• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第7回 「毎日行くのが楽しい会社にしなければいけない」

MKSパートナーズ・松木伸男社長からのアドバイス

  • 杉山 泰一

バックナンバー

2006年8月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「やはり、社員が活性化しないことには、企業再生なんてあり得ない」――。MKSパートナーズ(東京都千代田区)の松木伸男・代表取締役社長は開口一番にこう断言した。

 同社は、2003年に経営破綻した靴下メーカー老舗の福助(東京都渋谷区)に手を差し伸べたことで注目を集めた、日本を代表する投資会社の1つだ。トヨタ自動車販売出身の松木社長は、1980年代から欧米系のベンチャーキャピタル会社で活躍し、日本で数々の投資を実施。2002年にMKSパートナーズを立ち上げた。最近の主な投資案件として、家電量販店のラオックスがある。このほか、再生支援ではないが、取締役としてカルチュア・コンビニエンス・クラブの経営にも参画している。

エクセレントカンパニーは、社員がみんな元気

――経営難に陥った福助やラオックスを買収した再生ファンドとして知られるMKSパートナーズですが、一般には「再生ファンド」と聞くと悪いイメージを持つ人が少なくありません。資産や事業の売却、人員削減などの外科的な処置だけで“企業価値”を短期間で高めた後、株式を転売して莫大な売却益を狙うファンドも存在するからです。投資家から預かった資産をファンドという形で運営する松木さんから見て、再生企業の現場をやる気にすることの意義は何でしょうか。

MKSパートナーズの松木伸男社長
「ハゲタカファンドは確かに存在する。だが、私たちは企業再生には社員の活性化が欠かせないと考える」と語る投資会社MKSパートナーズの松木伸男社長

(松木) やはり、社員が活性化しないことには、企業再生なんてあり得ません。もちろん、徹底的にコスト削減をしたり人員を減らせば、バランスシートは良くなります。でも、長期的に見たらどうか。社員の気持ちが荒廃していてはムリです。

 当社は、経営破綻した企業に投資したときは3~5年で株式を手放すことが多い。その前にできるだけ社員が元気になっていないと、いずれは誰も私たちに企業再生案件を任せてくれなくなります。

 日本でも米国でもエクセレントカンパニーは、社員がみんな元気です。例えばストックオプションなどなくても、毎日会社で頑張ろうという気概に満ちた社員が山ほどいる。そんな会社は長期的に実力を発揮し続けるものです。

 だから、私は投資した会社の経営陣に必ずこうアドバイスしています。「社員一人ひとりが、毎日会社に来ることを楽しいと感じているかどうかを、経営指標の1つにしてください」と。みんなが「今日も頑張るぞ」と思えるようにしないとだめです。

 人は実力のちょっと上のレベルの仕事を求められると、ラーニングカーブ(学習曲線)が上がりやすくなるもの。そして、こういう仕事に挑戦するのは楽しい。仕事のレベルが実力よりも高すぎるとつらいし、低すぎると楽だけど楽しくないものです。だから、社員みんなが楽しんでいる会社は業績が上がります。逆に、社員が朝会社に行くのがいやだと思うなら、そこに問題があるはずです。

 それからもう1つ、アドバイスしていることがあります。「1つの仕事をできるだけ効率よく楽にできるようにしようよ」ということです。そのためにIT(情報技術)を活用してもいい。極端な話、1時間の仕事を45分でできるようになれば、年間では3カ月分も時間に余裕ができることになります。これは人員が3分の1だけ増えるのと同じ。実現できればどこにも勝てます。こういうことを一生懸命考え続けていると、人は必ず成長できます。

――松木さんやMKSパートナーズのスタッフは、再生企業とどんな距離感で接するようにしているのですか。経営コンサルタントとは違うスタンスなのだとは思いますが。また、企業再生支援に関する貴社の強みは何ですか。

コメント0

「現場をやる気にする企業再生」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員