• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ウォール街のあきれた報酬

  • J・W・チャイ

バックナンバー

2006年12月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本でも最近報道されたから驚いた人も多いと思うが、この冬、米証券大手ゴールドマン・サックスが全世界の社員に支給した年間報酬の平均は約62万ドル(約7300万円)だったそうだ。勘違いしてもらっては困るが、これは社長でなく、社員への支給額だ。

 おそらく、日本の社長の平均よりも多いのではないか。ちなみにゴールドマン・サックスのCEO(最高経営責任者)、ロイド・ブランクファイン氏が今年に受け取るボーナスは約5300万ドル(約63億円)で、ウォール街の史上最高額になった。

 ウォール街では程度の差こそあれ、みんな多額のボーナスを手にしている。米ニューヨーク州の調査によると、ニューヨーク市内の証券会社で支払われるボーナスは前年比17%増の計239億ドル(約2兆8200億円)。全社員平均では同15%増で、1人当たり13万7580ドル(約1600万円)になる見通しだ。

英シティの忘年会では1本8000ドルのワインが

 この状況はロンドンの金融街シティも同じ。シティでヘッジファンドや、プライベートエクイティファンドを手がけている連中の忘年会には、1本8000ドル(94万4000円)のワインが出ると聞いた。8000ドルといったら、数えるくらいの年代物のワインしか思いつかない。

 どう考えてもおかしくないか。みんなが潤っているならともかく、ウォール街ばかりに儲けが偏っている。ウォール街に勤める人たちというのは、カネでカネを稼ぐ人たちである。米国ではウォールストリートに対して、製造業などのいわゆる実業を「メーンストリート」と呼ぶ。メーンストリートで働く人たちから、景気のいい話はあまり聞こえてこない。何だか最近は、ウォールストリートとメーンストリートの経済が分断されてしまったように感じる。

 こんな状況が長続きするとは思えない。ダウ平均が最高値を更新していることといい、ウォール街の話題だけを耳にしていると、米国は景気がたいそういいように思えてしまう。しかし、実際はそんなことはない。実質国内総生産(GDP)の伸び率はじわじわ低下しているし、このクリスマス商戦だって、思ったほど活況ではない。

あなたがビル・ゲイツ会長とバーで飲んでいたら…

 米国経済は慎重に見ていないとしっぺ返しを食うかもしれない。特に一部の金持ちが全体を引き上げている「統計のマジック」には要注意である。

コメント24

「J・W・チャイ「コスモポリタンの眼」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監