• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

GT-Rの水野さん、台湾で“アイドル”に?!

第284回 LUXGEN U6 TURBO ECO HYPERを現地試乗【前】

2015年5月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今年も恒例のホノルルトライアスロンに出場して参りました。

Team ALAPAのメンバーと。

 毎度同じ言い訳をしていますが、今回も徹底的に準備不足、練習不足であります。
 直前になって今更ジタバタしても始まらないのですが、最後の足掻きとしてローカルのプールに行ってきました。ワイキキからクルマで15分。森に囲まれた50メートルの美しいプールが無料で開放されています。ともかくアメリカはこうした公共施設が素晴らしい。

 ご覧下さいこの美しいプール。1年の3分の1をハワイで過ごす本田直之氏に連れてきてもらいました。普通に旅行していても、こんな所はまず見つけられないもんなぁ。

 で、その本田氏とはちょいと面白いことを仕込み中です。年内にはお披露目できるかと。

ホノルル某所の海を見下ろす素敵な本田宅。ここに来るといつも新しい“気付き”が得られます。今回もいくつか。エバーノートドロップボックスと、それからブックスキャンですね。なるほど。世の中にはいろんなサービスがあるもんです。これで少しは入稿が早くなるかも。

 大会結果は2時間28分26秒。ギリで2時間半を切れたので、練習不足の割にはまずまずの成績でした。これからセントレア、サンポート高松、宮崎シーガイアと大会が続きます。あまり時間が有りませんが、今度こそちゃんと練習します。

ゴール前のラン。この写真はALAPAのチームメートでフォトグラファーの尾崎誠氏が撮ってくれたもの。やはりプロの写真はヌケが違います。
大会会場では娘の同級生のご両親、いわゆるパパトモ繋がりの岡田夫妻に邂逅しました。奥様の江都子さんは、何と女子リレーの部で3位に入賞されました。凄い。昨年はホノルルのスポーツオーソリティー前でバイクを盗まれたそうですが、見事にリベンジを果たされました。さすが転んでもタダでは起きません。
大会後の打ち上げパーティーにて。年間ラウンド数60超。日テレ所属のプロゴルファー、下川美奈選手も応援に来てくださいました。え? 本当は報道局? ゴルフの人じゃなかったんですか……。

 日本に戻ったらゴルフに行きましょう、と「こんど飲みに行きましょう」レベルのバカか暇人の方がよく口にするという約束をしてしまいましたが、トライアスロンを始めてからゴルフとはすっかり疎遠になってしまい、実は2年ほどクラブを握っていないのです……どうなることやら。

帰国前の最後のランチはピーチジョン野口美佳嬢と飲茶でドン。ハワイに居を移して1年余り、そろそろ日本が恋しくなってきた?

 と、今回もこれ見よがしに嫌らしく交友関係をひけらかした訳ですが、ヨタ嫌いのみなさま、朝から良い具合に血圧が上昇されましたでしょうか? それはなによりです。アンチの方に嫌われてこそのフェルでございます。

 さて、それではそろそろ本編へと参りましょう。
 今回の「走りながら考える」は、久しぶりに水野和敏氏の登場です。

 世界最高峰のスーパーカー、GT-R開発の陣頭指揮を取っていた水野さんが日産自動車を電撃退職してから早2年(光陰矢の如し、です)。複数の自動車メーカーからオファーが有ったと噂される水野さんが選んだのは、意外や意外、台湾の自動車開発会社HAITECでした。

 水野さんの再就職が正式に発表されたのは昨年の12月12日。まさかの移籍から5カ月が経過した頃、「クルマが出来たから乗りに来てよ」と、ご本人から連絡が入りました。台湾のサーキットで、水野さんが手がけた最初のクルマ、LUXGEN U6 TURBOの試乗会を現地メディア向けに開催すると言うのです。開催日程は幸いにも大型連休の入り口です。これは何を置いても駆け付けなければなりません。

水野さんがHAITECに入って最初に手がけられたクルマ、LUXGEN U6 TURBO ECO HYPER。

コメント24

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「GT-Rの水野さん、台湾で“アイドル”に?!」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手