• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

長生きしてどこが悪いのでしょうか

2007年1月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 読者の皆様、新年、おめでとうございます!

 ところで、なぜ年が変わるだけでめでたいと言うのでしょうか。それは昔、新年から年齢を1つ増やす習慣があったからです。過去1年間を無事に過ごし、寿命を延ばすことができたことへの、祝福が込められているからです。

 長寿社会とは、素晴らしい社会です。誇りに思うべきです。長生きは悠久の昔から、人間が最大にして最後の願い事として追い求めてきたものだからです。

 「中国統一」という前人未踏の偉業を達成した始皇帝が、死ぬまで希求したのは長生きでした。以前の記事「誰でも恐れるもの、誰にも必要なもの」で紹介しましたが、始皇帝は長寿の薬を求めるために、徐福という人を東海の国、日本に派遣しました。そんな薬は見つからないと考える徐福は、処罰を恐れ1000人の若い男女を連れて日本に渡来し、定住して戻らなかったそうです。

 それから2000年、もし始皇帝が現世の日本を見たら、「やはり日本には、長寿の薬があった」と言うに違いありません。日本は世界一の長寿国にだからです。

嫌いな言葉、老齢化社会

 僕が嫌な言葉の1つが、「老齢化社会」です。もっと嫌なのは、長生きしている人が多い社会を不幸と衰退が待ち受けている、かのようにとらえる議論です。

 全体の人口の中で年を取った人の比率が高くなることを暗い未来という人は、病気になっても治療せず、ヘルシーな食生活をやめ、悪い空気が充満するような場所に率先して住むべきでしょう。それで早死にしたら、人口構成比の歪みを少しでも緩和することに役立つはずです。

 もちろん、本気でこんなふうに思っているのではありません。あえて、僕が言いたいことを分かりやすく伝えたいために、たとえただけです。前回の記事「人口が減ってどこが悪いのでしょう」で様々なコメントを頂きました。

   ご指摘の中で多くあったのが、問題は人口減少というよりは高齢者が全体の人口に占める比率が高いことだ、というものです。こうした指摘は、どこかお年寄りを厄介者のように扱っている、と僕には思えてなりません。

 「そんなことは言ってはいない」という反論もあると思いますが、僕には「あなたたちが長生きしているために、いびつなのです」と言うのにに等しいと思います。ですから、比率が高いことをとやかく問題にするのではなく、それを受け入れてうまくやっていく方策を、議論していくべきだと言いたいのです。その方策は、少子化対策ではないと言うのが、前回の記事をご覧になれば、お分かりいただけると思います。

 日本は新しい経済モデルが必要です。長生きできる人が増え、子供の人数が増えなくなる世の中になると、戦後経済で通用してきた生産モデル、消費モデルと福祉モデルは通用しなくなります。しかし、変革はいつの時代でも必要です。

「高齢者」は、誰のことでしょうか

 そもそも「高齢」とは、何歳からでしょうか。60代のあなたが「高齢者」と呼ばれたら納得しますか。それなら30代のあなたは「中年」、20代のあなたは中年の一歩手前だと言えます。

 「三十にして立つ、四十にしては不惑、五十にして天命を知る」

 孔子の言葉だとは分からなくても、このフレーズはほとんどの人がどこかで聞いているでしょう。ただし「五十にして…」の次が、どんなフレーズなのかを覚えている人は少ないのではないしょうか。

 「六十にして耳順ひ、七十にして心の欲する所に従ひて矩(わく)を踰(こ)えず」

 高齢になるほど人の幅は広がっていく。そう孔子の考えるとおりに人が年を取っていけば、高齢化の進展は、豊かな人間性を兼ね備えた人たちが増えた社会が作り上げられていく、と言えます。

 孔子の時代の基準で考えると、現在の日本社会の「高齢者」は80代の方々になるでしょう。中年は50代で、壮年は60代になります。これはなかなか実感に合いませんか。

 比率を問題にするのは好きではありませんが、「高齢者」の基準を65歳から75歳に変えるだけで、日本の人口構造の問題は変貌します。いびつな構造ではなく、ごく普通の正常な構造になるのです。

コメント181件コメント/レビュー

 25年前から少子化といわれてましたが、老人はそのために起こるだろう問題への対処は何もしませんでした。今も何もしていません。それどころか負担を後の世代に押し付けようとばかりしています。それは高齢者率が4割の夕張市の老人が、財政赤字の責任を未成年とくに乳幼児(保育料年10数万!)にも押し付けたあげくに、自分達は選挙権をちらつかせて国と道からバス代補助継続などの財政支援を勝ち取った事から実証できるでしょう。このような無責任な財政的未成年虐待老人が増える高齢化社会は荒んだものとなるでしょう。さらに、長生きは人間が最大にして最後の願い事として追い求めてきたものとおっしゃいますが、もはや長生きは日本人の夢ではありません。日経新聞に毎週土曜日付帯されている、日経プラスワンという冊子に、2006年秋頃、あなたは長生きしたいか、というアンケートを行った結果が掲載されていましたが、長生きをしたい人は50%程度だったと記憶しています。長寿社会が素晴しいというのは、個人的な考えでしかありません。夢のような文章で年寄りの怠惰を正当化して宋さんに何の益があるのか想像しかねますが(作家デビューでもするのですか?)、もっと現実を踏まえて発言されたほうがよいと思います。(2007/02/01)

「宋文洲の傍目八目」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 25年前から少子化といわれてましたが、老人はそのために起こるだろう問題への対処は何もしませんでした。今も何もしていません。それどころか負担を後の世代に押し付けようとばかりしています。それは高齢者率が4割の夕張市の老人が、財政赤字の責任を未成年とくに乳幼児(保育料年10数万!)にも押し付けたあげくに、自分達は選挙権をちらつかせて国と道からバス代補助継続などの財政支援を勝ち取った事から実証できるでしょう。このような無責任な財政的未成年虐待老人が増える高齢化社会は荒んだものとなるでしょう。さらに、長生きは人間が最大にして最後の願い事として追い求めてきたものとおっしゃいますが、もはや長生きは日本人の夢ではありません。日経新聞に毎週土曜日付帯されている、日経プラスワンという冊子に、2006年秋頃、あなたは長生きしたいか、というアンケートを行った結果が掲載されていましたが、長生きをしたい人は50%程度だったと記憶しています。長寿社会が素晴しいというのは、個人的な考えでしかありません。夢のような文章で年寄りの怠惰を正当化して宋さんに何の益があるのか想像しかねますが(作家デビューでもするのですか?)、もっと現実を踏まえて発言されたほうがよいと思います。(2007/02/01)

高齢者が元気に過ごしている分にはなんら問題はない。早く死なせる必要など全くない。このことで反論する人は皆無でしょう。問題なのは、高齢者の中でも意思表示もできず、口から食事をとることもできないような寝たきり老人がうようよいることです。自分が同じような状態になったとき、強制的に栄養を注入されてまで生きたいという人がどれくらいいるでしょうか?このような高齢者が、安い医療費で強制的に生かされ続けている、このことが問題です。場合によっては愛情ではなく金銭的な理由で生かされ続けているような人もいます。国民皆保険制度を一部廃止し、70歳以上の高齢者についてはすべての人に病気を持っていようがいまいが関係なく一律月3万円年間で36万円を医療費として支給し、実際に医療を受けるときにはすべて自費で医療を受けるようにする。これだけで、医療費の多くを占める終末期医療費を激減させ、元気な老人はより元気に老後を過ごせます。さらに年金受給者が減少し、年金問題も解決。余ったお金は少子化対策に回すこともできます。結論。高齢化結構、しかし高齢寝たきり化は大反対。(2007/01/30)

 まさに「傍目八目」。少子高齢化問題の基本的知識が欠落しています。それでありながら、多くの読者を魅了させるレトリックと論理のすり替えは、見事といわざるを得ません。そもそも宋氏が批判する「長生きが悪い」と主張している人はどこにいるのでしょうか?高齢化(「老齢化」という用語は、今の行政もマスメディアも使用しません)の第一の問題は社会保障制度の危機です。かなり以前から政府でも75歳以上を後期高齢者と定義しており、後期高齢者に焦点を当てて捉え直しても、宋氏のおっしゃるような「正常な構造」とは全く正反対であり、「問題は変貌」するどころか一層深刻さが浮かび上がってきます。「出生率と死亡率がイコールする場合に年金制度に合理性」があるなどというのは論外、おそらく出生数と死亡数のことを言いたいのだと思いますが、それでも日本の年金制度の基礎を理解されていないことは明かです。「医療のあり方を見直すべき」という主張はおっしゃる通り。しかしその見直し論の中から「長生きすればすべて良しというものではない」という考えが出てきたことも忘れてはなりません。ただしそれは「長生きが悪い」という主張とは根本的に異なることにも注意する必要があります。(2007/01/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長