• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

(日産、ルノー提携1)電撃訪仏、塙社長を追え!

2006年9月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 お久しぶりです。「日経ビジネス」編集委員の大西康之です。長期連載「告白 三洋電機 井植敏の栄光と挫折」で雑誌の取材、執筆に専念するため半年ほど「Jインパクト」(日経ビジネス読者専用サイト「日経ビジネスEXPRESS」に掲載。バックナンバーはこちら。プレミアム会員のみご覧になれます)をお休みさせていただきました。皆様、ごめんなさい。

 休載中も続編の構想を練っていたのですが、今回からは海外に目を向けたいと思います。

 実は私、日本経済新聞の記者として1998年から2002年までの4年間、ロンドンに駐在していました。20世紀から21世紀に時代が変わり、欧州では共通通貨のユーロが導入され、米国では米同時テロがありました。仏ルノーが日産自動車に資本参加するなどビジネスの分野でも大ニュースが頻発した時期です。

新聞では書く機会のないお話をネットで

 そんな激動期に記者として現場を駆け回り、多くの記事を書きましたが、日々のニュースを追う新聞では、ニュースの裏側、主人公たちの知られざる素顔を書く機会が意外と少ないのです。

「これは日本の読者に伝えたい」
「この話は歴史の記録にとどめておきたい」

 そう思いながら、取材ノートの中で眠らせてしまった話の何と多いことか。

 題して「Jインパクト―新聞に書けなかった本当の話(欧州編)」

 皆さんご存じのあの人が、実はあの時、こんなことを語っていた。

 あの日、あの時、あの場所で、実はこんなことが起きていた。現場にいた記者にしか書けない本当の話を、皆さんだけに、そっとお教えしましょう。

「たった今、彼がパリへ向かった」

 始まりは真夜中の電話でした。

トゥルルル、トゥルルル。

「…ハロー、ディス イズ オオニシ スピーキング」
「ああ、こんな時間に悪い。東京の伊崎だけど…」
「はい…?」

 時計の針は夜中の3時を少し過ぎたところ。ため込んだスクラップの整理を終え、家に着いたのが1時過ぎ、ベッドに潜り込んでからわずか1時間で、無常にもたたき起こされたわけです。

(ああ、これでこの週末もパーか)

 土曜日のこんな時間にかかってくる電話はろくなもんじゃない。大型の企業買収か合併か。工場閉鎖か大事故か。いずれにせよ電話の主が伊崎さんだから、話は自動車絡みのはず。

 伊崎さんは私の前任のロンドン特派員で、その頃は東京で自動車メーカーを取材するチームのキャップ(新聞社用語で現場のリーダーを指します)をしていました。

「たった今、塙がそっちへ向かった。パリで捕まえてほしい」

(ああ日産・ルノー。もうそんなところまで話が進んでるのか)

 一瞬で眠気が飛びました。

コメント0

「Jインパクト~新聞に書けなかった本当の話~」のバックナンバー

一覧

「(日産、ルノー提携1)電撃訪仏、塙社長を追え!」の著者

大西 康之

大西 康之(おおにし・やすゆき)

ジャーナリスト

日本経済新聞産業部記者、欧州総局(ロンドン)、日経ビジネス編集委員、日本経済新聞産業部次長、産業部編集員などを経てフリーのジャーナリストに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック