• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

間違いだらけのGM・日産・ルノー提携

ゴーン氏を過大評価していないか

  • J・W・チャイ

バックナンバー

2006年7月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 このところ自動車業界の話題は、米ゼネラル・モーターズ(GM)と日産自動車・仏ルノー連合の提携の行方がどうなるかに集中している。結論から申し上げると、この組み合わせはメリットが少ない。

 提携を画策した米著名投資家カーク・カーコリアン氏や彼が雇っているジェローム・ヨーク氏(GM取締役)は、あまりにも強引な手法に走って、墓穴を掘ったのではないだろうか。また、その話に乗った日産・ルノー連合のカルロス・ゴーン社長も今回ばかりは読みが甘かったように思える。

最初はゴーン氏の招聘を画策したヨーク氏

 この話はもともと今春、ヨーク氏とゴーン氏がロンドンで会ったところから始まる。ヨーク氏はGMのリチャード・ワゴナー会長が進めるリストラクチャリングのスピードが遅いことに苛立っていた。

 「このままではGM株が紙くず同然になってしまう」。そう焦ったヨーク氏はゴーン氏に「GMに来てくれないか」と声をかけた。かねてワゴナー氏のリーダーシップに疑問を抱いていたヨーク氏にとって、瀕死の日産を蘇らせたゴーン氏はうってつけの人物だったと言える。

 移籍の打診に対し、ゴーン氏は既に日産とルノーの社長を兼任していることから、難しいと告げた。ヨーク氏はそこで今度は提携を持ちかけたと見られる。その時、ゴーン氏は返事を保留した。しかし、再び6月にカーコリアン氏も交えて3人で日産のオフィスがあるテネシー州ナッシュビル市で会った時には、ゴーン氏はかなり乗り気になっていた模様だ。

 しかし、ヨーク氏らの手法はあまりにも強引過ぎた。提携を巡ってゴーン氏と独断で面会し、しかも、GMと日産・ルノー側にそれぞれ出した書簡を米証券取引委員会(SEC)に届け出るというのは、いくら何でもルールを無視している。私は必ずしもワゴナー会長寄りの立場を取っていないが、今回ばかりはワゴナー氏に同情する。

 結局、ヨーク氏は多くの取締役の反感を買い、7月7日に開いた取締役会では、今後とも日産・ルノーとの提携交渉は、ワゴナー会長がリード役となって取り組むことが決まった。GMは一応、筋を通すために今後とも提携交渉を続けるが、ワゴナー氏がリード役となった以上、それほど踏み込んだ提携になるとは思えない。

単なる規模拡大では競争力は向上しない

 そもそもこの組み合わせは、相乗効果が見当たらない。規模を大きくすれば、競争力が向上するというのは1990年代までの古い考え方だ。そこにはコストダウンの発想しかない。トヨタ自動車が好調なのは、カンバン方式を導入しているからでも、新日本製鉄の鉄板を使っているからでもない。顧客にとって魅力的なクルマを作っているからだ。GMと日産・ルノーが提携しても、魅力的なクルマができるというイメージがわいてこない。

「J・W・チャイ「コスモポリタンの眼」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表