• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

団塊ジュニアのやる気を高める意外な方法

2006年9月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「CSR(Corporate Social Responsibility)」を直訳すれば、「企業の社会的責任」となる。このためCSRといえば、社会の公器たる企業が「営利活動を超えて外部社会に対する責任を果たしていく」という「ソト」を向いた視点で語られることが多い。しかしCSRは、企業内部、すなわち「ウチ」向けの視点でも大きな意味を持つ。特に「ウォー・フォア・タレント」を勝ち抜くための武器として強い力を発揮する。

 ウォー・フォア・タレントとは、人材獲得戦争のことである。以前からあった言葉だが、同名の書籍が出て以来、人口に膾炙(かいしゃ)するようになった。日本では、ようやく経済が再成長軌道に乗り始めたのと同時に、団塊世代の大量退職が始まった。長期的な人口減少と、「ヒト」をベースにした知識社会へのシフトという大きな流れもあり、優秀な人材を獲得し、囲い込もうという企業の意欲が強まっている。ウォー・フォア・タレントという言葉が、時代の「空気」とぴったりきたのであろう。

食料援助活動に経営コンサルティングの手法を活用

 CSRはウォー・フォア・タレントにおいて、特に団塊ジュニア以降の優秀な人材を確保していくうえで強力な武器となる。

 以前、このコラムで「WFP(国連世界食糧計画)」について触れた。私が日本代表を務めるボストン・コンサルティング・グループは、WFPのような活動を支援する場合、単純に「募金を集めよう」というのではなく、自社のスキルを活用してより大きな結果を出すべく、無料でコンサルティングを実施することがある。

 WFPは世界中の飢餓発生地域で食料援助を行うグローバル組織なので、物流効率を上げるオペレーション改革とか、世界各国に散らばる組織を効率的に運営するための組織改革などといった、一般企業と同様のコンサルティングで結果を出すことが可能だ。こういったコンサルティングプロジェクトは、一般的に「プロボノ(Pro Bono)」と呼ばれ定着しているが、いわば我々なりのCSR活動に当たる。

極めて高い参加メンバーのモチベーション

 日本でも、その一環としてお手伝いをしているのだが、自分自身で活動に深く関わってみて驚いた。参加するメンバーのモチベーションが、異常なまでに高く、それ以外の社員も「こういう活動をする会社なら、居続ける意欲が高まる」と答える人が、大変多いのだ。

 WFPのお手伝いは、飢餓を減らすことによって、途上国の子供の命を救うことに直結する。このため、自分たちの付加価値がはっきり分かるという特徴がある。それにしても、「どうしても参加したい」と言ってくるスタッフが数多くおり、プロジェクト中、いくら忙しくても、皆、目を輝かせて働き続けている。

コメント5

「御立尚資の「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「団塊ジュニアのやる気を高める意外な方法」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCGシニア・パートナー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経て現在に至る。事業戦略、グループ経営、M&Aなどの戦略策定・実行支援、経営人材育成、組織能力向上などのプロジェクトを手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長