• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

回復が不十分な社員の復帰とリハビリ勤務の取り扱い【後編】

弁護士からのアドバイス

  • 前田 陽司,田中 亨子

バックナンバー

2006年9月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 電子機器部品工場の生産管理担当者として約10年の経験があるYは係長に昇進後、うつ状態になったが、自宅療養2カ月後に、リハビリ的に半日勤務を申し出てきました。当社にはリハビリ勤務制度はないし、まともな仕事もできないと思われますが、どう対応したらよいでしょうか。

 相談内容の詳細は前編をご参照ください。>>

 Yさんは、2カ月間の自宅療養の後、軽作業・半日勤務での職場復帰を希望していますが、会社にはリハビリ勤務に関する制度が無いとのことです。この場合、会社は、法律上どのように対応すべきなのでしょうか。

1.まずは、主治医の診断書の確認

 Yさんの主治医からは、『軽作業で半日勤務なら復帰可能と思われる』という内容の診断書が出ているようです。しかし、産業医からのアドバイスにもあるように、主治医がYさんの都合のよい診断書を作成している可能性もあります。そのため、会社はまず、産業医の意見を聞くなどして、主治医の診断書が客観的で信頼できるものかどうかを確認することが必要です。

 その際、Yさんに産業医など主治医とは別の医師を受診させてセカンドオピニオンを得ておくことも有効でしょう。Yさんが産業医の受診を拒否した場合であっても、会社は、正当な理由があれば、Yさんに対して、産業医の受診命令を出すことができます。

 詳しくは、連載第1回「復帰と欠勤を繰り返す社員への対応【後編】」の解説を参照してください。

2.軽作業・半日勤務を許可しないことはできる?

 主治医の診断書が信頼できるものであると確認できた場合であっても、この会社には、親会社の「リハビリ勤務制度」のように、段階的な職場復帰制度がありません。この場合、会社は、Yさんにどのように対応すべきなのでしょうか。

 相談内容によると、上司のBさんは、Yさんの軽作業・半日勤務を認めたくないようです。そこで、まず、会社がYさんの軽作業・半日勤務を拒否できるかどうかを検討してみましょう。

 過去の裁判例によると、会社に段階的な職場復帰制度がない場合であっても、
(1)会社の業務の中に、半日勤務でも充分なものが存在し、
(2)人員配置の関係などからYさんの部署異動・職種変更が可能であり、
(3)Yさんがその業務を担当できる状態であり、意欲もある場合
には、会社は、Yさんの復職を拒否することはできません(東京高等裁判所平成7年3月16日判決・片山組事件など)。

 つまり、会社は、「段階的な職場復帰制度がないから」という理由だけでは、Yさんの半日勤務を拒否することはできないのです。上記(1)~(3)の観点から、軽作業・半日勤務が実現可能かどうかを、Yさんに生産管理以外の仕事をさせることも視野に入れたうえでよく検討し、可能である場合には、Yさんを復職させなければなりません。

コメント3件コメント/レビュー

官公庁勤務です。昨年度復職しましたが、リハビリ出勤期間中(段階的に1ヶ月)は休職扱いでした。「リハビリ出勤制度は試用段階で、予算が付かないから」というのが理由でした。復職に当たっては産業医との面談もこちらから要求しましたが、「主治医がついているため不要である」との理由により拒否され、現在も拒否され続けています。復職時には事務次長から数回のヒアリングがあったのみで、第三者機関である復職審査会に診断書とヒアリングの内容が上げられましたが、第三者機関なので外部の専門医はいますが、産業医は参加していません。なお、リハビリ出勤制度には今年度も予算が付かない模様です。(2007/06/13)

「事例で学ぶ「メンタルヘルス」のツボ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

官公庁勤務です。昨年度復職しましたが、リハビリ出勤期間中(段階的に1ヶ月)は休職扱いでした。「リハビリ出勤制度は試用段階で、予算が付かないから」というのが理由でした。復職に当たっては産業医との面談もこちらから要求しましたが、「主治医がついているため不要である」との理由により拒否され、現在も拒否され続けています。復職時には事務次長から数回のヒアリングがあったのみで、第三者機関である復職審査会に診断書とヒアリングの内容が上げられましたが、第三者機関なので外部の専門医はいますが、産業医は参加していません。なお、リハビリ出勤制度には今年度も予算が付かない模様です。(2007/06/13)

軽症うつ病(適応障害)にて、休職1年半、現在リハビリ勤務中(ただし、休職扱い)の者です。主治医の尽力により、月火・木金の週4日、10時~3時でのリハビリ勤務を4月から行っています。一連の記事を拝読しましたが、私の場合、産業医との相性が非常に悪く、面談をすると翌日は「うつ」状態がひどくなるため、今は産業医との面談を拒否しています。特に、上司と同席での面談となるのですが、そこで話されるのは、「出勤日数」のみであり、9時に出勤している事実や実労働時間などは考慮されず、また、風邪などの病気で欠勤した場合も、診療的要素での欠勤と同様の扱いをされております。面談の際に、主治医から出されている処方箋を毎回準備しているのですが、それについても目を通そうとしません。正直産業医及び会社の態度には不信感が募るばかりです。このような状態で、残された休職期間は半年となってしまいました。収入も健康保険からの傷病手当でまかなわれていますが、期間が長くなっているため減額されており、実収入が通常勤務を行っていた時の半分程度まで落ちており、経済的な破綻もきたしています。1部上場でリハビリ勤務の制度があっても、私同様の社員がかなりいるらしく、去年は社内での飛び降り自殺も2件あったと聞いています。制度があってもまともに機能していないのがほとんどであると言うのが、現状なのでは無いでしょうか?(2006/11/27)

回復が不十分な社員が出社してきたとき、周りの人は、その人に対してどのような接し方をさせればよいのでしょうか?(2006/09/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長