• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

8月15日に北京にいました

2006年8月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 偶然ですが、僕は8月15日には北京にいました。僕の体内時計はかなり正確で、だいたい同じ時間に起きます。北京は東京より時差で1時間早いので、北京滞在中の僕は、朝刊が届かない時間に目覚めてしまいます。ですから朝のニュースは、インターネットのニュースサイトから得ています。

 8月15日、僕は北京で、小泉純一郎総理が靖国参拝した記事をインターネットで読みました。予想していたことなので、記事を読んでもさほど驚きはしませんでした。率直な感想は、「僕は日本にいなくてよかった」というものです。

 この記事は16日の早朝に執筆しました。だから当日、日本がどのような様子だったのかは想像に頼っています。恐らく15日の日本のテレビや新聞は、小泉総理の参拝で大騒ぎだったことでしょう。政治家、評論家、時にはタレントと言われる人までもが支持派と反対派にわかれ、感情的になって意見を闘わせた場面もあったのではないでしょうか。

 もし僕が15日に日本にいたら、こうした喧噪の渦の中に飲み込まれていたかもしれません。実際、あるテレビ局から事前に靖国参拝問題に関して出演依頼がありました。そのテレビ局には「当日は、日本にいない」ということで許していただきました。

関心低いが、熟知している

 日本の方々は信じ難いと思いますが、小泉総理の靖国参拝について、中国の市民は驚くほど関心が薄いのです。少なくとも日本の人たちより、市民レベルでこの問題については騒いでいません。中国のテレビや新聞は、大きなニュースとして扱いましたが、かといって特別扱いするまでには至っていません。

 過熱はしていませんが、北京市民のほとんどはこの靖国問題を認識しています。何しろ、小泉総理が就任してからこの5年間、毎年、靖国参拝が「重大ニュース」として登場し続けました。おかげで政治に無関心の中国市民でさえも「東京に靖国神社というものがあって、戦争の重大な責任を負ったA級戦犯も大勢の戦没者と共に祀られている。日本の総理大臣はA級戦犯も英霊として、その神社に参拝している」と頭の中にたたきこまれています。

なぜ個人の心の自由を、なぜ選挙公約にするのか

 僕の知人の何人かに意見を聞きました。フェアのために参拝派の主張を紹介しておきました。「心の自由」「宗教の自由」「死後は平等」などを説明しました。すると、

 「『個人の心の問題』なら、なぜ選挙の公約にするか」。
 「『宗教の自由』と言ったが、明らかに政治的計算だ」。
 「『死後平等』なら、凶悪犯罪を犯した死刑囚の霊を祀ることは許すのか」。

などの僕が答えられない質問をしてきました。

コメント71

「宋文洲の傍目八目」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長