• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

いじめが自殺につながる日本の「空気」

かつて国が主導するいじめを受けた人間の持論

2006年11月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 僕も親です。いじめで子供たちが自殺するニュースを聞いて胸が詰まります。虹色で彩られているはずの世界が真っ暗になり、誰にも頼れないと悟る少女。幼い首に紐をかける彼女の顔は、まだ無邪気さが残っていたはずです。こんな理不尽なことは許されていいはずがないと思います。

 無性に怒りを覚えました。僕の怒りは、言い逃れをする先生でも、いじめに参加したとされる子供たちに対してでもありません。自殺してしまった子供に逃げ道を教えない、すべての大人たちに対してです。この環境を変えない限り、悲劇はまだ続くと思うのです。

なぜ頑張らなくてはいけないのですか

 岐阜の少女が残した遺書に、すべての大人に対して重要なメッセージが残っていました。それは遺書の最後にあった「もう、何もかも、がんばる事に疲れました」の一言です。彼女の遺書の言葉で、恐らく多くの大人たちは塗り潰されていた4人の同級生の名前に意識や興味が集まっているはずです。しかし、その4人の子供や家族が置かれている現状を考えると、彼らも被害者だと思います。

 読者の皆さんのご意見をうかがいたい。皆さんはこの世の中からいじめを無くすことができると思いますか。無くす努力は大事ですが、だからといって無くなるものではありません。病院がいくら増えても病気が無くならないように、人類が古くから行ってきたいじめを根絶することは気の遠くなるようなことです。

 子供のいじめは中国の学校にも、米国の学校にもあります。しかし、中国や米国の子供がいじめに遭い、自ら幼い命を絶ったという例を僕は聞いたことはありません。でも、日本では起きている。それは、なぜなのでしょうか。亡くなった岐阜の少女の遺書が答えています。日本は過剰に「頑張ること」を強いるからです。

 よく言われる日本の「ムラ社会の原理」は、子供の世界から既に始まっているのです。皆が一緒にあるために、自分に無理させてでも努力を強いるこの社会に、日本の子供たちは好きで入ったのではありません。大人が招き入れているのです。学校に行き、お友達と仲良くすることは至上命題であり、嫌な相手がいても、部活が自分に合わなくても、大人から「ともかく、頑張ってみなさい」と言葉をかけられる。

我慢させることの罪

 「頑張る」は聞こえがいいのですが、僕にしてみれば要は「我慢する」ことです。教育は本来その子の個性を見いだし、それに合った環境を提供し、本来の才覚を伸ばすことにあります。だから孟子のお母さんは、3回も住居を引っ越して子供に合う環境を見つけ出したのです。

 岐阜の少女が自殺した本当の理由を、他人の僕が知る由はありません。親御さんは自分の子供を守るために必死に努力したと思います。それが届かなかったのはなぜか。個別の理由は、一言では言い尽くせないものがあるはずです。

コメント278件コメント/レビュー

私も中学1年の春からいじめにあい、2年間悩み苦しみ、最後に転校しました。転校先の学校では、最初の数ヶ月はひたすら周りの様子をうかがい、皆と違うことをしないように心がけていました。目立たないように、静かに、でも違和感を持たれるような行動はとらないように…と、神経を使いました。幸いに、先生の気遣いと、数人の生徒と気が合ったおかげで、その後はさしたる問題もなく卒業し、高校、大学へと進学することができました。現在、大学で多くの留学生や帰国子女と接していて、自分が中高生時代に、いかに様々な個性や可能性を押し殺して”我慢して”成長してしまったかを痛感しています。あの時のいじめにくじけず、自分の個性を貫き通していたら、自分らしさを大切にして過ごしていたら…と悔やむことがあります。もしそうしていたら、今の自分の様に、無趣味で物事に熱中することがなく、流行りものの様な与えられたものにしか興味がなく、物事に対して意見というものがなく、人に合わせることだけで自発性がない…といった人間にはならなかったのではないか、と思うことがあります。私はいじめから運良く立ち直ることができたので、「いじめを受けたことによって、当時の私に不足していた社会性を身につけることができた」とプラスの解釈をしています。いじめによる心の傷は消え失せたので、当時の環境を恨むことはありませんが、いじめによって自分が「個性を出したら叩かれる。目立たない”普通”の子にならなければいけない」と考えてしまったこと、またそうすべきだというような”空気”だったということは残念でなりません。”ムラ社会”の精神、”村八分”という概念があるからこそ、日本はいつまでたっても「真の国際化」ができないのではないかと思います。(2008/12/07)

「宋文洲の傍目八目」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私も中学1年の春からいじめにあい、2年間悩み苦しみ、最後に転校しました。転校先の学校では、最初の数ヶ月はひたすら周りの様子をうかがい、皆と違うことをしないように心がけていました。目立たないように、静かに、でも違和感を持たれるような行動はとらないように…と、神経を使いました。幸いに、先生の気遣いと、数人の生徒と気が合ったおかげで、その後はさしたる問題もなく卒業し、高校、大学へと進学することができました。現在、大学で多くの留学生や帰国子女と接していて、自分が中高生時代に、いかに様々な個性や可能性を押し殺して”我慢して”成長してしまったかを痛感しています。あの時のいじめにくじけず、自分の個性を貫き通していたら、自分らしさを大切にして過ごしていたら…と悔やむことがあります。もしそうしていたら、今の自分の様に、無趣味で物事に熱中することがなく、流行りものの様な与えられたものにしか興味がなく、物事に対して意見というものがなく、人に合わせることだけで自発性がない…といった人間にはならなかったのではないか、と思うことがあります。私はいじめから運良く立ち直ることができたので、「いじめを受けたことによって、当時の私に不足していた社会性を身につけることができた」とプラスの解釈をしています。いじめによる心の傷は消え失せたので、当時の環境を恨むことはありませんが、いじめによって自分が「個性を出したら叩かれる。目立たない”普通”の子にならなければいけない」と考えてしまったこと、またそうすべきだというような”空気”だったということは残念でなりません。”ムラ社会”の精神、”村八分”という概念があるからこそ、日本はいつまでたっても「真の国際化」ができないのではないかと思います。(2008/12/07)

強くなって下さい、私は親の転勤で、小学生時代毎年転校昔の事で地方の方言と違う言葉で、いじめ抜かれました、相手はクラス全員こちらは、一人、面と向かって勝てるはずはなく、学校の成績を良くして対抗する、とか、卑怯な方法で仕返しをするとか、やられ放しで自殺などバカラシイことです、誰一人ミカタたなしで、ただ一人のミカたは母親でした、感謝の限りです。今社会人となり、人生どこでもいじめありです、子供の時の苦労を糧として、決して負けない根性を身につけれました。世の親は子の変化を注意深く見て事件が起きる前に早めに対応されることお望みます。(2007/09/17)

今この記事に目を通しましたので、随分時間が経ってますが意義深い記事なのでコメントします。宋さんの意見と同感です。外国の状況は知りませんが、日本は子供に対し「頑張る事」を強要しすぎな気がします。他のコメントも幾つか読みましたが、自殺というのは、頑張りきった挙句の最終であると思います。頑張る限界というのは確かに個人差はあるでしょう。しかし、自殺するまで頑張る必要はないはずで、もう無理だと思ったら逃げるのも1つの方法です。1度逃げたら、逃げ癖がつき、逃げ続ける可能性があるので、そこは注意が必要ですが、大人が子供に対して逃げる道を作り、バックアップの気持ちを示す事が重要です。死んでしまったら意味がないのですから(特にいじめなんかで)。乱暴な言い方ですが、スポーツ選手が合わなければ移籍するのと同じで。(2007/06/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長