• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本は本当に「モノマネ大国」だったのか

  • 奥井 規晶

バックナンバー

2006年10月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 9月下旬に安倍政権が誕生してから約2週間。「美しい国、日本」を打ち出して総裁選に圧勝した模様はまだ記憶に新しい。

 「美しい国」を私は勝手に、この国の自然と、国民の精神、そして文化の3つの美しさだと思っている。

 ハリウッド映画「ラストサムライ」に見られるように、西洋人は少なくとも過去の日本を「美しい国」と思い描いている。この美しさは長い歴史の中から醸成されたもので、現在にも連綿と受け継がれている。日本は大陸の縁にあるという特性から、歴史的に様々な外国の文化や技術が流入してきた。

 幸いにも先の大戦直後の占領時代までは、他国に蹂躙されることもなく、古来新しい文化や技術を独自に改良して自分のモノとしてきたのだ。中国から伝わった漢字は平仮名やカタ仮名となり日本語となっているのがよい例だ。

 明治維新後の文明開化では「和魂洋才」という言葉が生まれたが、これこそが、日本を美しい国に保ち続けてきたDNAなのだ。私は外国人にこのことを説明する時に「ジャパナイゼーション(日本化)」という英語を用いる。欧米の文化や技術をありのまま受け入れるのではなく、多少時間はかかっても日本なりに咀嚼(そしゃく)していく。これこそが「美しい国」の底力なのだ。

マネーゲームがまたはびこり出している

 過去を振り返れば、ジャパナイゼーションを忘れた時に日本は痛い思いをした。バブル時代には「額に汗して働く」美徳を忘れ、金融ゲームに走って失われた10年を迎えた。その時期に米国経済が好調だったため、それをマネして安易な成果主義やリストラに走った。今、日本経済が復活を遂げつつある中で、またかつてのようなマネーゲームがはびこり出している。このタイミングで安倍政権が「美しい国」を標榜するのは、まさに時宜を得ていると思う。

 私はこの連載で、ジャパナイゼーション(和魂洋才)というキーワードで最近の時流や経済的な出来事を説明し、我々のDNAがいかに根深いものなのかを解説したい。

コメント32件コメント/レビュー

コメントは相変わらず、「幼稚」という唾を天にして、それが自らに降りかかる宇宙人による物や、皮肉にも「自虐史観」保有者ほど他人には残虐な言動を行うということを十分裏付ける物が多いですね。このような場でしか、鬱憤晴らしが出来ない狭量差では「社会の負け犬」になるのも致し方ないですね。ところで、肩の張らない、それでいて、身近な問題と自らのエピソードを絡めた話も良かったです。でも、お役所も相変わらずですね、「実を取らずに名を取る」やり方は。(2007/05/01)

「奥井規晶の「美しい日本の和魂洋才」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントは相変わらず、「幼稚」という唾を天にして、それが自らに降りかかる宇宙人による物や、皮肉にも「自虐史観」保有者ほど他人には残虐な言動を行うということを十分裏付ける物が多いですね。このような場でしか、鬱憤晴らしが出来ない狭量差では「社会の負け犬」になるのも致し方ないですね。ところで、肩の張らない、それでいて、身近な問題と自らのエピソードを絡めた話も良かったです。でも、お役所も相変わらずですね、「実を取らずに名を取る」やり方は。(2007/05/01)

コメントをされている方の多数は本当に社会人の方なのでしょうか、それとも「痴呆化する日本の新世代」代表なのでしょうか? いや、それとも「卑下こそわが道」を信奉する「言葉遊び」しか出来ない、未だにタオル、ヘルメットと携帯角帽をブリーフケースに潜ませる「左肩下がりの申し子」かな? 兎に角、コラムニストの個人攻撃、中傷、品位を欠く性倒錯異常者的願望しか書けないとは? 空虚な頭を持つ人間にとって他人の意見を貶すことは容易く、自己の意見を述べることは不可能なのは理解できるのだが。政経分離が好きな日本人だが、脳みそカートリッジを2つ、持ち歩く人はいない。物言わぬ、姑息な新聞人が多い中、当ビジネス・コラムニストの自らの価値観を隠蔽せぬ取り組み方は新鮮且つ自然で、今後も活躍を期待したい。(2007/05/01)

実行力も指導力も政治力も決断力も、何も持っていないぼんぼんの、「美しい国」などという、おちゃらけたキャッチフレーズにひっかかってどうしたいのだろう?(2007/02/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者