• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

商売は「難しいことば」で考えてはいけない

必要なのは高度な知識より、深い知恵

  • 伊藤 雅俊

バックナンバー

2006年6月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 松下幸之助さんとはある事柄をきっかけに、お目にかかって親しく経営についてご教示いただけるようになりました。多くのことを教えていただきましたが、あるとき「人材」についてお伺いしました。

 その際、松下さんがおっしゃったことが強く印象に残っています。こう言われたのです。

「伊藤さん、町工場に東大出の人が来たら、それは人材でっか」

 町工場で欲しい人と、大会社で求める人とは、必ずしも同じではない。町工場では頭でっかちの人よりも、例えば骨身を惜しまず働くような人のほうが望ましいのではないか、といった意味でしょう。

 小売業に東大出の人が来たら、それは人材でしょうか。

高度な知識より、深い知恵

 先にも触れましたが、商売を理屈で考える人は伸びないと思います。東大出の人がすべて理屈っぽいかと言えば、決してそんなことはありませんが、大体は身体を動かすよりも頭で考えるのが得意な人たちと言えるでしょう。

 少なくとも小売業では、東大を出ているからといって、それだけで高い評価をする必然性はないと私は思います。商人にも勉強は必要ですが、商人にとって大切なのは、高度な知識というより、深い知恵ではないかと思うのです。

 「商人が漢字や難しいことばでものを考えるようになると、現場から遠ざかっている」というのが私の持論です。

 小売業の経営者も、ある程度会社が大きくなると、現場で接客するよりも、銀行とのお付き合いや同業者との会合が多くなります。頼まれて経営理念を講演したり、ものを書いたりする機会も増えてきます。ときには政府から声がかかり、審議会の委員にと言われることもあります。

 そうこうしているうちに、漢字やカタカナ、難しいことばが会話の中でしばしば出てくるようになります。そうなったときは要注意です。現場が遠のき、肌身で感じ取ることが少なくなって、商いの活力が失われ始めているのです。

 「ひらがなで考える」ことが重要です。「ひらがなで考える」とは、本で読んだり聞きかじって得た知識でなく、実践を通して身に付いた知恵を生かす思考です。

コメント4

「伊藤雅俊の「『ひらがなで考える商い』のこころ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長