• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ITは「使って、なんぼ」
標準化、組織化、管理一元化で使い切る!

インテル株式会社 代表取締役共同社長 吉田 和正

2006年6月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

インテル株式会社 代表取締役共同社長 インテルコーポレーション セールス&マーケティング統括本部 副社長 吉田 和正氏
インテル株式会社 代表取締役共同社長
インテルコーポレーション
セールス&マーケティング統括本部 副社長
吉田 和正氏

 インテルは1968年の創業以来、シリコンの技術革新における世界的なリーダーであり、コンピューターと通信の分野で長くリーダーシップを発揮、今では、従業員10万人弱、年間売上およそ4兆円の企業に成長してきました。

 そして、今、「メモリー企業」から「マイクロプロセッサーのインテル」へ、さらに、「プラットフォーム企業」へと変貌しようとしています。38年間使用してきたブランドロゴも変え、「さぁ、その先へ」をキャッチフレーズに、変革を図ろうとしています。

 その変革の中で、「IT」という存在をいかに位置づけるか。我々は、企業(エンタープライズ)、個人(ホーム)、モバイルなど5つの事業領域にフォーカスしながら、それぞれの領域、市場の特性に合わせて、どのようにITを組み合わせていくかをベースに置いてビジネスモデルを考えています。その意味では、我々、インテルにとっても、皆さんの会社と同様、ITとは何か、ITをどのように捉えて経営に反映すべきなのかは、非常に大きな課題でもあります。

 一般に、企業経営者の方々がITに対して抱く疑問には、次のようなものがあります。「予算が不足しそうだ」「収益への貢献が明確ではない」「実行と運用に障害が多い」「専門用語が分かりにくい」「社内ニーズへの対応が遅い」…。

 これらは、インテルにとっても共通するところです。IT導入の目的は、最終的にはそれにより、企業は成長し、競争力を強化することにあります。従って、常にITの導入が「競争力に結びついているか?」を確認しなければなりません。

 インテルにとってのIT部門の挑戦の例を挙げると、例えば、「いかに消費電力の低いサーバーを作るか」。実は、サーバー当たりの年間の電気代は3000ドル(以下、データの出典:Gartner 2004)にも及び、毎年20%ずつ増加、当社のデータセンターでは電気代は人件費に次ぐ高いコストになっています。

 次に、効率的なハードウエア資源の活用。サーバー資源の平均的な稼働率も実は15%以下で、年々高まるセキュリティへーのニーズへの対応を含めて、いかに稼働率を高めるかは重要な課題です。

 また、ビジネス拡大に向けたIT投資の予算のうち、実際には89%が既存のビジネスの継続に費やされるというデータもあります。経営者としては感覚的には「既存ビジネス」50対「将来への投資」50は配分していると思っていますが、拡大に向けた投資にはほとんど使われていないのが実情です。

 同様にインテルにとっても、IT関係の社員が全体の8~9%を占め、サーバーは7万台に及び、拠点も27カ国79カ所にまで広がった今、いかにITの運用管理をスムーズに行うかは、大きな課題となっています。高い情報ソリューションに基づくビジネス価値と競争力を提供することにより、インテルのこれからの継続的な成長を支援するためにも、ITの役割はますます重要になります。

 言うまでもなく、ITは企業の資産を最大限に高めて、成長力を向上させるためにこそ使われるものです。ITは使い方次第、「使って、なんぼ」です。そのITの力を生かすためには、強力なITの組織を持つことが重要となります。

コメント0

「NBonlineセミナー「経営とIT新潮流2006」リポート」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官