潮には不満があります。それを安倍総理が、多少なりとも常識的な方向へと転換してくれるなら、私は総理を支持します。(2015/04/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

時間をかけて、そばに置いて付き合わないと、本当に好きなのかどうかは分からない。

中尾 浩治 テルモ元会長