• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国の近代化と祖国を捨てた人々の関係

2006年12月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本の評論家の中国分析は、外れることが多いと思います。体制の行き詰まりや経済のバブル崩壊は十数年前から毎年のように繰り返し予言されてきましたが、ちっとも現実にならないのです。その大きな要因の1つは5000万人の華僑の存在と役割が読めないからです。

 中国の社会を観察すると不動産開発から電子部品、玩具、飼料、幼稚園までどんな分野にも華僑の活躍が目につきます。北京のハイテク地区「中関村」では米ヤフー創始者のジェリー・ヤンさんが現地での業績が表彰されるほどです。

 旧ソ連と違って中国経済が早く市場経済に変革できたのは、この華僑たちの存在が大きいと思います。政治と常に適切な距離を置く華僑は決して中国政府と癒着するような勢力ではありませんが、しかし、彼らはどこの外国人よりも中国のことを理解してリスクヘッジの仕方も心得ています。

革命がもたらした

 しかし、「華僑とは何か」について、日本の人々はなかなか具体的なイメージをつかめないようです。なぜなのか分かりませんが、華僑の活動が少ない国の1つが日本です。彼らが身近にいれば、日本の方ももう少し華僑の実態を理解しやすいかもしれません。

 少なくとも「外国にいる中国人」というイメージは間違っています。華僑たちはもう中国に戻らない、他の国に根を下ろした人たちです。正確にいえば、彼らは「祖国」を捨てているのです。

 華僑の先祖の多くは、過去に祖国と戦ったことがあるのです。中国は朝廷交代の歴史です。同じ国の中にいる異なる民族と異なる思想を持つ人々が、それまでの統治のあり方を否定=革命を繰り返してきました。

 革命が成功しようが失敗しようが、戦いに敗れる人がいます。敗者は残党狩りから逃れるために、海外に脱出しました。日本人の感覚だと「祖国を捨てた」ということになるのでしょう。中国大陸には50の民族が暮らし、多くの思想が並存しているので、それぞれの人々が望む祖国は異なるのです。

コメント29

「宋文洲の傍目八目」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO