• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

(8)「気持ちよくお金が払える」人になりたくて

  • 長田 美穂

バックナンバー

2007年1月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

第7回から読む

「オープンです。いらっしゃいませ」

 扉を開けると、店内にお客さんがなだれ込んできました。

 ああ本物のお客様だ。あらためて実感しました。練習していたとはいえ、レジでお金の受け渡しをするという行為さえ、私にとっては初めての体験です。無我夢中とはあのことをいうのでしょう。あっという間に1日が終わりました。

 その日の売り上げは、65万円でした。これは今のブックオフの1日の1店の売り上げとしても、立派な数字です。

 1号店は順調に滑り出しました。

お客様の声で、欠陥に気づく

ブックオフ社長 橋本真由美氏 (写真:鈴木 愛子、以下同)
ブックオフ社長 橋本真由美氏 (写真:鈴木 愛子、以下同)

 ブックオフの仕組みの基本は、1号店のオープンから1、2年かけて、私たちパートやアルバイトが「こうした方が」「ああした方が」と言い合って、それを坂本がとりまとめてできあがりました。

 開店した時は、本の値付け方法だってきちんと決まっていなかったのです。

 1号店を開いて何カ月かした時のことでした。

 ある程度の量の本を持ってきてくださったお客様に、査定をして、1500円ですと申し上げました。するとその方が、店を出た途端、こう仰ったのです。

「やったー、あれだけの本が1500円だったよ」

 坂本はそれを聞いて、「まずいな」と思ったそうです。

 今日は1500円だった、ラッキー。でも同じくらいもってきたこないだは800円だった。こういうことが頻発すると、お客様がそのうちなぜ今回と前回の値段がこんなに違うのか、お聞きになるでしょう。なんと答えるか。

 うちは神田の古書店じゃない。ありとあらゆるジャンルがある書籍の世界の中で、目の前の1冊に値付けする知識をもつ人間は揃えられない。バイトやパートが、いちいち「店長これはいくらですか」とやっている時間はない。パートの主婦である私みたいな人間であっても、簡単に本の値付けをして買い取ることのできる仕組みを作らなければならない。

 そこで、状態の良い本は定価の1割を基準とした値段で買い取り、およそ定価の半額で販売しよう、それから買い取る本の判断基準は、きれいであること、最近発行されたものであること。これは坂本があちこちで言っていることですが、ちょうど消費税3パーセントが導入された1年後でして、「本体価格」という表示がついたりISBNがついたので、新しい本と古い本の見分けが簡単につくようになったのも、私たちにとっては助かりました。

紙ヤスリの番手も試行錯誤

 紙ヤスリで削ってきれいにするという方法だって、書籍の業界では当たり前でも、私たちには手探りだったのです。ヤスリの目が粗すぎるとギザギサになるし、細かすぎると削るのに時間がかかる。文房具屋さんに行って、いろんな番号の紙ヤスリを買ってきました。それを適当に破るんじゃなくて、何センチ×何センチが一番、手にあたりがよくて使いやすく、無駄にならずに切り取れるかと考えました。

 いや紙より金属を磨くたわしがいいのではないか、スキー板を磨くヤスリがいいんじゃないかと、ありとあらゆる方法を試してみました。

 150番の紙ヤスリを、4センチ×7センチ。これが最終的に落ち着いた「結論」でした。このヤスリ論議も、開店後1、2年間続きました。

 久しぶりの職業復帰で、私は緊張しました。でも、疲れるよりすぐに持ち前の好奇心がむくむくと頭をもたげてきました。

 思い出したのは、もう亡くなった祖父がよく話してくれたことです。大きな産業や企業があるわけではない福井の田舎の、明治生まれの人間の話なんですが、働き始めてから、このことかと合点がいったのです。

コメント5件コメント/レビュー

楽しく読みました。私は橋本さんより少し若いのですが、いつでも考えていなければいけないと思うことがあるものだと気づかされました。「今、何が必要なのか、何をすればいいのかに常に目を配りなさい」ということは、誰にでもいつでも必要だと思います。これからの展開が楽しみです。ところで、「明治生まれの人間の話なんですが、【働き初めて】というのは誤字ですよね。(※ご指摘ありがとうございます。申し訳ございません、修正致しました:編集部)(2007/01/26)

「ブックオフ社長橋本真由美の「最強の現場の創り方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

楽しく読みました。私は橋本さんより少し若いのですが、いつでも考えていなければいけないと思うことがあるものだと気づかされました。「今、何が必要なのか、何をすればいいのかに常に目を配りなさい」ということは、誰にでもいつでも必要だと思います。これからの展開が楽しみです。ところで、「明治生まれの人間の話なんですが、【働き初めて】というのは誤字ですよね。(※ご指摘ありがとうございます。申し訳ございません、修正致しました:編集部)(2007/01/26)

橋本さんは素晴らしい方だと思います。どんな仕事でも誠意を尽くし一生懸命考えてやれば、自ずと結果はついてくるものだと改めて知らされます。ところで、どこかのネットの書き込みにあったのですが、ブックオフに買い取ってもらおうと本を持ち込んだところ、あまり状態が良くないので買い取りは出来ない、でも邪魔ならこちらで処分しましょうと引き取られたが、その本が後日棚に並んでいたそうです。本当にそのようなことがあるのでしょうか?ゴミとして捨てるよりはエコロジカルですし、本にとっても幸せでしょうが。(2007/01/24)

前にダイエーの林さんの「失礼ですがそれでは物は売れません。」というようなタイトルの本を読んだのですが、感じ方や考えかたがとても似ているな、、という印象を持ちました。読んでいてとても面白い記事です。経済関連の記事は不必要に難しい単語が使われていたりして、読んでて内容を把握するのに苦労することが多いですが、この記事は書かれた橋本さんの人柄のせいだと思いますが、現場の空気や人間臭さが素直に伝わってきて、読んでいてとても面白いです。橋本さんの社長としてのこれからのご活躍をお祈りいたします。(2007/01/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長