• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自国文化に誇りを持つ“過ち”

2006年11月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本の友人や知人から「4大文明の1つである中国文明」や「孔子、老子などの歴史偉人」について関心を示される時、僕はいつも複雑な気持ちになります。今の中国は世界に後れを取っていますし、現在は世界の人々が納得するような偉人も生み出していないからです。

 「日本の文化の多くは、中国からやってきた」と言われる時も困惑します。恐らくは、僕への心遣いも込めての表現だとは思います。にもかかわらず戸惑ってしまうのは、文化は国に属するものではなく地域の風習や自然と歴史から育まれてきたものだ、と言うのが僕の持論だからです。人類の長い歴史において国の興亡は果てしなく繰り広げられてきましたが、文化は人間を媒体に人類のものとして伝わり発展したものなのです。

 朱子学を日本に伝えた人々は、日本に定住し日本人になりました。サツマイモの先祖はアフリカにありましたが、サツマイモはサツマイモです。日本のラーメンは、中国の「面条」ではありません。日本で生まれた「銀行」「工業」「人気」などの多くの言葉は、中国語になっています。文化は誰かが誰かに与えるものではなく、風や雲のように国境と関係なく自然に伝わる人類の「心の気候」です。

端午の節句、端午節、端午祭

 ところが中国の一部の文化人の間では、中国の文化を無形文化遺産としてユネスコに申請すべきという議論が現在、行われています。きっかけは日本でも知られている「端午の節句」です。中国でも東部の一部の地域に「端午節」を祝う習慣があります。鯉のぼりを掛けませんが、粽は食べます。

 実は韓国にも端午の節句、端午節と同じように「端午祭」があります。その韓国が2005年に、江陵の端午祭をユネスコに「世界無形文化遺産」として正式に申請し成功したのです。これに対して中国のインターネットでは、一部の心の狭い人間が「韓国の端午祭りは中国が本家で、本来は中国が申請すべきものだ」と熱を上げています。

 自国の文化や歴史に誇りを持つことは、ほどほどがいいと思います。自虐と同様に過剰な誇りも冷静な思考を妨げ、自国にも他国にも良いものをもたらさないと思います。ある地域に存在し、もしくは存在していた文化と歴史は、その土地にかつて生きていた人々がつくり上げたもので、それがイコールとして今そこに生まれた人間に属することにはならないと考えるべきです。

 「端午の節句」であろうが、「端午節」であろうが、「端午祭」であろうが、その土地の人々が自分の感性と習慣に沿ってその祭りを祝う以上、もうその土地に溶け込んだ文化です。その発祥がたとえ別の地域でも。

コメント61件コメント/レビュー

自国の文化を誇りに思うこと=愛国心という発想が、ナショナリズムを煽り立てるような気がしてます。文化に優劣はありません。自分たちの文化は特別だと思い込もうとするところに、他の国の文化は劣っているという排他的なナショナリズムが湧き上がる要素があると思います。欧米でも差別はありますし、国旗や国歌に対する思い入れは、日本人以上ではないか思うのですが、彼らは文化の優劣ではなく、普遍的な価値観(例えばフランスであれば「自由・平等・友愛」)を追求する枠組みとしての国家を、非常に誇りに思っているように感じます。フランス社会の現実はそのようなきれいごとだけではないのは承知していますが、文化ではなく普遍性に重きを置く発想が、国家の暴走を防ぐ役割をも果たしているのではないでしょうか。日本で今議論されている愛国心には、そのような普遍的価値というものが感じられません。(2007/03/31)

「宋文洲の傍目八目」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自国の文化を誇りに思うこと=愛国心という発想が、ナショナリズムを煽り立てるような気がしてます。文化に優劣はありません。自分たちの文化は特別だと思い込もうとするところに、他の国の文化は劣っているという排他的なナショナリズムが湧き上がる要素があると思います。欧米でも差別はありますし、国旗や国歌に対する思い入れは、日本人以上ではないか思うのですが、彼らは文化の優劣ではなく、普遍的な価値観(例えばフランスであれば「自由・平等・友愛」)を追求する枠組みとしての国家を、非常に誇りに思っているように感じます。フランス社会の現実はそのようなきれいごとだけではないのは承知していますが、文化ではなく普遍性に重きを置く発想が、国家の暴走を防ぐ役割をも果たしているのではないでしょうか。日本で今議論されている愛国心には、そのような普遍的価値というものが感じられません。(2007/03/31)

私の友人の多くは、日本人はもっと日本の文化を誇るべきだという意見です。しかし、「なぜそう思うか」と問うと、日本人なら自分の国の文化を誇るのは常識だという、とても浅はかな理由が多いようにみえます。私が考えるに、文化というものには”良い部分”と”決して良いとはいえない部分”が混在すると思います。よって、誇るということは良いのですが、そこには冷静な目、正確な目を持った上での”誇り”であってほしいと感じます。さらに、冷静な目を養うためにも、正確な自国の文化の良さを把握するためにも、自国の文化のみに過剰に反応(探求)するのではなく、広い視点で自国の文化を見つめる必要があると私は考えます。(2006/12/16)

在外華僑の三分の一を占める客家人と共産党との深いつながりなども興味があるところですが、今回は華僑のマインドと歴史を簡潔に表現したところが次回へのお話の楽しみとして残りました。また華僑の存在意義と中国のグローバル化と言う点、深く掘り下げての記事をご期待しております。華僑と宋さんの間にあるマインドの違いも詳しく語っていただけたらなお有難いことです。arukouei(2006/12/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長