• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

(3)お母さんは、「ちゃんと見ている」んです

  • 長田 美穂

バックナンバー

2006年12月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

第2回から読む

 私はブックオフに入ってから、何度も涙を流しています。店員や社員を目の前にしてのこともあれば、1人の時間にひっそりとという時もありました。

ブックオフ社長 橋本真由美氏  (写真:鈴木 愛子、以下同)
ブックオフ社長 橋本真由美氏  (写真:鈴木 愛子、以下同)

 最初に泣いたのは、2号店の売り上げが伸びず、坂本から閉店を言い渡された時でした。1991年元旦、私はパートのまま2号店の店長の役割を言い渡され、店を開きました。社員になったのはその年の8月。でも喜びもつかの間でした。その年末、クリスマスイブの日に坂本がやってきて「橋本さん、もう、シャッターおろそうよ」と言うのです。

 力不足だった。18年も専業主婦だった人間が店長だなんて、何を思い上がっていたんだろう、私…。

 そのとき私が流してしまった涙が、すべての始まりになりました。


「全従業員の物心両面の幸福の追求」は、絵空事ですか

 ブックオフの経営理念は2つ、「事業活動を通じての地域社会への貢献」「全従業員の物心両面の幸福の追求」です。

 前者はまあ、どこの会社が掲げてもおかしくないでしょう。けれども後者については、絵空事じゃないのと思われる方もいるようです。かつて「お客様は神様です」と言われました。今なら「株主様は神様です」とでもいうような、株主至上主義の時代です。

 でもブックオフは違います。会社は従業員の幸福のために存在するのだ、と真剣に考えています。絵空事を現実にするのが経営なのではないでしょうか。

 このことは、2004年の東京証券取引所第2部上場の時、坂本(孝・当時社長、現会長)が東証での最終審査の面接で、はっきり断言しました。

 実のところ上場に向けての作業は、数年がかりの課題でした。まず店頭市場にと準備を進めてみると、当時の主幹事証券会社との意見の衝突があったり、何かと問題が生じて立ち消えになった経緯がありました。何より上場するには、ありとあらゆる数字の開示を求められ、事務作業量が膨大になり、スタッフは疲弊しきっていました。会社が他人資本になることの重さ、難しさをみなが痛感していました。

 その最後の審査です。ああこれを乗り切れば終わる。坂本と専務の栗山(英紀)、そして常務の私は3人、体を固くして東証の役員の方の前に座ったのです。

 東証の役員の方が、「上場の目的は何ですか」と坂本に聞きました。

 --坂本さん、この場くらいは模範解答してくださいね。「私たちの事業を通じて日本の株式市場の振興に寄与したい、とか」…。私は祈るような気持ちでした。

「従業員を大きく育てるためです。株主のため、お客様のためだけではない。まず従業員を大切にして、育てることで会社は育つんです」

 坂本はこう言いました。

「従業員至上主義の会社だからこそ、強い現場を作ることができる。それがひいてはお客様のための、よりよいサービスにつながるんです」

 東証の役員の方は、静かに仰いました。

「坂本さん、パーフェクトです」。パーフェクト、と2回、繰り返しました。

では、どうやれば従業員を「幸せ」にできるか

 あの瞬間、忘れられません。自分たちの考えが通じたんだ。以前の主幹事証券会社の担当者に何度言っても通じなかった、自分たちの考えが、分かる人には分かってもらえるんだ。

 この発言を機に、ブックオフは「お客様は神様」の会社ではなく、ましてや「株主」のための会社などではなく、「従業員」のための会社なのだとの思いを私は改めて強くしました。上場から2年後に社長を託された私の使命は、橋本真由美らしく、いわば「お母さん流」に、従業員の物心の幸せを追求することなのだと考えています。

 さて従業員の物心の幸せといっても、物質的な幸せなら分かります。業績を上げて、新しい店を作って、従業員が豊かになれる舞台を作るのが、経営者の役割です。

 けれども心の幸せ、って?

涙が若いバイトさんに「動機」を渡した

 話は最初に戻ります。

 坂本から2号店の閉店を言い渡されて、はらはらと涙がこぼれました。私は若いスタッフたちに見せまいと店の外で泣きました。すると、

「橋本さん、どうしたの?」

 通りかかったアルバイトの男の子に声をかけられました。

 「閉めることになったのよ」。うろたえた私は、つい、漏らしてしまったのです。

コメント9

「ブックオフ社長橋本真由美の「最強の現場の創り方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員